Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
インド占星術における星座の役割

インド占星術において、星座やナクシャトラは重要な役割を果たす。だがある種の西洋占星術(主にモダンの心理系であるが)のように星座を用いて、例え牡羊座生まれ(この場合は、太陽が牡羊座に入っている期間に生まれた人という意味である)は積極的野心的で行動力あふれる人であるという星座による性格占いの見方はしない。

インド占星術は西洋占星術から入ってきた人やアメリカのヴェーディック系から最初学んだ人は、星座について性格的属人的象意を多く加味して読む傾向がある。アランレオに発するモダンの西洋占星術はサイン(星座)について豊富なイメージをもつ。又そうした西洋占星術の影響を強く受けているアメリカの占星術的風土の中では、インド占星術師といえどもその著作のサイン(星座)の章を読むと西洋占星術のそれとは象意は少々違うもののその影響からは免れていない。そういうヴェーディック系の著者の本を最初に読むとインド占星術におけるサイン(星座)もそういうものとつい勘違いしてしまう。そういう性格や心理的な使い方読み方もないわけではないが、インド占星術ではそういう読み方は中心的なものではない。それ故に、インドと西洋では星座について解釈や運用を別物と割り切った見方をすることが大切である。

インドオリジナルのインド占星術の古典を読むと、星座について記述は簡潔でもっと分類的要素が多い。星座の名称に続いて、2区分、3要素、4区分、支配星、身体部位、支配神、方角、カースト、生物的性質等が記述されているだけである。私の実感からいうと、星座の働きや性質も水面下の機能として決して無視できないと思うが、積極的活動的俊敏性というのは活動宮の働きの特徴であって、牡羊座蟹座天秤座山羊座の人の性質ではない。

平野美宇牡羊座惑星集中

活動丘(この場合は牡羊座)への惑星集中

上図のチャートの場合でも、仕事や目的達成に向けては(10室)、在住あるいは支配惑星の働きが力強く素早くはたらく(活動星座の集中)と読む。従ってスポーツ、事業家、科学者として成功する可能性が高いということであって、この人が活動的攻撃的野心的な性格の人とは必ずしも言えない。惑星が入っていないハウスの機能については、その活動力は消極的ないしは無関心な場合もありうる。

この記事のリンク | インド゙(サイン) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
惑星の機能的吉凶とダシャー

インド占星術の学習の始めの頃、次のダシャーが木星期というと大抵の人は喜ぶ。逆に土星期というと不安心配げな表情をする人が多い。木星は代表的な生来的吉星であり土星は代表的な生来的凶星である。木星期は比較的安穏として暮らせ土星期はきつい時期ということはいえるが、だからといって木星期がよく土星期が悪いということはない。よいか悪いかを決めるのは機能的吉凶である。ある人の人生のある時期がよいか悪いかを決めるのはその時のダシャーにくる惑星が機能的に吉星なるか凶星になるかで決まるといっても加豪ではない。しかし惑星の機能的吉凶の最終的な判断はとても難しく、それがかなりの確率で的確にできるなら占星術師として一人前と言ってもいいだろう。惑星自体の強弱吉凶、支配星の状況、そこにコンジャンクトやアスペクトしてくる惑星の性質や勢い、強さ、ハウスの吉凶1、分割図等々すべてを考慮しなければならない。

小林よしのり

 木星も土星も強いチャート

上図のように木星が11室にあり5室にアスペクトバック、土星は高揚でウパチャヤの3室で木星、火星からアスペクトがある。こういう配置の人は木星期でも土星期でも強い運勢である。この人は木星期の始めに世に出始め、土星期になっても多少他人と喧嘩する傾向がありそういう意味では厳しいのだがやはり運気は衰えず盛んである。

この記事のリンク | インド゙(惑星) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
大坂なおみ〜全米オープンテニス優勝〜

20歳の大坂なおみ選手が全米オープンで日本人選手として初優勝した。彼女は日米のハーフであり、大阪生まれだが3歳から渡米しアメリカで育った。現在は2重国籍状態だが、スポーツ選手としては日本を選んでいる。大阪出身で大坂という名前は偶然だそうで、彼女の母方の祖母は根室出身で、彼女自身は現在は札幌市民だそうである。

大坂なおみ時刻修正

大坂なおみのホロスコープ(時刻修正は午前4時30分とした)

彼女の生時は不明であるが、分かっている範囲で時刻修正をかけてみた。まず、日本という故郷を離れて外国で育ったという点に着目した。乙女座ラグナとするとラーフが12室にきて外国との縁が深い人生となる。そのラーフと土星が射手座4室にアスペクトをかけているので自分の故郷を失う4室となる。それでいて日本人としてエントリーするような愛国心の強さがあり、優れたアスリートは必ずと言っていいほど3室がパワフルであるが、乙女座ラグナとすると火星金星の在住する蠍座が3室になる。3室に火星、6室にケートゥの凶星がくるのも彼女の人生を説明している。父親を表す太陽は1室にあり、9室には金星がアスペクトバックするので彼女は父親のよき影響を受けているいってよい。D12では1室にアスペクト集中しRYができ、9室でじゃスーリアグルヨガができるので彼女は家族には恵まれ父親もよい人だと思う。D1では木星は減衰しているが(だから決勝でセリーヌの暴言にあったり、日本ファンから国籍を疑われたりするトラブルが生じるのだろうが)、土星と星座交換していて木星の傷つきは緩和されている。他の分割図をみても木星は非常によい位置にあり、彼女の人生の深い部分では木星の庇護が働く人とみてよい。だからこそトラブルをうまく切り抜ける徳と周囲からの支持を得るのだと思う。

乙女座ラグナとすると、優勝決定した9月9日現在のヴィムショッタリダシャーは金星/火星/火星期で運気は非常に強い時になる。ヨーギニーでも木星(NBRY)/火星期で良い時期になる。D9では火星と木星はグルマンガラヨガを作り、彼女が自力で勝ち得た勝利ということができる。チャラダシャーも見てみると山羊座/蟹座期で蟹座に対してD1で蠍座のPK(火星)、D9でAmK(月)がアスペクトしているからかな?と思える。

この記事のリンク | スポーツ選手 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
ガーヤトリマントラを聞く

ガーヤトリーマントラはヒンズー教における最高峰のマントラと言われています。リグヴェーダの中で太陽神サヴィトリへの賛歌として現れます。ガーヤトリーマントラを毎日繰り返し唱えると、過去に犯した罪を癒し、自身に内在する神性を目覚めさせると言います。カルマを浄化するという意味では確かにremedy(運命改善)につながるでしょう。

youtubeを開くと、無数のガーヤトリーマントラがあります。その中で一番私が気に入ったのが上に張り付けたガーヤトリマントラです。この中で唱えている文言がどういう意味かここでは問いません。オームがどういう意味か、ブールブワッススヴァハがどういう意味か、それを知りたければ解説書に出てきます。私が「気に入った」というのは宗教的にというよりも音楽的にです。聞いていて実に心地よい響きがします。特に後ろで鳴らしている横笛の渋い響きがとても良い。奏者はどうも日本人らしい。なんとなく哀調を帯びた尺八の響きを思い起こします。理屈は抜きにして何回も聞いてみましょう。そして見よう見まねで唱えてみましょう。

この記事のリンク | インド(スピリチュアル) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
池江璃花子〜アジア大会競泳6冠に輝く〜

8月末から9月始めにかけて、日本は水害や北海道地震に見舞われ良いことはない。明るいニュースとしたらアジア大会での日本選手の活躍ぐらいだ。この動きはマンデーン図には出ているのだが、ここでは明るいニュースとしてアジア大会で活躍した選手に焦点を絞りたい。今回のアジア大会で一番活躍した日本選手といえば、競泳の池江璃花子だろう。

池江画像

 6冠に輝く池江璃花子選手

池江璃花子お昼の12時

     池江璃花子のホロスコープ

彼女の生時は不明であるので、分かっている情報の中からあえて時刻修正をしてみた。彼女は母親がわざわざ助産婦を自宅に読んでの水中出産と書かれている。自宅まで助産婦を呼ぶということは、普通は夜中ということはあり得ないので午前9時から午後9時位までと推測する。彼女の母親は幼児教育を運営する人で彼女に幼児からいろいろ専門教育を施した人と書かれている。だとすると4室よりは5室の月の方が相応しいと思う。それから彼女に水泳ぎを幼児から施したのは兄姉だという。彼女は今日あるのはこの兄姉の存在が大きくそういういう意味では力強い11室が想定できる。そういう意味では暖かい家庭に恵まれているのだが、獅子座ラグナと考えると10室にある木星は2室と4室にアスペクトし、人間関係の7室には土星がアスペクトバックし、上記のことをうまく説明できる。そうすると10室に木星、土星が入り、オリンピックのような大会での目標達成行動をとるのにふさわしくなる。D9を見ると、土星が3室、火星が6室にあり高い運動の能力の説明もできる。

それではD9の水星減衰、金星減衰はどう説明するかというと、いくら幸運に恵まれているからと言ってオリンピックへの出場を目指す以上相当ハードなトレーニングを積まなければならず、本人にとって少なからずつらいものがある筈だ。4室に木星がありこれが減衰惑星と絡んでいることは、そういう辛さキツさをかなり緩和しているとみるべきだろう。

仮にこの時刻修正が正しいとすると、2018年は金星/木星期であり木星は金星から見て11室にある。D9でも木星は強い。オリンピックのある2020年は金星/土星期で土星はやはり11室にあるがD9他での土星配置をみるとむしろ土星期の方がよい。この通リだとすると東京オリンピックでのメダルは期待できるレクティファイは正直難しいのでこれが正解という気はないが、少なくとも説明できる一つの考えではあると思う。

この記事のリンク | スポーツ選手 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/199PAGES | >>