Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
プラシドドミンゴ〜セクハラ疑惑〜

プラシド・ドミンゴ氏はオペラ界では、世界の「3大テノール」と称される人の一人である。他の2人のホセ・カレーラス、パバロッティは専らイタリアオペラに演奏活動を集中し、それ以外の分野に手を出すようなことはしない。しかしドミンゴはもともとバリトン歌手としてデビューし、いつのまにかテノール歌手となった。普通ラテン系の歌手はドイツオペラはあまり歌わないものだが、彼はワグナーオペラに積極的に参加している。彼は演奏活動だけでなく、オペラの指揮・監督をしばしばしている。又彼のピアノ演奏はプロはだしでその演奏記録もある。まさに彼はオペラ界の重鎮である。その彼に最近セクハラ疑惑が巻き起こっ。30年前の出来事も含めて9人の訴訟が噂されている。セクハラが事実かどうかは裁判を待つしかないが、ドミンゴとはどういう人物か、ホロスコープをみてみたい。

プラシドドミンゴ

          プラシド・ドミンゴ

彼のホロスコープをざっと見てみると、当然のことだがなかなか強いチャートをしている。逆行、コンバスト、ガンダーンタ、分割図の強さ等基本的に惑星の弱さ、傷つきがない。ケンドラに吉星はないが、5室に金星、9室の木星がありトリコーナでカバーしている。3室と10室を支配している芸術を表す金星が表現力の5室に在住し、そこに木星に9室在住の木星がアスペクトバックしている。これこそがオペラ歌手として豊かな素質を示すものだと思う。しかし5室の金星の射手座の強さは同時に強い性欲を表すものである。しかし彼のチャートで見逃せない面がある。彼の9室は牡羊座でここに月と土星がアスペクトしサンニヤシヨガを作っている。3室の月(この場合は凶星になる)、6室の凶星太陽のウパチャヤ凶星であり、厳しい芸術的訓練にストイックに耐え抜く一面である。5室及び金星の強さ、3室、6室の示す訓練、9室の示すストイックな側面。これらが相俟って、ドミンゴの多様な人格才能を作り上げている。

晩年に至るまでこれだけの人気と活躍を維持するにはナヴァムシャの強さが必要になる。彼のナバムシャは非常に強力だ。ここでも3室に火星、7室にラーフがあり、自己訓練に精進する。歌を示す金星、水星は星座交換し本物の強さを感じさせる。やはり大物というのはこういうホロスコープをしているものなんだなと改めて思う。

ところで今問題になっている「セクハラ問題」はどうであろうか。彼のチャートで気になるのは木星の傷つきである。専門性を表すD10ではグルチャンダラヨガがある。この生まれ時刻が正確とすれば、D60にもグルチャンダラヨガがある。大物の反面、やはり癖のある臭みのある人物だなと思うしD9,D60ではあれほど強力な金星が減衰となり傷ついている男女関係では問題を抱えそうな配置である。やはり道徳性には問題があるだろう。こういう配置の場合、ダシャー期にその弱さが表面化してくるものである。現在、月/ラーフ/金星期で、12室の月、混乱のラーフ、減衰の金星と3つの惑星とも問題を抱えているので、セクハラ問題くらいは表面化すると思う。結果がどうなるかは裁判結果をみるしかないが、このD9の強さではこの件で有罪であったとしても一挙に社会的地位まで失うことはないと思う。

この記事のリンク | 芸術家 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
2019年夏の気象

今年は6月まで肌寒い気候が続いたが7月に入って急に高温多湿多雨の気候となった。正確な天気予報は気象庁に任せていた方がよいが占星術でも気象状況は概括的にしかも長期的に見ていくことができる。

2019夏猛暑豪雨

         2019年夏至図  SG使用

今年の夏至図の特徴をみてみよう。1室のカスプは乙女座であるが4室のカスプは射手座で火のサインとなる。7室のカスプは魚座で水のサインである。これだけで高温多湿多雨の気象と分かる。火星は土星や冥王星とオポジションであり厳しい暑さを示す。7室には海王星があってアスペクト集中していることが、更に10室在住の金星にもアスペクト集中している。どちらの惑星も降雨とかかわりがある。7室は方角的には西になり、降雨は西日本中心に起こることになる。

この記事のリンク | 西洋(気象/地震) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
母校、甲子園大会1回戦に勝利する〜6室の解釈〜

昨日はわが母校は甲子園大会で念願の初勝利を飾ることができた。1日でも長く甲子園にいられることを願っている。それはともかくこの件についてのプラシュの見方について振り返ってみる。

久我山高校勝つか

このプラシャナで一番迷ったのは6室の解釈だった。主体からみて6室に太陽、火星の凶星がありその他に水星、金星もある。いわゆる6室惑星集中になる。こういう場合、主体は勝負強くなる筈である。ただこの6室はラーシサンディ、減衰、サルバドレッカナであり惑星配置は非常に傷ついている。こういう場合どう解釈するのだろうかと非常に考えた。こういうことは古典にも教科書にも書いてないことなので自分なりに考えていかなければでならない。

しかし昨日、テレビで実際に試合をみてなるほどと納得できるところがあった。両チームともエラーや凡ミスが多く、失点を重ねる試合運びだった。こういうところに6室の傷つきがでているのかと納得した。しかしここぞという時の集中力ピンチで持ちこたえる力は我が母校の方が上だった。なるほどね、という思いだった。

占星術の解釈の上で基本的知識をしっかり持つことが大事なのは言うまでもない。だがこういう臨床経験を積み重ねることも実占力を鍛える上で重要である。理論・知識=実占力には必ずしもならない。そういう意味では頭でっかちは禁物だと思う。事例研究はとても大切だ。

 

 

この記事のリンク | インド(プラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
母校甲子園に出場〜1回戦に勝つか〜

10年以上ぶりでわが母校が甲子園に出場する。わが母校は進学率も高いし各種全国大会でも優勝する文武両道の学校だ。でも野球は時々甲子園にでるものの今までいつも1回戦で敗退している。全国優勝はともかく今度はぜひ1回戦は勝って欲しいと先輩として願っている。万が一勝ち進めば寄付の依頼がくるだろうが協力するつもりだ。時間があったら応援にも行きたい(その時、関西で鑑定依頼がないかな等と虫のいいことを考えたりしている)。そんなわけで当事者になると「こうあって欲しい」という気持ちが強すぎるため、占筮をたてても主観が入りすぎて当たらないかもしれない。しかし、一応プラシュナをみてみた。

久我山高校勝つか

  1回戦、勝利するか

プラシュナを立てた時、ちょうどラグナが水瓶座にイングレスしたばかりである。したがって度数は0度で、これだけだとあまりよいでかたではない。ラグナロードは土星になるが1室にアスペクトバックしていて1室を強める。しかし、逆行は痛い。土星は射手座で逆行21度にある。対向する7室ロードは太陽で6室に在住している。太陽は蟹座19度にある。6室に在住する惑星配置はいずれもよくない。火星減衰、水星ラーシサンディ、金星と太陽はサルバドレッカナの度数領域にある。アシュタカバルガは射手座が33点、蟹座が27点になる。火星と土星の位置関係は6-8関係でよくない。土星も太陽もいいとは言えないが、それでも比較すると相対的に土星の方に利がある。水瓶座からみて6室は惑星集中していて勝負強さはありウパチャヤ11室に凶星土星、ケートゥがある。ケンドラの10室には木星がある。そんなわけでわが母校勝利と判断したが、結果はまもなく非情にもでるから静観するしかない。

この記事のリンク | インド(プラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
アメリカ、日韓に積極的に介入せず

アセアン外相会議の場を利用して、日韓米3者会談が開かれたがやはりアメリカのポンペオ長官は、「日韓両国が協力し前に進むことを促したい」と述べるのみで、積極的な介入の姿勢や具体案は示さなかった。会談開催時のイベントチャートは下図の通りです。

日韓米3者会談

 日韓米3者会談開催

7月30日あたりから匿名の米高官からの出所不明のフェイクニュースがしきりに流されたので怪しいと思ったがやはりそうだった。普通仲介に入る場合は、大統領かホワイトハウスあたりから直接連絡があるものである。情報出所がロイターだか共同通信だかはっきりせずそれに悪乗りして朝日新聞、ハンギョレ新聞等のみが記事を取り上げていた。アメリカが積極的に介入して具体案を示すような記事が執拗に書かれていた。おそらく韓国系の記者がロイターを買収して攪乱工作は図ったものと思われる。これについて真偽をたしかめるべくプラシュナをしてみたけれど、占筮が成立しないようなチャートだったのでおかしいと思っていたがやはり偽記事であった。

上図のチャートであるが、ラグナを纏める主体のアメリカにみたてたが、逆行土星とケートゥがあっておよそやる気はない。ラグナロードの木星も逆行12室でこれまたやる気はない。交渉の水星は逆行29度ラーシサンディーでおよそ交渉事には弱い。火星は減衰し月は獅子座に入ってこれまた力が弱い。これでは「日本も韓国も僕のお友達なんだから仲良くしてよ」というくらいが関の山であろう。韓国の告口外交は見事に失敗した。

この記事のリンク | インド(イベント) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/213PAGES | >>