Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
アインシュタインの手相とホロスコープ

アインシュタインの手相の画像をscoopnistというwebから拾った。左手のみのせるが、いくつかのわかりやすい特徴が拾える。それとホロスコープを併用すると、両者ともの相互の共通点を見つけ出すことができる

アインシュタインの手相2

  アインシュタインの手相

まず彼の頭脳線であるが、生命線と頭脳線の起点は離れている。この離れている幅が程度の場合は衝動的で短気ではあるが大胆かつ行動力がある。この程度の離れ方は適当でよい。その頭脳線は直線ではなく手首に向けて緩やかに下垂している。これは普通の手相の本には想像力豊かでロマンチストと書かれている。適性は理系ではなく文系だ。一般的には確かにそうなのだが、しかし、私は頭脳線が下垂していても、理系の適性、数学の才能のある人を数多く見ている。外観の手型が方形、結節型であったり水星丘、火星丘が発達していると分析力や数理的才能があるようだ。アインシュタインの場合は結節型の手型で第一火星丘が発達しているので、数理的才能が出るのだと思う。しかし、豊かな想像力、直観力といった面はには下垂した頭脳線の特徴は残る。それと興味ある事には夢中になる特性もあるようだ。運命線はもちろん明瞭に出ている。

アインシュタインの伝記によると、彼は一般応対性理論は夢の中で閃いたと伝えられている(もちろんその直感が確かなものとなるまでに血の滲むような勉学をしているが)、直観力の優れた特徴は残っている。ヴァイオリンを奏した点でも芸術愛好者である。

それと彼の手相をよく見ると、月丘から第2火星丘にかけて弓状の線が刻まれていて、これは「直感線」と呼ばれる。これは異常なばかりに直観力が鋭く予知霊感能力のある人によく出てくる線である。本物の霊感占い師にも出ている筈である。

アインシュタイン、ホロスコープ

アインシュタインのホロスコープ

因みに彼のホロスコープをみると、研究をしめす8室に高揚の火星があり、ラーフとコンジャンクトしている。研究上の成功とも取れるしその研究の進め方はユニークなものであったことも分かる。面白いのは水のサインの魚座と蠍座に惑星集中していることである。もともとの占星術には星座・サインの記述は少ないと言え、実際に見ているとやはり魚座の強い人は情緒性、直観力に優れていることが確認できる。過剰にならなければ占星術で星座・サインはそれなりに働くと思う。

それから手相と占星術といったように異なる占いを混同してはまずいが、うまく併用とその人物の特徴や人生の変化期等も確認しやすくなることも事実である。これは一つの占いしかやらない人には分からない事である。

 

この記事のリンク | 手相と占星術 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
インド占星術と私の宗教観〜奴隷の思想を排す〜

今日は少し大きなテーマについて書きたい。占術、占星術の勉強をしているとどうしてもこの問題が絡んでくる。私は占術は主にインド占星術を勉強している。そしてインド占星術は根底にヴェーダ思想がある。しかし同時にそこからヴァルナの思想、いわゆるカースト制度の原型が生まれている。カースト制度にはヒンドゥーの立場からはそれなりの主張があるだろうが、私には人間差別とうつる。インド人でも古来よりこの問題に悩み苦しんだ人は多い。だからこそインドの歴史過程の中で、仏教、ジャイナ教、シク教等々ヒンドーゥの輪廻思想を基礎に置きながらもカーストを否定する宗教が生まれたと思う。しかし、貧しく教育もなかったインドの民衆は、例えば仏教の深遠な哲学を理解することなく、結局ヒンドゥー教徒にとどまった。カーストのくびきから脱する為に多くのインド人は外来の宗教であるイスラムに改宗し、今日のインドパキスタンの対立に見られるようにインド社会の亀裂を生んだ。現代にいたるもインドにはヴァルナやジャーティを肯定する差別思想が残り、そこからマルクス曰く「アジア的停滞社会」となった。私はインド内部からヨーロッパのキリスト教のように宗教改革が起こり、ヴェーダの深い哲学を残しながらもカーストを否定し、プロテスタンティズムのような勤勉を重んじる資本主義の精神が生まれていたら、インドはイギリスの植民地などにならなかったと思う。しかし、歴史にif(仮定)は存在しないのでそんなことを言ってもしかたないだろう。

インド占星術の正統を受け継ぐ職業世襲集団はバラモン、いわゆるジョーティシャの家系である。私は彼等の清貧な生き方にある意味感心する。その占星術の技法の高さにも敬意を表する。しかしその思想となると話は別である。等のもつカルマという名の宿命観、神との関わり方の違い称する人間差別観、妙な特権意識、そして商業蔑視、金銭罪悪感に対して大きな抵抗を覚える。それは日本という文化的土壌に生まれ育ち、高度に発達した資本主義社会の中で生活していれば当然のことである。何もインド占星術を学んでいるからと言って、彼等の価値観、経済思想(例。金儲けは悪である)にまで従う必要はない。すべて従うような考え方は奴隷の思想だ。そういう奴隷思想の中からオウム真理教のようなカルトが生まれる精神的土壌がある。まだ日本では消化し切れていないインド占星術の技法があることは分かっている。それらを学びつつも、心は合理主義精神をもつ日本人として独立していようと思う。それが商業主義だ、詐欺師だ、カルマ思想に反するなどというくだらない批判を受けつける気持ちはない。明治日本は欧米の進んだ技術を学びながらも、神道、儒教、仏教、武士道の精神を保とうとした。これを「和魂洋才」と名付ける。日本の生き方は歴史を大局的に見てまちがっていない。ならばあえて私は言う。インド占星術を学びながらも、プロテスタンティズムの資本主義精神を尊重する「和魂印才」でいこうと思う。多分それは日本のインド占星術学習者の中では少数派、反主流になると思うがいっこうにかまわない。なぜなら、一般社会全体で考えれば、私の考えの方がまともだと思うからだ。占いと科学の問題は触れられなかったが、これは又の機会に書きたいと思う。

この記事のリンク | 占星術全般 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
蓮舫民進党代表と太陽の減衰

2重国籍を問題視された民進党の蓮舫氏のホロスコープをみてみよう。2重国籍自体は一般国民であれば問題はないだが政治家となると話は別だ。民族出自を問う必要はない。しかし早い話が当事国となる2つの国の国益が対立した時、日本に忠誠を誓えないようなら日本の政治家としての資格はない。そんなことに選択の自由はない。アメリカの場合、市民権を取る時でさえ、聖書に手を当てて星条旗に忠誠を誓う。これは出自が日本人であろうと日本とアメリカの国益が衝突すれば、アメリカ人として日本と戦うという意思決定をすることを意味する。それが正しいのなら日本の市民権を取る時は君が代を歌い、あくまで象徴としての形式であるが天皇陛下に忠誠を誓わせるのは当然だろう。日本と中国と国益対立した時、先祖が中国人であったとしても日本の為に戦う。況してや政治家においておやである。そうでなければ国家としてなりたたない。そういう国家意識が今の日本人にはあまりに希薄だ。さて蓮舫氏はどういうホロスコープをしているだろう。できるだけ客観的にみていきたい。

蓮舫

 蓮舫のホロスコープ(お昼の12時に設定)

蓮舫D3

    D3ドレッカナチャート

蓮舫D9

 D9ナヴァムシャチャート

蓮舫の生まれた時間は不明なので、お昼の12時に設定した。しかし誕生日の中であれば何時であろうと月は乙女座に来ることと、現在のダシャーは土星期であることは確認できる。D9でもアセンダントと月以外の惑星の星座の位置は変わらない。

D1では太陽は友好星としてはたらく。太陽からみて10室に木星が来る。強い政治志向と物事を完遂させようとする強い意欲をもつ。3室で火星が高揚しているが、3室には愛国心の象意がある。問題はこの愛国心が華僑としてアイデンティティにあるのか自分の生まれた日本にあるかである。火星は道徳性を示す9室にアスペクトしている。吉星のアスペクトがない。D3(ドレッカナチャート)はかなり強い。それだけ運が強いともいえるが(華僑出身の女性が野党第一党の代表になるのだからそれなりに運が強いのは確かだ)、反面、思想的個性が強すぎるともいえる。これだと一般の日本人が納得できる政治思想ではないだろう。華僑独特の価値観を持っている。だから2重国籍問題に無頓着だったのだというより確信犯だろうと私は見る。3室火星、6室ラーフがありウパチャヤ凶星であるから容易な事では自分の意思は曲げないし勝負強い。今回も結局は民進党代表戦に勝った。月から見た3室にも太陽があり政治志向は強い。金星は減衰して逆行土星のアスペクトを受けている。他の分割図でも減衰、敵対がみられるので、やはり芸能界での活躍は無理であった。しかし、11室に月、金星があるので政治の世界でもとにかく大衆的人気だけは高いことは理解できる。

ナヴァムシャでは太陽が減衰している。逆行高揚土星がコンジャンクトし一応ニーチャバンガヨガにはなっている。今回の2重国籍問題や政治資金問題で時々叩かれるのは、バンガしてはいるがこのD9における太陽の弱さが問題なんだな思う。D10、D60でも太陽は減衰している。これでは政治家として大成できるかというと大いに疑問が残る。況してや今は土星期なのでいろいろ問題がでる時期である。

この記事のリンク | 政治家 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
インド占星術におけるサイン

インド占星術におけるサインと西洋占星術におけるサインとは根本的に象意がちがう。どうちがうのだろうか。

アメリカのインド占星術家のJames Brahaは彼の著作「Ancient Hindu Astrology for the Modern Western Astroology」の中でこう書いている。

”サインはまったく無視はされていないが、非常に基本的な簡単な方法で使用される。たとえば、双子座アセンダントの生まれの人は、そのサインの支配星は水星なので知的志向性が強いと言われている。或いはある占星術家は火星支配のサイン(たとえば蠍座)に位置する金星は人に強い性的情熱を与えると記している。しかし蠍座の金星について嫉妬、激烈、利己的と記述している西洋占星術の説明はサインの説明の限界を逸脱している。特定のサインとそこに位置する惑星の混合に基礎をおいて単純な記述があるにすぎない”

確かにインドの古典を読んでも、サインについては男性/女性,奇数/偶数、活動・固着・柔軟、方向、身体部分、四足獣・2足動物・昆虫、カースト等々に分類・記述されているだけである

サインのイメージを過剰に膨らませていると批判されている西洋占星術おいてさえ、古典占星術中では新しい時代に属する「Horary Aastrology plain & Simple」の中で、各サイン毎に支配星、高揚、減衰、損傷、表示、場所、身体部位、色、が記述されているだけである

現代西洋占星術でもマーガレットホーンの著作ではやはり同じような記述になっている。私の知る限りではルルラブアの晩年あたりから段々に心理的要素が入り込んできたように思う。それにつれてインド占星術の中でもアメリカのヴェーディック系の占星術の中に、インド占星術なりのサインの象意を膨らませてきた本が見受けられるようになった。もしそれらの本を最初に読むとあたかも古代インドの頃からサインにこのような意味があったのかのような錯覚に陥る。実は私がそうだった。しかし他の著作を読むにつれどうもサインに関してはちょっとちがうと段々に気づいてきた

確かにインド占星術ではサインは簡単に書かれているが、サイデリアル方式を採用するインド占星術ではサイン=ハウスなのでサインについてクドクド説明する必要はないのだろう。しかし、インド占星術においても三要素、四元素、支配星を組み合わせた過剰にならない範囲内でのイメージの組み合わせ位の象意なら、許されるというかむしろ豊かなイメージを与えてくれると思うのだが、どうだろうか。

この記事のリンク | インド゙(サイン) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
福原愛ちゃんが結婚

卓球の福原愛ちゃんが結婚した。台湾の卓球選手江宏傑と9月始めに婚姻届けを出したそうである。ラオ派ではセレブのチャートは不正確なので使うなという戒めがあるらしい。私はラオ派ではないから面白いチャートは扱うし経済活動も堂々とやる。占星術にはPredictiveな側面を中心に据えるとしてもそれ以外にこれを楽しむという側面があってもいいと思う。もちろんラオ派であろうがなかろうが、誕生時間の正確さと良質なサービスの追求は私なりの価値基準に準拠して心掛けることは言うまでもない。

ところで愛ちゃんの場合、有名人といっても誕生時は種々のデータで確認されているので十分に見ていくことができる。あまりごしゃごしゃ並べ立ててもかえって煩わしいので、特に今回の結婚に絞ってみていく。

福原愛

 福原愛のホロスコープ

福原愛のホロスコープはやはりアスリートらしい特徴をもっている。火星は肉体的訓練を表す3室と成果を求める10室を支配し、10室にアスペクトバックしている。ラーフは争いの6室にある。幼い頃は「泣き虫愛ちゃん」のあだ名を頂戴したが、どうしてどうしてなかなか負けず嫌いで、いざとなれば頑張りぬく精神に満ちている。9室の太陽が減衰し、父親との関係がよくなかったのが残念な点である。

福原愛D9

 ナヴァムシャチャート

福原愛Vim福原愛Yog福原愛Char

D1にD9と3つのダシャーを加えてみていくと、今回の結婚がタイムリーであることが確認できる。ヴィムショッタリーのMDは月であるが月は金星とコンジャクトしている。ASからみて太陽は7室支配でADの木星とコンジャンクトしている。D9でみても月からみた7室に木星があり金星がアスペクトバックしている。ASからみた7室在住の火星はヨーギニーでADにある。木星はチャラダシャーではDKになりPADの牡牛座からのアウペクトを受けている。木星、土星のダブルトランジットは婚姻時には成立しないが、交際を始めた時期を考慮すると獅子座でのダブルトランジットが成り立っていた。

2人とも現役はまだ続けるそうであるが、ヨーギニーの水星期はもうすぐ土星期に変わるので何らかの変化はありそうである。

この記事のリンク | インド(恋愛結婚) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/169PAGES | >>