Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
イヴァンカトランプ

ドナルドトランプの選挙運動中に、長女のイヴァンカとその娘婿のクシュナーの支援活動が目についた。さっそく彼等の誕生日を調べたのだが、生まれた時間は不明だった。彼等ばかりでなくトランプの周辺の人は正確な誕生時間の不明な人が多い。意図的なのかそれとももともとの出自が移民の成上がりなのでそういうことに無頓着な知らないが、そういう意味でも歴代の大統領とはちょっと異質の大統領である。しかしクシュナー自身はアメリカ生まれだが、ポーランド系ユダヤ人でありその関係でイヴァンカも結婚時にユダヤ教に改宗している。さても異色ずくめで、インド占星術て言えば、ラーフが猛威を振るっている印象である。

 

イヴァンカトランプ

  イヴァンカトランプのホロスコープ(お昼の12時に設定)

イヴァンカトランプ惑星配置

    惑星配置

誕生時間が不詳ということで、生時不明の限界範囲内で、とりあえず西洋占星術で見てみた。全体でみると選挙運動中の印象とは違い意外と地味で堅実な女性と思われる。天体配置はC:F:M=4:2:4、火地風水=3:4:1:2である。大体バランスのとれた配置であるが世間で思うよりはマスコミ嫌いである。というかマスコミへの対応は下手である。殆どの惑星が乙女座から射手座に配置されている。ある意味分かりやすいチャートである。目立つ惑星は火星である火星は乙女座にありアスペクトが集中している。緻密な分析力がある反面いざという時の行動力には欠ける。アスペクトで目立つ点は、火星/太陽のセクスタイル(60度)と火星/月のスクエア(90度)である。これだけで見る限りはなかなか威勢がよいさっぱりした気性の持ち主である。次にアスペクトの多いの金星であるが、金星/水星のアスペクトは基本的に穏やかな性格であり、金星/土星のアスペクトも堅実な生き方を志す人である。もし彼女の生まれた時間が午前11時から午後2時位であるならば、社会的に活躍できるので政治の表舞台に出てくることもあり得る。それ以外の場合は、おそらくまわりから振り回されているだけで、言われてるように政治の表舞台に出てくるようなことはないだろう。これからゆっくり時刻修正をかけていくつもりだ。

この記事のリンク | 西洋(ネイタル) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
エリザベステイラーの宿命的な結婚運

エリザベステイラーはその生涯の特徴として、大女優としての成功以外に、7人の相手と8回結婚していること70回以上入院し20回以上手術している事が挙げられる。これはWikipediaその他で記述されている明らかな事実である。このような特徴は、惑星間のオーブを3度以内に絞り込んでもはっきりでるし、ネイタルチャート以外のチャート、例えばハーフサムでもその特徴ははっきり掴める。彼女の結婚のあり方はインド占星術とはまた違ったで方をしている。


エリザベステイラー

    エリザベステイラーのホロスコープ

エリザベステイラー病気軸   エリザベステイラー緊張軸

   病気軸            緊張軸

MCに対して太陽、火星、海王星がアスペクトし、MCへのアスペクト集中が目立つ。しかもすべてソフトアスペクトである。まちがいなく社会的成功をもたらす運をもっている。西洋占星術では恋愛結婚は金星と7室でみるが、7室には金星と天王星があり狭いオーブでコンジャンクションしている。更に、11室木星とトラインであり、交友関係から生じる恋愛結婚のチャンスを確実にものにする運に恵まれている。人道上の活動を続けたことにも関係する。しかし一方で金星、天王星は10室冥王星とスクエアであり、彼女の生涯に宿命的な苦難を同時に与えている。8回の結婚離婚は明らかに運命に翻弄されている証拠である。

エリザベステイラーは生涯に70回以上の入院と20回以上の手術をしていると書かれている健康面をみてみよう。5室の最後の方に太陽と水星があり、殆ど6室支配の影響にあるとみてよい。その健康を示す太陽とメンタルストレスを表す水星が海王星と狭いオーブでオポジションの関係にある。海王星は芸術上の才能として出ている面もあるが、彼女の場合は悪い側面に強くでている。健康障害は明らかであるが、そのほかに睡眠薬とアルコール依存症、宗教への傾斜も海王星の悪い作用である。ハーフサムの病気軸へのASのコンタクトは先天的な健康への悪影響を表し、太陽、水星の緊張軸へのコンタクトは精神的ストレスが強くそれが健康への悪影響を与えている。

この記事のリンク | 西洋(ネイタル) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
小室哲也〜ホロスコープの全体的判断の重要性〜
小室哲也のホロスコープ7はソフトアスペクトとハードアスペクトの出方、プログレスやトランジット及びマイクロゾディアック等の全体の関連性を見る時、実に勉強になるホロスコープである。



小室哲也
    小室哲也のネイタルチャート(SG使用)

ネイタルチャートで見る限り、小室哲也のホロスコープは必ずしもいいとは言えない。作曲の才能を示す3室の天王星、5室の芸術的才能と恋愛に目ぐまれるドラゴンヘッドと芸術的才能を示す海王星である。吉凶相半ばする7室の土星と水星。パートナーとの共同事業に恵まれ音着いた女性とよき縁があるが、Asとのオポジションは摩擦の多い結婚生活生活を意味する。10室のカスプにぴたりとつくMCがありそこに土星がセクスタイルにありパートナーとともに社会的な成功をもたらす力がある。これらはよい要素である。しかしMCは6室の太陽とスクエアであり、太陽は更に冥王星とスクエア、つまりT字形をくみ、職業的社会的に窮地に追い込まれ大きな挫折を伴う。火星、木星、天王星もT字形で隠された仕事の上の摩擦、トラブルから信用を失うことを意味する。

小室哲也については、人気作曲家であり多くの女性と恋愛しながら結婚運には恵まれない。小室ファミリーとして多くのタレント歌手を育て共存共栄を実現したが、その後次々と仕事を失い、詐欺事件で逮捕までされている。こうした彼の人生の大きな流れを、ネイタルチャートは雄弁に物語る。

しかし現実には彼は今なお社会的名声をもつポップ作曲かであり、だいぶ色褪せたとはいえ社会的には成功者と言ってもいいだろう。にもかかわらずT字形を2つも持ち、10室も必ずしも力強くないし結婚運もよくない。従来のクックブック的解釈では当てはまらない点が多々ある。だがそこでハードアスペクトは悪い意味ではない、西洋現代占星術は当たらない、西洋現代占星術では心理的なものは分かるが予測はできない、西洋古典占星術でなければ精度の高い予測はできない、等々の結論に走るのはいささか軽率に過ぎる。

西洋現代占星術は古典に比べると自由な解釈ができるだけに、ともするると勝手な解釈をして出鱈目が蔓延る要素は確かにある。しかし西洋現代占星術はネイタルチャート以外に信頼性の高い近代になって開発された技法が少なからずある。それらを総合的に駆使すると、西洋現代占星術はよく当たらることが分かってくる。プログレス、トランジット、リターンチャート、マイクロゾディアック、リロケーション等々近代的予測技法を大いに学ぶんでいくことが大切である。
この記事のリンク | 西洋(ネイタル) | comments(2) | trackbacks(0) | top↑ |
独立自営の人〜グランドトラインとオポジション〜
私の知人で独立自営で美術関係の仕事をしている人がいる。なかなかバイタリティがあるが人当りはやわらかく、とても仕事熱心である。現在はあまり恵まれていないが、日頃の仕事に対する熱心な態度やホロスコープから見た時、いずれ成功する人だと思っている。彼のホロスコープを少し一部だけ垣間見てみよう。

竹山貴出生図
    美術商志望Aさんのホロスコープ  

 竹山天体配列       
     天体配列
          
彼のチャートを一目見て目につくのは、見事なグランドトラインが2つできている。しかも彼の場合、オーブが非常に狭い10室金星水瓶座、1室火星双子座、6室冥王星天秤座でオーブ1度でグランドトラインがある。MCに一番近い惑星は金星でしかも10室にある。同じハウスに自己主張の星、ジュノーもいる。美術関係の仕事をしていて新人の発掘と売出しといういかにも水瓶座を思わせる仕事ぶりである。しかもそのことに1室火星を思わせる信念があるし、6室冥王星だけによく働くし妥協がない。ジュノーがホロスコープの上にあるので自己主張は強く売り込みも熱心だが、不思議と押しつけがましさを感じさせない。10室にあることと金星がグランドトラインなのでのでその売り込み方に無理がないのだろう。これがジュノーがホロスコープの下の方にあったり、ハードアスペクトであったりするとそうはいかない。周囲とぶつかるし要求も通らない。

もう一つのグランドトラインは11室水星水瓶座、2室土星双子座、5室天王星天秤座である。商売のしかたは11室水瓶座らしく仲間や友人を集めて形式にとらわれないオークションが中心である。ただし2室は土星なので商売のしかたは堅実で地道である。土星/天王星のソフトアスペクトなので物流の手続きや金銭のやりとりもしっかりしている。火星、土星、金星、水星、海王星にアスペクトが集中しているので、これらの星が彼の行動の原動力となっている。

彼の場合、そこに火星/海王星がオポジションというのがみそである。ソフトアスペクトにこうしたハードアスペクトが加わっているので、妥協性はあってもやわではない。美術にかける厳しい情熱があり、困難にも耐え抜いている。
この記事のリンク | 西洋(ネイタル) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
ボブ・ホープ〜アメリカの代表的なコメディアン〜
ボブ・ホープはイギリス生まれであるが、20世紀を代表するアメリカのコメディアンの一人である。ブロードウェイでの演劇やラジオ、映画、テレビ、軍隊への慰問等幅広く活動した。彼の皮肉な毒舌と機知は大衆から親しまれた

Bob Hope
   ボブ・ホープのホロスコープ

    Bob  hope 天体配置
       天体配列

彼のホロスコープは世の中の成功者によく見られるタイプのホロスコープである。即ち、安定を表す「グランドトライン」と障害、緊張を表す「Tスクエア」がともにある。成功者はソフトアスペクトばかりと思いがちになるが実際にはちがう。成功するためには試練に耐え抜くハードアスペクトがないとつらい時に耐え抜けないのである。

太陽と火星と土星によりグランドトラインが形成されている。やはり火星がよく働く俳優は、ライブツアーやアウトドアの活動を盛んに行った。ボブは熱心なスポーツファンでありプロボクサーの経験もある。火星と土星がトラインのせいであろうか。土星は水瓶座にあるので無償のショウや慰問活動を盛んに行っている。

双子座に太陽、水星、冥王星とあり、これらの惑星にはソフトアスペクト、ハードアスペクトは集中的にある。彼の人気を形成したのはラジオスターとしての活躍である。水星は双子座14度、冥王星は双子座15度にあり強い集中力を表す。弁舌を示す水星パワーがフルに働いている。惑星は右上側に集中しているせいか主役より脇役が多い。映画でももっぱらギャグを連発することによって人気を博している。面白いのは金星が9室蟹座18度にありMCに近くカルミネートしている。彼は俳優として活躍していたが、ミュージカル映画「百万ドル大放送」の中で女性歌手とバラードを歌い、生涯にわたるソロナンバーとしていることである。
この記事のリンク | 西洋(ネイタル) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
佐野研一郎〜東京オリンピックエンブレム採用中止〜
佐野研一郎氏のデザインによる東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムが、各方面から「類似疑惑」の指摘にあって、採用中止に追い込まれた。佐野氏はこの他にも多摩美術大学等で疑惑がもちあがっており、今後の職業人生の多難が予想される。彼のホロスコープを西洋占星術でみてみよう。

佐野研二郎デザイナー.jpg佐野研二郎天体配置.jpg
      佐野研一郎のホロスコープと天体配置(生時は不明)

彼の天体配列は火のサインが多く同時にフィックストサインにも惑星が多い。野心家で行動力があり現実的で経済観念も発達している人である。サインでは獅子座に太陽、火星、水星があり自己顕示欲が強く表現力があり、自己主張も強い。太陽と海王星はトラインなので芸術的センスはある。金星、土星と天王星はトラインであり恋愛上手な性格と臨機応変な実務能力をもっている。火星、木星のトラインもあり勝負強くタレント性に富んでいる。一方金星、冥王星、木星間でTスクエアがあり芸術的野心、ギャンブル的な冒険心が強く周囲と摩擦を起こしやすい。Yahoo!Japanのニュースサイトで佐野氏デザイン、疑惑の数は金メダル級等と書かれていたが、プログレスやトランジットの配置が悪い時は、こうした無防備で冒険的な性格の矛盾点をいろいろ突かれることになる。

プログレスやトランジットの流れから見ると、彼がこれで信用をなくしてそのまま駄目になることはなく、1年後位でまた仕事のチャンスがおとずれるものと思われる。
 
この記事のリンク | 西洋(ネイタル) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
112歳まで生きた長寿の女性
世の中の寿命も相当に伸びてきたが、90歳、100歳を越えるとなるとそう例は多くない。インド占星術では「寿命」の研究は盛んだが、西洋占星術ではどのような特徴が出るものなのだろうか。

112歳の長寿女性

上図は112歳まで生きた女性のホロスコープである。1室と7室に惑星が集中し、それらがオポジションとなっている。1室天王星、10室火星、7室月でTスクエアとなっている。そして1室在住の土星と10室の火星でトラインを形成している。1室に惑星が多いことは強い精神力とともに生命力も強いことを物語る。オポジションは通常はよくない凶座相と判断されるが、逆境や病気に対する強い抵抗力とも解釈できる。但し、運命的は苦労は多い人生である。

月と冥王星はオーブ5度以内のタイトなコンジャンクションとなっている。月の生命力に冥王星のエネルギーが極限まで注がれている見ることができる。火星と土星はトラインであり、強い忍耐力と精神力を与えているし、こうした凶座相をかなり緩和している。

これらの特徴の他にハーフサムや石川分割調波の分析をすると更に具体的なことがわかると思われる。
この記事のリンク | 西洋(ネイタル) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
薬物使用者にみる海王星とグランドトライン
CHAGE and ASKAのASKAは覚せい剤の使用で警察で取り調べ中である。芸能人の薬物使用についての事件は後を絶たない。その背景には必ずヤクザ組織が絡んでいる。ASKAの生まれた時間は不明だし芸能人のその種の事件に個人的な興味はない。しかし薬物使用撲滅のためにはそれを用いる人の傾向、弱点、時期を知ることも大切である。正確に生まれた時間の分かっている更生した薬物使用者のホロスコープをみていきたい。

Drug Abuse 11602
 薬物中毒者のホロスコープ(ケース1)

上図はかつて実際に10年にわたって薬物中毒に苦しんだ人のホロスコープである。ネイタルで太陽と海王星がスクエアとなっている。スクエアとなっているから即悪いと断言はできないが、海王星に関わる事象、アルコール、薬物、現実離れの発想や被害妄想等が彼等の人生の大きな障害となりがちなことは否めない。

上図は薬物を始めた時の3重円であるが、太陽プログレスと土星トランジットの2つが、ネイタルの海王星とちょうどスクエアになっている時である。もともともっている海王星の凶意がスクエアのアスペクトの時期に引き金となって現象化したと言えるだろう。そしてこの人はグランドトラインの持ち主である。最近の西洋占星術の研究ではグランドトラインだから必ずしもよいとは言えないという結論だが、これなどは典型的な事例である。いったんある環境にはまると、グランドトラインの持ち主は容易にその環境から抜け出せない。

土星トランジットが月とオポジションを組む10年後は精神的苦しみのピークに達した時期であるが、一方で先端医療を司る小惑星のキローンが宿命の冥王星とトラインに組んいたので、医療的には幸いの時期であった。この時ようやく薬物中毒から抜け出せたのである。
この記事のリンク | 西洋(ネイタル) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
小保方晴子〜豊かな発想力とずさんさの混在〜

話題になっているSTAP問題で4月17日に記者会見した笹井芳樹発生・再生科学総合研究センター副センター長は、記者団の質問に対して小保方晴子氏の人物像について聞かれた時こう答えている。

「非常に豊かな発想力があり、非常に高い集中力をお持ちであったとかんじています。採用時の人事委員会の巳なの一致するところで、私もそう思います」
「しかし、トレーニングが足りなかったところがある。未熟という言葉をあまり多用したくないが、身につける機会がなかった部分が多々あることが明らかになった。データ管理などで取り間違いをするような部分で、ある種のずさんさがあったと思う。両極端が、一人の中にあるのかなと」

笹井氏のSTAP細胞の論文に対する会見内容は責任逃れの面が多分に感じられる。そこにあるのは責任ある管理者の答弁でなく無責任な傍観者のそれである。組織運営の意思決定が官僚組織にあり現場の研究者にはそれがない時にこの様な事が起こる。管理者の無責任さ、組織の矛盾、腐敗が感じられる。しかしこれをこのブログで深く追求するのはやめよう。笹井氏の答弁に矛盾があるが、小保方氏の人物評価だけは占星術的分析からみてよく当たっていると思う。

小保方晴子.jpg
     小保方晴子のネイタルチャート(お昼の12時で設定)

このホロスコープをみて最初に目につくのは、火星水星ドラゴンヘッドのタイトなコンジャンクションと海王星のオポジション及び土星冥王星のコンジャンクションと火星水星とのトラインである。サインでみると双子座と射手座の惑星集中である。これらの特徴は笹井氏の小保方氏に対する人物評価を裏付けるものとなっている。

火星水星のコンジャンクションは鋭い判断力を示す。土星冥王星がコンジャンクションしているので完成に多くの時間を要する研究分野でこの判断力集中力はいかんなく発揮される。しかし豊かな発想を生み出す源泉でもある海王星とのオポジションはこの想像力がしばしば思い込みやずさんにつながりやすい。情報取集の双子座と大雑把に流れがちな射手座の影響を強く受けている気質なのでこのことが運気不調の時はマイナスとなって出てくるのである。

笹井氏を始めとする理研幹部の無責任さと小保方氏自身の科学者として姿勢を疑うようなずさんさとはあくまで別個に扱う問題である。この2つを混同してはいけない。賢明なる諸氏は、「女の涙」によって健全なる判断力を曇らせてはならない

この記事のリンク | 西洋(ネイタル) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
江藤淳〜大きな影響力をもつ文芸評論家〜

江藤淳は小林秀雄とともに我が国屈指の文芸評論家ある。生前は文壇において大きな影響力をもち、ライフワークであった「漱石とその時代」は後世に残る評伝である。その江藤淳のホロスコープをみると巷の通俗的な占星術本とはちがう法則のもとに動いていることが検証される。                                                                                                               

江藤淳3重円
      江藤淳のホロスコープ(お昼の12時で設定)
江藤淳サイン
  サインの構成

彼のサインの構成は10惑星の内6惑星がミュータブルサインに集中している。フィックストサインと地のサインの惑星が少ない。情緒的で鋭い直感をもつが、一方で不安定な心情を表すものである。

水星、海王星、ドラゴンヘッドでオーブ度以内のTスクエアを形成していることが一番のホロスコープの特徴として挙げられる。分析の水星と感性、直感の海王星のアスペクトはソフトアスペクトならば芸術的才能、特に文芸評論のような芸術分野の客観的分析には優れた力を発揮するものである。しかしハードアスペクトの場合は現実逃避を表す。水星とドラゴンヘッドのスクエアも引きこもりや仲間内とのコミュニケーション上のトラブルを表す。海王星には火星がコンジャンクションしているので思想上の争いを起こしやすい。実際に江藤淳には引きこもりの傾向があり、文壇や言論界でしばしば論争をしたり孤立を招いたりしている。このTスクエアは普通の職業のひとならば決してプラスには働かない。火星と海王星の水星とのスクエアも神経症や呼吸系の弱さを表すものである。彼は若い時は結核でかっ血しており、妻の死去後、後追い自殺と思われる死に方をしている。こう見ていくと彼のホロスコープはよいとは言えない。

しかし西洋占星術上でよく示されることがある。それはある物事をいつ始めたか、その時期の吉凶が実はその後の運勢を大きく左右する。江藤淳が文壇にデビューしたのは1955年頃である。この時、三田評論に「夏目漱石論」を書いて文壇にデビューしている。この時、金星プログレスは太陽とコンジャンクション、木星トランジットは太陽及びMCとトライン、海王星トランジットも太陽とセクスタイルの位置にある。まさに文芸をもって世に立つにふさわしい時期なのである。こういう例は政治家、芸能人にもよく見られる。ネイタルだけでは成功するとは思えないのにプログレス、トランジットをみていくとよくわかる側面である。

この記事のリンク | 西洋(ネイタル) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/2PAGES | >>