Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
長谷川町子〜サザエさん誕生〜

「サザエさん」は今や原作者の長谷川町子がいなくなっても、尚且つ国民的人気を保ち続ける漫画である。サザエさんは何年たっても年を取らないところが面白く、ワカメちゃんは何年たっても小学校低学年のままなのがよい。磯野家の家族はみな「海」に因んだ名前ををもっている。波平、サザエ、カツオ、ワカメ、ますお、たらと続くのもまた面白い。そんなサザエさんの原作者長谷川町子のホロスコープをみてみよう。

長谷川町子

 長谷川町子のホロスコープ

長谷川町子の生まれた時間は不明なので12お昼の12時で設定して、その範囲内でみていくことにする。何と言っても目立つ特徴は月の高揚である。12時で設定しても月は牡羊座の5度にくるので、夜中の未明の生まれ出ない限り、ほぼ高揚、それも最高位に近い所に月は位置する。これだけ国民に愛され大衆的人気を保ち続ける作品を書ける以上、作者は大衆にアピールする才能もった人と思って間違いない。強い惑星は月だけではない。木星高揚、木星、土星、火星がそれぞれアスペクトバック、太陽と木星のコンビネーションのスーリアグルヨガ等ができている。月からみるとドゥシュタナには惑星がなく、常に表街道の人生を歩める実に強い運気をもっている。

長谷川町子は漫画家の師として当時最高峰の田川水泡氏に指示しているが、ホームシックになって11ケ月でやめている。木星が高揚し先生運がありながら逆行のためにそれを生かしきれなかったのだろう。彼女の漫画家の成功の陰には実は姉の協力が大きい。姉は彼女の漫画家デビューに貢献している。月からみて11室に高揚木星がアスペクトバック、太陽からみた11室にはこれまた木星のアスペクトしている。

月は高揚し満月に向かっている強力であるが、同時にケマドルマである。火星、土星からもアスペクトを受けている。土星は月から見てケンドラにあるのでケマドルマの孤独性から解放され、逆に職務に徹しきることができる。

この記事のリンク | 映画アニメ漫画家 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
東日本大地震より8年目が経った

日本周辺の観測史上最大の地震といわれる東日本大地震が発生してちょうど8年になる。東日本大地震は2011年3月11日14時56分に宮城県牡鹿半島沖で発生している。規模はマグニチュード9.0、震度7である。11日は日本各地で被災による死亡者の追悼式が行われた。しかし、津波被害、福島原発事故の傷跡は未だに癒えていない。地震発生時のイベントチャートは下図の右側である。左側は日本建国図である。

東日本大地震発生時.PNG

福島原発の被害で本当に気の毒に思うのは、心無い風評被害である。福島は住むに堪えない土地、福島の子供は放射能障害がある、福島産の農産物は危険である等々、いずれも根拠がない。被害あった人をいたづらに傷つけるだけである。科学的根拠もなく福島県産の農産物の輸入禁止をする情けない国すらある。人々の不安がそういう風評を生むのか、社会的混乱や日本を貶めるために意図的にそういうフェイクニュースをマスゴミが流すのか知らないが、これについては福島県民の名誉と日本の国益のために断固そうではないと主張する必要がある

東日本大地震発生時ダシャー.PNG

 ヴィムショッタリダシャー

その上で地震発生時のチャートをみてみると、やはり4室及び4室の支配星、及びそれに関連する惑星、そしてダシャー等一連の事がみな絡んでいることが確認できる。日本建国図では4室水星減衰で4室支配の木星は逆行火星、ケートゥの攻撃を得ている。地震発生時のイベントチャートではその水星、木星は土星からアスペクトされ月は火星からアスペクトされている。その火星は8室ある。発生時のダシャーは水星/金星/土星で、4室在住の減衰水星、高揚金星、4室アスペクトの土星がみな絡んでいる。大地震が起こる要件を満足している配置である。

しかし、地震の発生時のチャートをみると条件的には納得できるのだが、いつも後付けである。話によると、地球上で同じような条件のできるチャートは少なく見ても10以上はあるらしい。それらを一つ一つ調べていくのは時間的に困難である。地震の予測が当たれば「怖い」といわれ、外れれば「人騒がせな」といわれ、と言って何も言わないと「当たらない」といわれるだけである。発生時期を絞る技法には「蝕」をみる、地域を絞るには「ハウス」の位置、あるいはインド占星術だと亀の子のような「コタチャクラ」等をみるという見方もあるにはある。しかし、それらの具体的な使い方は、情報不足、占星術自体がまだ法則が未確立、そして私の勉強不足等々で、私はよく知らない。具体的に、時期、場所、起こる確率の高さ等の精度を高めたいものである。

 

この記事のリンク | インド(マンデーン) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
インド占星術に必要な計算手続き

前にも書いたが、占星術師には木星、水星に傷がないことが求められる。木星は道徳性水星は計算等の分析力であり、これらが占星術師に求められる資質と思われる。現代はコンピュータの発達のお陰で、計算そのものはコンピュータに任せておけばよい時代になった。だがホロスコープ作成の前提となるロジック、計算手続きだけは理解しておいたほうがよい。そうすれば占星術の構造の理解が進むし、ホロスコープの分析判断にも切れが出てくるし、コンピュータソフトのバグ等にもすぐ気がつく。どのような計算手続きが必要かというと主なものは以下の通りと思われる。こうした計算は煩雑ではあっても難しくはない

太陽系の構造の理解

占星術を勉強する者は、すべての基礎として太陽系の構造やしくみを理解しなければならない。太陽系全体の仕組み、太陽や月を始めとする各惑星の動き、月の周期、蝕の計算、逆行、コンバスト等がここに入る。

天体のしくみの理解

サイン、黄道、春分点、天頂、天底、ハウスのしくみ(アセンダントを基点として)、時差等の理解をする。これらは時間と空間で変化するアセンダントやハウスのしくみを理解する上で不可欠である。1,2に関しては天文学、特に太陽系のしくみを理解しておくことが必要で、天文学の入門書位は読んでおいたほうがよい。

インド独自の天文学の理解

インドには独自の時間計算考え方がありこれを理解する。太陽と月の距離の変化にもとづくパンチャンガ、サイデリアル・トロピカルとアヤナムシャの計算、ナクシャトラ等がここに入る。インド独自の数の単位を理解すると占星術の分析にも役立つ

ダシャーの期間計算

惑星の位置、サイン、アセンダントの位置が決まれば、ラーシチャートのみのホロスコープそのものは作成できる。更に精度を増すにはダシャーの期間計算が必要になる。これにはナクシャトラベースとサインベースがある。

分割図 

深みのある鑑定をするには分割図の使用が不可欠である。その分割図がラーシチャートをもとにしてどう作成されるのか理解しておいた方がよい。16分割図の算出法は一度はやった方がいい。

複数ダシャーの期間計算

ダーシャーといっても複数のダシャーが存在しかつ使用する。この内よく使用されるヴィムショッタリダシャー、ヨーギニーダシャー、ラーシベースのチャラダシャーを導き出す方法は知っていたほうが良い

アシュタカバルガ 

トラジットの運気を見るとき、トランンジット惑星のアスペクトの状態を見ると同時に、アシュタカヴァルガの点数計算もしておくべきだろう。

寿命計算

特に必要とは思わないが、自分の寿命が知りたいという人は多いので、希望者に応える意味では計算方法位は知っておくとよい。但し本当に当たるかどうかは分からない。

 

前世だのカルマだのマントラ等々に明るくなることもいいが、それよりもこうした計算方法に明るくなる方が、占星術の鑑定力をつけるには有効であると私個人は信じる。占星術とは惑星の運行状態が人間の性格能力や運気にどう影響を与えるのか見る学問であって、神秘な神がかりの占いではないからである。

この記事のリンク | インド占星術(理論・計算) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
平成天皇の手相〜明瞭な太陽線と水星線〜

平成天皇はまもなく退位される。高齢にもめげず自らの役割使命を謙虚に果たした明仁陛下にまずは敬意を表したい。退位後の穏やかで充実した人生を祈る次第である。その平成天皇の手相が載っている写真をたまたま見た。以下に掲載する。

平成天皇の手相

   平成天皇の手相

陛下の手相を見ると、太陽線と水星線がはっきり切れ目なく出ているし、希望線もかなりはっきり見える。しかし運命線はでていない。なるほどそういう人生を歩まれた方なのだなと思う。手相がある程度わかる人であれば、ここまで書けば、大体の所は推測がつくと思う。運命線は本人が社会に出ていく時に受ける抵抗力を示す。ある意味でこの線の強い人は社会の荒波と闘わなければならない人である。太陽線はこの運命に付随する幸運の力を示す。水星線は財運である。希望線はその人の野心の達成力を示す。平成天皇は昭和憲法が施行されてから、つまり象徴天皇としてのあり方に徹する運命をもった方のようだ。日本国の象徴として政治権力や国事行為はできないが、議会の決定事項の形式的な承認はする。国家の慶事行事災害等には関わりをみせる。華やかな行事、つまり太陽線的な行為はしても、政治権力つまり運命線的な立場から遠い所に身を置いてきたと思う。人相的にみても、大きな準頭、明瞭な法令線、豊かな地閣、穏やかな円形眉で権威と財産に恵まれる温厚な人柄の人物である。

一方、開かれた皇室にするという希望はある程度達成したのではないかと思う。平民出身の皇妃、生前退位等々今までの皇室になかったことを実現された方でもある。生命線も長くはっきりしているので、退位後も健康で幸福な人生をしばらくは歩まれることと思う。

この記事のリンク | 手相術(太陽線) | comments(1) | trackbacks(0) | top↑ |
西村博之〜2チャンネル創設者〜

西村博之氏は、通称「2チャンネル」の設立者である。2チャンネルとはスレッドフロー型の匿名による投稿を行う電子掲示板である。2009年頃は利用人口が1千万人を越える大規模掲示板であったが、その後掲示板内の記事の誹謗中傷、違法薬物宣伝、世代交代により、利用者の数は減り一時期ほどの社会的影響力はなくなった。しかし、創設者の西村氏はとかく謎の多い人物である。

西村博之

       西村博之のホロスコープ

西村氏のラーシチャートをみると、彼にまつわる話の裏付けがとれる。一番目につくのは、8室に逆行木星のあることだ。8室は突然のトラブル、精神的苦悩、慢性病等の象意があるが、吉星の木星はこれらの象意を抑え、数々の訴訟、借金にもかかわらずさしたら苦悩もないように見える。しかし、同時に木星は8室にあって木星の持つ倫理性、道徳性は破壊され、逆行のために更に傷つき、木星は機能的凶星としてはたらく。8室在住の木星は3室在住の金星と星座交換し、情報通信、コミュニケーションの3室と陰謀、不道徳、の8室がむずびついて、2チャンネルのような誹謗中傷、捏造、犯罪示唆の情報通信手段を創設するカルマを背負う。しかし、彼の2室は太陽11室支配、水星9、12支配、火星2、7支配でダーナヨガがいくつかできているので、裁判での敗訴を一切無視して、かなりの蓄財ができる財運がある。

D9を見ると、3-9軸が実に特徴的で、3室火星減衰で月と土星が絡みNBRYができ、9室木星減衰で同じく月と土星が絡んでNBRYとなる。誹謗中傷にめげない木星の妙な強さ、自己主張しない火星の奇妙な強さはこんなところに示されている。

この記事のリンク | インド(ハウス) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/207PAGES | >>