Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
香港建国チャートからみる香港情勢

香港の逃亡犯条例改正案が9月4日に撤回された。撤回されたからこれでひとまず収まりそうなものだが香港情勢は一向に沈静化しない。香港住民は他にも普通選挙法の実施を求めており、自由、民主、人権の順守を求めている、中国政府が今後どうでるか国際的にも注目を集めている。

香港建国図

    香港建国図

香港の建国記念日は香港基本法にもとづいてイギリスから中国に香港が返還された日にあたる。しかし、このチャートをみると中国との運命共同体は香港にとって棘の道と思われる。ラグナに土星があり国として苦労がしのばれる。ケンドラに吉星がなく今の香港は苦労の多い国である。それでも月から見るとケンドラに吉星が入っているので、非政治的方面ではそれなりの幸運はある。2室に5室支配の月があり、11室の木星も減衰とはいえ凶星からのアスペクトはないので一応の経済的繁栄は謳歌できる。ただしこの木星は減衰で逆行であり、月とGKYは組んでいても極めて不安定な状況に晒されやすいことを物語る。対外関係をしめす7室には火星があり、1室の土星とオポジションとなっているので、対外関係、この場合は中国であるが、中国との衝突は避けられない。太陽、水星、ラーフ、火星、土星とすべて10室にアスペクトしており香港の自治或いは独立を求める気持ちはものすごく強い

現在香港はダシャーでみると火星/水星期で、MD的にも独立を求める気持ちが強い。土星/火星のアスプクトがあるとはいえ、ダーナヨガが成立し(中国にとっては香港は経済的魅力のある地域なのだろう)、火星には木星からのアスペクトがあり、7室のアシュタカバルガ得点も低いので、第2の天安門事件のようなことは無い。しかし、中国とは長く闘争が続くことは間違いない。

この記事のリンク | インド(マンデン) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
山形新潟地震

山形県沖合を震源地とする大きな地震が6月18日にあった。近隣の新潟県村上市で震度6強であった。幸い人命の被害は少なく、津波の心配もない。

山形沖地震.PNG

  山形新潟の地震

上図は地震が起きた時のホロスコープである。地震を表す4室の支配星の火星が6室にあり、水星と乙女座27度でコンジャンクションしている。水星は日本の建国図では4室魚座にあり減衰している。火星のそばに過激性を示すラーフがあり、4室のナチュラルルーラーである月とオポジションである。火星と土星がアスペクトすることにより衝撃性も生じる。太陽は6月15日よりサイデリアル方式で双子座にイングレスし、月と満月に近づきある。月の満月は蝕である天変地異が生じやすくなる

惑星は6-12軸に集中しているので、地震に伴う経済的被害、人的損傷は少な。火星は8番目のアスペクトを地のサインの山羊座にかけているので、この地震は土砂災害等大地の被害が中心となる。

この記事のリンク | インド(マンデン) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
東日本大地震より8年目が経った

日本周辺の観測史上最大の地震といわれる東日本大地震が発生してちょうど8年になる。東日本大地震は2011年3月11日14時56分に宮城県牡鹿半島沖で発生している。規模はマグニチュード9.0、震度7である。11日は日本各地で被災による死亡者の追悼式が行われた。しかし、津波被害、福島原発事故の傷跡は未だに癒えていない。地震発生時のイベントチャートは下図の右側である。左側は日本建国図である。

東日本大地震発生時.PNG

福島原発の被害で本当に気の毒に思うのは、心無い風評被害である。福島は住むに堪えない土地、福島の子供は放射能障害がある、福島産の農産物は危険である等々、いずれも根拠がない。被害あった人をいたづらに傷つけるだけである。科学的根拠もなく福島県産の農産物の輸入禁止をする情けない国すらある。人々の不安がそういう風評を生むのか、社会的混乱や日本を貶めるために意図的にそういうフェイクニュースをマスゴミが流すのか知らないが、これについては福島県民の名誉と日本の国益のために断固そうではないと主張する必要がある

東日本大地震発生時ダシャー.PNG

 ヴィムショッタリダシャー

その上で地震発生時のチャートをみてみると、やはり4室及び4室の支配星、及びそれに関連する惑星、そしてダシャー等一連の事がみな絡んでいることが確認できる。日本建国図では4室水星減衰で4室支配の木星は逆行火星、ケートゥの攻撃を得ている。地震発生時のイベントチャートではその水星、木星は土星からアスペクトされ月は火星からアスペクトされている。その火星は8室ある。発生時のダシャーは水星/金星/土星で、4室在住の減衰水星、高揚金星、4室アスペクトの土星がみな絡んでいる。大地震が起こる要件を満足している配置である。

しかし、地震の発生時のチャートをみると条件的には納得できるのだが、いつも後付けである。話によると、地球上で同じような条件のできるチャートは少なく見ても10以上はあるらしい。それらを一つ一つ調べていくのは時間的に困難である。地震の予測が当たれば「怖い」といわれ、外れれば「人騒がせな」といわれ、と言って何も言わないと「当たらない」といわれるだけである。発生時期を絞る技法には「蝕」をみる、地域を絞るには「ハウス」の位置、あるいはインド占星術だと亀の子のような「コタチャクラ」等をみるという見方もあるにはある。しかし、それらの具体的な使い方は、情報不足、占星術自体がまだ法則が未確立、そして私の勉強不足等々で、私はよく知らない。具体的に、時期、場所、起こる確率の高さ等の精度を高めたいものである。

 

この記事のリンク | インド(マンデン) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
熊本地震

 新年早々、震度6の地震が熊本で発生した。どんなタイプの地震かさっそく見てみた。

20190103熊本地震

      左:日本の建国図      右:熊本地震発生時

右側の地震発生時のトランジットチャートをみてみると、土地や大地を表す4室に火星がトランジットしている。これは地震の起こる条件の一つである。金星はちょうど天秤座から蠍座に入ったばかりで1度の度数でそれが減衰の月とコンジャンクションしている。月は蟹座の支配星で、蟹座は星座のナチュラルオーダーは4である。建国図の4室には減衰の水星と金星がありそこに土星がアスペクトしている。そうした4室の脆さに火星がショックを与えたことになる。太陽/土星コンジャンクションが火のサイン射手座にあり、引き金となった火星は水のサイン魚座にある。火山の噴火が潜在的原因としてあり、そこに水害的要素が加わった性質の地震である。

この記事のリンク | インド(マンデン) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
2019年に用いるいくつかのマンデーンチャート

皆さん、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

さて今年はどういうことが起こるか、景気の事、政治の事、さまざまなイベントの事、地震の有無、新年早々諸事気になるところです。そういう政治経済天候自然災害等をみる占星術分野をマンデーンといいます。今年どんなことが起こるか予測の前に、マンデーンで使用するチャートをいくつか揃えてみた。今日は内容までは占わない。

2019日本マンデーン諸チャート

左上図は日本の建国図(KNラオが最初に提唱したもの)、右上図は2019年魚座新月図、(8室火星が凶星のある射手座に8番目のアスペクトをしているのが気なるところです)左下図は皇太子が即位する5月1日のイベントチャート、右下図は1月21日に起こる月食図です。他に安倍首相のチャート、各月の太陽イングレス図等を用います。これらを駆使して今年の社会動向をおいおいとみていきましょう。

この記事のリンク | インド(マンデン) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
孟晩舟と華為(ファーウェイ)の諜報活動

米中貿易戦争がお互いに関税を掛けて本格化している中、今度は中国通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)孟晩舟CFOが、アメリカの要請で、カナダ当局に逮捕された。制裁下のイランから約1億ドルを不正送金した疑いによるものだが、バンクーバー裁判所は移動禁止、GPSの装着して監視を受ける等の条件で彼女を11日保釈した。一方中国はこれに反発して在中カナダ人3名を身柄拘束した。トランプ大統領は、華為技術を安全保障上の理由から政府の通信システムの利用から排除することを決め、同盟国にも同調するよう要請した。日本は華為の通信機器にスパイウエアが組み込まれていることを機器分解の上で確認したのでこれに賛同した。現在、イギリス、フランス、オーストラリア、ニュージーランド、インド、日本がこれに同調し、華為製品の排除を決めた。中国経済に大きく依存するドイツだけが腰が引けている実態である。事が非常に大きなことになっている。

孟晩舟分割図

       孟晩舟のホロスコープ

この事件に興味をもったので孟晩舟の誕生日をさがしてみたら中国語のサイトで発見できた。それに基づいて時刻修正をかけると、確信を持てるわけではないが、大体上図のようななるのかな思う。彼女は華為技術の設立者、壬正外の長女である。当然、生まれながら家族や財に恵まれて育ったと思う。財運を示すD2は大変にいいし、D1ではケンドラにムーラトリコーナの木星、高揚の金星と幸運の星が入っている。8室にも吉星があり、研究者としてもいいだろうが、遺産引継ぎの意味合いの方が強い。アメリカ留学依頼長く海外に住み仕事をしているので、当然9室、12室に惑星は在住する。D10では9室双子座に定座の水星の上に機械の火星、秘密行動とコンピュータのケートゥがあるので経理と技術情報の秘密活動を専らにしていたと思われる。

彼女の太陽は水瓶座0°のラーシサンディであり、D9の太陽は減衰しそこにGKの土星がアスペクトしている。下手に政治にかかわると社会的地位を失うことは明らかである。

孟晩舟ヴィムショッタリ

 ヴィムショッタリダシャー

孟晩舟チャラ

    チャラダシャー

現在彼女は、木星/太陽期にある。太陽はAsからみて9室、MDの木星からみて水瓶座0°で9室支配であり、政治的な悪事が露見する時期にある。チャラダシャーでは射手座/双子座期であり社会的地位が一気に凋落に向かう時期になる。次の射手座/牡牛座期では牡牛座にGK土星がありやはり社会的地位を失うことは免れない。D9はけっこう強いので失脚とまではいかないが、影響力の低下は不可避である。

この記事のリンク | インド(マンデン) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
文在寅と韓国経済の崩壊

文在寅が韓国大統領になってから間違いなく言えることは、「北朝鮮への擦り寄り」と「韓国経済の悪」と「日韓関係の険悪化」である。トランプ氏及びアメリカとの関係もぎくしゃくしている。文在寅氏はもともと「脱北者」の息子である。苦労して弁護士となった「親北派」の左翼である。彼の側近も新北派でありアメリカ、日本との外交はぎくしゃくしたものになっている。

文在寅韓国大統領

      文在寅のホロスコープ

種々の条件から彼のラグナを獅子座と仮定した。これでみると文在寅は政治家として無能なのかと思ったが、彼のホロスコープを見る限り意外と政治家としての資質をを備えている

1 政治家の資質を表す太陽はD1ではウパチャアヤ凶星だがD9では高揚している。

2 大衆性を表す月は高揚している。

3 政治権力を表す土星も高揚している。

上記3つだけでみると、文在寅は成功する政治家の資質をもっている。問題なのは、それだけに過激な政策を取りがちだし彼の経済運営のセンスのなさである。ビジネスを表す2室には凶星の火星がアスペクトし水星は2、11を支配しているが6室にあり、周りを凶星で囲まれている。9室の木星はある意味で政治的理想主義を表すが、現在までの所こうした理想主義は裏目に出ている。本人は弱者救済と思っているだろうが、経済成長3%の予測の時最低賃金を16%も引き上げれば、雇用は冷え込み失業者は増える。労働時間制限も生産性向上の具体的裏付けがないままに法律で義務付けても、景気全体が冷え込むだけである。D1で対人関係を表す7室に火星があり、D9で土星/火星のオポジションがある人なのでかなり頑固で過激な政策をとる人である。

こういう人が為政者になる時、マンデーンチャートもそのように表示される。或いは国家がそういう時期を迎えたから、それにあった人が為政者になるともいえる。そういう時期に天はそれにふさわしい人を指導者に選ぶものらしい

2018韓国魚座新月図

 2018韓国魚座新月図

マンデーン図の代表的なチャートの一つである魚座新月図で、2018年の韓国の動向をみてみよう。まず目立つのは敵対関係をあらわす7室に火星、土星の2凶星がある。現在の韓国にとって敵対国とはどこだろう。それは明らかに日本である。慰安婦合意の実質破棄、旭日旗の拒否、国会議員の竹島上陸、徴用工を巡る日韓基本条約を無視した判決等々、もし日本の魚座新月図がそれに対応した形で出ていたら、断交、戦争となってもおかしくない。もちろんアメリカともぎくしゃくしている。それに引きかえ兄弟国と思っているかえ北朝鮮を表す11室には天秤座にアスペクトバックする金星がある。明らかに一方的擦り寄りである。経済を表す2室には混乱、過激を表すラーフがあり、火星が8番目のアスペクトをしている。経済を表す水星は逆行、減衰、コンバストととことん傷ついている。これでは自ら政策を誤り、経済を自らに衰退に導くに等しい。これがどうなるかは、2019年の魚座新月図に出ているがこれはまたの機会に譲る。

※4月になって経常収支が7年ぶりに赤字になった。これは輸出不振、ウオン安によるものだ。サムソン電子のスマホ輸出が不振が主要な要因で、サムソンの売上高は韓国GDPの15%を占めるいびつな構造のためサムソンの経営不振は国家全体の経済不振となる。10室太陽は政府であるとともに財閥企業を表し、減衰水星とともにあって国家全体のビジネスが不振であることを端的に物語る。

この記事のリンク | インド(マンデン) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
満月と大型台風&日株平均株価の上昇

9月25日は満月の日であった。通常の満月ならここで運気の流れが変わるだけで特に警戒を要しないが、今回の満月は少し特殊な配置のように思われる。7月28日にアジア大陸から西太平洋、オーストラリアにかけて皆既月食が見られた。日本では大部分の地域が部分月食なので大した影響はないといいたいのだが、それでもいつにない現象がみられる。

20180925満月月蝕影響下の日本.PNG

  9月25日の満月図

満月は太陽と月の最も距離の離れた時間で起る。今回の満月図では、高揚火星の地点は9°54′で7月28日の月蝕点と非常に近い所で起っている。25日は火曜日であるからパンチャンガでいえば火星を強調する日となる。KNラオが提唱した日本の建国図ではラグナは射手座になるので、2-8軸を強調する動きが活発化する。現実に私の知識情報の範囲内で思い当たる現象は、一つは今日本全国を縦断中の大型台風だ。ASCは蠍座にあり、月は魚座にあり、強力な火星がアスペクトするラーフは蟹座にある。すべて水のサインである。それと火星が牡羊座にアスペクトバックするので海水の高温化も予想される。そこで考えられるの水害である。もう一つは、株価の異常上昇だろう。射手座からみたらムーラトリコーナの金星が11室にあり、そこにバブルを表す木星とコンジャンクションしている。ビジネスの金星も10室でムーラトリコーナだ。28日の東京株式市場で日経平均株価が一時2万4286円10銭と約26年10ケ月ぶりに高値をつけた。この高値がいつまで続くかは、火星がいつまで月蝕点の近くにいるか、日経平均のチャートがどうなっているかを見なければ分からない。金融の事をブログで書くとよく個別銘柄のことを質問されるが、私は株屋でも予想屋でも何でもない。飽くまで占星術の研究のためにこうした記事を書いている。この動きはあくまで新月満月を中心としたトランジットチャートでみているだけで、質問されても責任はもてないとはっきり断っておく。元来、月蝕の影響で触発された動きは不吉な動きとだけ言っておきたい。

 

この記事のリンク | インド(マンデン) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
中国に政変の噂あり

習近平は今春、国家主席の任期を撤廃し長期政権をめざした筈であるが、ここにきて習近平の個人崇拝の動きに歯止めをかけようとする動きがある。習近平の写真やポスターを即刻撤去するよう警察が指示したとする記事がインターネット上で拡散している。又、社会科学院で習近平の思想・業績の研究プロジェクトが中止された。党の機関紙人民日報でも習近平氏の名前が第一面に出ない日があるという。香港英字紙のサウスチャイナモーニングポストは、中国共産党支配の正統性は、好調な経済に支えられてきたが、アメリカとの貿易摩擦で経済危機が起こればその正統性はゆらぐと報じている。中国の場合、こうはっきり報じられるということが実は問題なのだ。党内には習近平の個人崇拝を苦々しく思っている江沢民派や胡錦涛派もいて批判的な動きをしている。8月に開かれる北載河会議で、長老達から習近平の個人崇拝に強い批判が出る可能性もある。

中国政変?

        中国政変の可能性

この動きを見るべく、左上に中国建国図、右上に2018年魚座新月図、左下に蟹座への太陽イングレス、右下に習近平の生誕図(秀吉氏の乙女座ラグナ説を採用した)を並べてみた。

中国建国図は山羊座ラグナで敵対国を示す7室には火星があり月とオポジションしてチャンドラマンガラヨガを作る。対外関係では自国の利益のためには手段を選ばない強引さを見て取れる。3室にラーフがありディスポジターの木星と会い俟って、膨張主義的愛国主義が見て取れる。2018年の魚座新月図では、愛国心の3室には火星土星があり戦闘モード満開の年である。6室に水星があり減衰している。中国の今年が経済不振であることを物語る。そこに太陽があるから政府の権威失墜と争いの可能性がある。7月に入ってからの太陽イングレスチャートをみると、建国図から見た7室に経済の水星と政府の太陽が7室にあり、目下アメリカと貿易を巡り関税の報復合戦を行っている。7室には火星、太陽、ラーフ等生来的凶星が関り対外関係、特に経済状態は非常に悪い。

右下は習近平のネイタルチャートである。秀吉氏の乙女座ラグナ説を信じるとすれば、10室に太陽、火星が、水星があり強気の経済政策と軍事力で政治権力を掌握している。しかし太陽の度数は0度で極めて不安定であり、火星は1室逆行土星に対してアスペクトしている。よく噂にあるようにしばしば暗殺等身の危険に晒されているだろう。彼のD9では太陽も月も減衰しており、だとするならば彼が意図する長期政権を維持するのは難しいと言える。7月19日より習近平のダシャーは火星/ラーフ期になる。火星からみるとラーフは8室にあり危険な時期である。チャラダシャーでは蟹座/双子座期であるが、双子座にある火星はGKでありこれまた危険な時期と言える。

※7月30日配信の産経新聞によれば、習近平主席の母校、清華大の許章潤教授が7月下旬、指導者の個人崇拝を厳しく批判し、国家主席の任期復活や天安門事件の再評価を要求する論文を発表し波紋が広がっている。体制側の知識人が中国共産党指導部に反旗を翻すのは極めて異例と言える。なお近隣では許氏の身の安全を危惧する声があり、許氏の論文はネットでの閲覧ができなくなっているそうである。

この記事のリンク | インド(マンデン) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
大阪北部地震のホロスコープ

大阪で大きな地震が起こった。直下型の震度6弱だそうである。関西での地震は東日本に比べたら少ないとはいえまったく無縁とは言えない。震源地の周辺は活断層が集中しいつ地震が起きてもおかしくと専門家は言っている。それだけにたまに地震が起こると関西地方の人は心理的にかなり動揺するようだ。今回の地震は阪神淡路地震と同じく直下型の地震のようだ。まずは今回亡くなられた方の冥福を祈るとともに、被害に遭われた方にもお見舞い申し上げたい。そのうえで、今回の地震を占星術的に分析してみたい。

大阪地震

日本の建国図のラグナは、サンフランシスコ講和条約を日本の独立回復と考えると射手座となる。地震を表すのは4室と月である。そこに火星、土星、ラーフ等の悪影響がある時地震が起こる可能性がある。4室には金星と水星があり、高揚の金星の方は問題ないが水星はいろいろ問題が起こる時期である。現在日本はヴィムショッタリで水星/木星/土星期となっている。尖閣問題等領土問題が発生したのは日本が水星期に入ってからである。木星は4室の支配星であり、その木星には高揚火星トランジットがアスペクトしている。チャラダシャーは魚座/魚座/牡羊座期でいずれも4室及び4室支配の木星との絡みがある。火星ケートゥのコンビネーションは2室と8室に影響を与え、経済と混乱をもたらす。7室の月には逆行土星トランジットがアスペクトし大地に刺激を与える。但し、木星トランジットは牡羊座、双子座にアスペクトするので、この地震は国家の経済活動に大きな影響を及ぼすほどの混乱はもたらさない。不幸中の幸いである。小さい余震はともかく大きなそれが起こることはなさそうである。

この記事のリンク | インド(マンデン) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/7PAGES | >>