Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
占星術に見る職業選択について

インド占星術の鑑定依頼の案件の内容は様々だが、一番多いのが恋愛結婚で次に多いのが職業についての問題である。適職、独立自営の転機、転職の時期、結婚と職業の両立等々をめぐる問題はよく質問される。だが、職業上の成功を見ていくのは、結婚問題に負けず劣らず難しい。結婚よりも職業をめぐる条件の方が複雑な要素をはらんでいる様に思われる。実際問題として、特定職業の成功要因や職業適性は決して一つではない。特定の性格や才能の持ち主だけが成功するわけではないことは、さまざまな職業分野の人物を見ていれば分かる筈だ。「駕籠に乗る人、担ぐ人、そのまた草鞋を作る人」という諺もあるように、職業人生は実に多様で幅広い。そこが人生の面白いところなのだ。

William Holden

 某俳優のホロスコープ

The Actors & actreses are generally good in3H&5H. It  is  to be one of the factors of vocational success.

例えば、俳優さんの適性について見てみよう。俳優は肉体的訓練を伴う3室と自己表現の5室が強いかよい働きをしている場合が多い。上図を見ればわかる通り、3室には火星がアスペクトバックし木星もアスペクトしているので3室の働きをよくしている。5室も土星、木星のアスペクトがあり良い働きをしている。その他にも高揚の太陽、成功の11室での人気の月が定座にあり俳優としての成功は間違いないだろう。こうした特定職業の成功要因と一般的な意味でのホロスコープの強さが必要ということは理解できる。しかし、それだけをもって成功すると判断することはできない。或いはそれに当てはまらないから成功しないと断言はできない。成功のタイプや型というのは千差万別にある。この俳優さんのように火星が12室にある場合は、国内よりも海外での人気や成功要因がある。10室支配の水星が8室にあるので多分に気紛れなところのある人だろう。一口に俳優といっても、細かく見ていくと伝統的な歌舞伎俳優、地味な声優、パントマイム、朗読、スタントマン、監督脚本家舞台装置衣装照明等々それぞれにちがう。歌舞伎のような伝統的家系に生まれた場合と、何かの偶然でタレントや俳優になった人とは全然ちがう。他の職業分野も同じであるが、特定職業における成功要因といってもその中での個々の専門分野の成功要因はまた違う。それが何かを多面的に把握しておく必要があるだろう。

この記事のリンク | インド(職業) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コンピュータプログラマー(1)

コンピュータ関連の職業は、ここ20年位の情報化社会で急速に増えた仕事である。その代表的な職業であるコンピュータプログラマーのホロスコープ上の特徴はどこにあるのか、これからいくつか事例を探ってみたい。

コンピュタープログラマー10831

プログラマーA氏のホロスコープ
コンピュータプログラマーD10

  ダシャムシャ(第10分割図)

一口に職業適性といっても、その特定職業自体がまたいくつかの異なる特徴があり、従って必要とする才能や性質が異なるので一概に断定するわけにはいかない。それでもいくつかの特徴を見つけ出すことは可能だろう。

コンピュータ関係の仕事というと、ケートゥ水星が絡んでいるのではないか経験上思われるのでまずチェックしてみた。ケートゥは2室天秤座にあり、そのディスポジター金星は2,9支配のダーナヨガで5室に在住している。金星には11室の土星からアスプトバックがあり、2,5のダーナヨガを形成する。この限りでは深い知識を表すケートゥが言語の2室にあり、ディスポジターの金星とも絡んでいくつかのダーナヨガを作る。関わるハウスは利益と言語の2室、高等教育の5室と9室と定期的収入の11室である。一方水星はキャリアに関わる1室と10室を支配し、家庭での基礎教育を意味する4室在住し、情報収集の双子座にアスペクトバックしている。プログラマーといえば長時間労働と縁の下の力持ち的存在で日新月歩に進歩する技術の習得というイメージがある。3室に木星がありこれがハードなトレーニング、12室の月に対するラーフ、火星の絡みから見る月の傷つきと火星の影響による精神集中と6室への火星、月、ケートゥのアスペクト集中等がこれらを満足させる。専門職として才能をみるD10(第10分割図)では、訓練の3室に木星があり土星がアスペクトバック、労働の6室に凶星の太陽があり、研究の8室にケートゥがあり火星とラーフがアスペクトしている。技術研究職にふさわしいチャートをもっている。このA氏は優秀なプログラマーという評判を持つ人で、ホロスコープ上も確かに有能なプログラマーと思われる。これはまだ一つの事例にすぎない。

この記事のリンク | インド(職業) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
aikoにみる歌手としての職業運

aikoは19歳の時にコンテストにて、自身で作詞・作曲した曲「アイツをふりむかせる方法」で賞を獲得し、以後シンガーソングライターとして活躍している。彼女の誰もが知っているヒット曲には「カブトムシ」「ボーイフレンド」「花火」「キラキラ」「桜の木の下」等がある。

 

aikoのホロスコープ

  aikoのホロスコープ

彼女のホロスコープをもってきたのは、彼女の歌手として実力ああるとかないとうんぬんを語る為ではない。これはどの職業でもそうであるが「歌手として優れた実力をもつ」ことと「歌手として食える」こととは別の話だということである。もっとも彼女の場合は、高校生の頃からピアノで作曲をしていた経歴もありそれなりの実力もあり、いわゆるぽっとでのヒットは違う。が、歌唱力が優れていることと歌手として食えることとは話は別である。そんな特徴がどこにでるか、それは鑑定依頼で適職、転職の適否を答える時に大事な要素となる。(占い師でもよく当たることと占い師として稼ぐこととは話は別である)

まず歌手そのものの能力をみると、専門的な職業の成功を表す10室に太陽と水星がある。太陽は7支配であり水星は芸術的才能を表す5室支配であり、同じく音楽芸術的精進を表す3室を支配している火星と星座交換している。こんな点がまず成功要因として挙げられる。

aikoのD10

    ダシャムシャ

同じく職業運を示すD10をみても、1室に仕事運の10室を支配する大衆的人気の月がある。2室に金星があり牡牛座にアスペクトバック、太陽は華やかな獅子座の定位置にあり、火星とコンジャンクションして財運を表すダーナヨガを作っている。火星は2室にアスペクトバックし財運を支えている。シンガーソングライターは楽器がひけるが、こうした火星を背景にしたつまり器楽での音楽動員力を持っているのだろう。こうしてみていくと分割図では大衆的人気や強い財運が伴っていることが分かる。

ラーシチャートでも自前で稼ぐ能力を示す2室に木星が定座にある。5室では火星と月がコンジャンクションして少し強引ではあるが、財運を示すチャンドラマンガラヨガがある。彼女は実際に男性からも女性からも好かれる大衆性をもち、ライブでの観客動員力をもっている。つまり自ら営業のできる歌手である。また彼女はコンサート向けの大衆グッズ販売でも稼ぐ力をもっている。

aikoのアシュタカヴァルガ

サムダヤアシュタカバルガ

関心エネルギーを費やす方向をみていくと、ビジネスの2室が28点、音楽的情熱の3室が36点、労働意欲の6室が31点、専門的職業の10室が29点といずれも平均点以上である。これをみても彼女は芸能人であると同時に、本人は意識していないかもしれないが、営業的センスも豊かな人である。

この記事のリンク | インド(職業) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
宇都宮健児〜本物の人権派弁護士〜

今回の都知事選挙は波乱含みであった。保守陣営が小池百合子と増田寛也に分裂し、左翼陣営が当初は古賀茂明、宇都宮健二の擁立の動きの後で最後に突然の鳥越俊太郎が担ぎ出された。宇都宮健二氏は最後は無理やり候補から引きづり降ろされた。宇都宮氏はだいぶ不満のようであったが沈黙を守っていた。だが、鳥越氏の女性問題に関して彼は鳥越氏の弁護はせずこの事件は限りなくクロであるとして、鳥越氏の弁護はしなかった。日頃は人権だのセクハラだのと言っている多くの左翼陣営の政治家がご都合主義で鳥越の件に関しては口をつぐんでいる中で、彼だけは自己の心情を貫き通した。なかなか立派である。彼の左翼思想には賛成できないが、その筋の通った生き方は評価できる。彼のホロスコープを見てみよう。

宇都宮健児

 宇都宮健児氏のホロスコープ(お昼の12時に設定)

彼の生時は不明なのでお昼の12時設定した。月は水瓶座の6度に来るので、この日の範囲内であれば月ラグナ水瓶座で見ていける。

まず月と土星は1-6軸で星座交換している。6室は訴訟、裁判の象意がありここにウパチャヤの凶星がくればまずは法律家としての適性がある。1室は水瓶座で風のサイン、固着サインであり自由な思考と現実的な行動のとれる人であり気力もある。9室には9室支配のムーラトリコーナの金星があり水星、木星とコンジャンクトしてRY,DYを形成している。9室はなかなかよいので、法律家として判断力や道徳性は備えている人である。月から見て10室火星があり仕事には熱心に取り組むし太陽もあるので公的な地位立場につく。また政治にも関心が強い人である。木星は2、11室を支配し弁舌はさわやかである。こうみていくと法律家として資質は十分にある。月ラグナのみでみていく場合は、この程度の見方が限界である。

この記事のリンク | インド(職業) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
宝石加工職人のホロスコープ
astrodatabankにて紹介されていた、ある無名の「宝石加工職人」のホロスコープである。彼の人生の背景の情報は乏しいが、要所要所は納得できる内容を、ホロスコープは示している。

宝石加工職人astrodatabank
 宝石加工職人のホロスコープ

詳しい説明がないので彼の生涯の詳細は不明だが、7室牡羊座の惑星集中が印象的である。しかも牡羊座には月、土星が在住し出家のヨガと呼ばれるサニヤシヨガが成立している。7室惑星集中で月、金星、火星アスペクトバックとなると、普通は非常に持てる人でかなりの遊び人と推測される。しかし同時にサンにヤシヨガであり8室木星を考慮すると、ストイックな一面もある。

太陽、月、金星、土星といずれも月支配のバラニーナクシャトラ、社交性あるリーダーシップのとれる魅力的な人物が想定できる。

彼の人生は金星期のダシャーで始まる。その後、太陽、月とMDは続くが、その位置はすべて牡羊座の7室で、火星期になるまで大きく人生を変えることはなかったと推測される。1958年の月期から62年まで軍隊に入っているが、月とコンジャンクションしている土星と火星は星座交換し、月から見た10室は火星で軍人を職業とする時期であり、牡羊座高揚の太陽の人は一般的に非常に政治意識が高い。

サイン構成は、カーディナルサインが7つであるが男女比は6対4で特に過剰に男性度が高いわけではない。4元素では地のサインが3つあり、これなどは物質的基盤を重んじる金属加工の職人としての適職が考えられる。風のサインが0という所を見ると、この人物は社交嫌いでマスコミ等との交わりも下手な人である。人生記録が少ないのもあまり文章等の記録を好まなかったのかもしれない。

1968年に彼は指輪、ネックレス、鳥籠、ランプ等の事業を手掛け、評判のよい加工職人として腕を奮う。因みに1968年は火星期がスタートしたばかりで、MDが牡羊座から山羊座に大きく変わった直後に、人生の変化が現れるのである。MD火星からみて10室天秤座に金星がアスペクトバックしている。
 
この記事のリンク | インド(職業) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
初代林家三平〜「大変なんですからもう」の名セリフ〜
初代林家三平師匠は、古典落語の伝統から逸脱して、逆にそのことにより一大人気を博した、ある意味で破天荒な落語家である。正月ということもあり、その福笑いを招く三平師匠のホロスコープをみていこう。

林家三平
 初代林家三平のホロスコープ

初代林三平のホロスコープでまずラグナに注目してみると、蟹座にラーフがある。伝統にこだわらない自由奔放なボヘミアン的な生き方をする(そこまでは言い切れないが)人である。4室に火星、土星の凶星があるが、土星は高揚していてヨーガカラカとなり厳しい中にも家族や妻、弟子達に恵まれた人である。5室は芸能を表すが、そこに人気運を示す高揚の月が11室からアスペクトしている。大衆を相手の芸能活動をするのにふさわしい。職業運を表す10室には火星がアスペクトバックしている。太陽は2室支配であり収入に恵まれかつ実力の10室、評価の11室ともに兼ね備えている。

6室には定座でヴァルゴッタマの木星とアスペクトバックする水星がある。6室には部下という象意があるが、確かに三平一門からはこん平、パー子を始めとして多くの弟子が輩出している。水星は双子座にアスペクトバックしている。彼は不遇だった時代からテレビ出演という形での売り出しに成功していいる。7室にはヴァルゴッタマの金星がある。かつ高揚の土星がアスペクトバックしている。妻の海老名加代子は夫亡き後、自らを売り出したのを始めとして、三平一門を反映に導いている。因みに妻の加代子とは1952年のラーフ/太陽期に結婚している。ラグナとラーフの両方から見て、太陽は恋愛の5室にある時期である。この時、太陽は2室支配なので、三平に家族の安定と多くの利益をもたらした妻である。火星は10室にアスペクトバックし、牡羊座の特徴である革新性を発揮し、落語界に新風を吹き込んだ。しかし高揚の土星も10室にアスペクトしており、実は三平は古典落語にも大変力を入れていたと伝えられている。

 
この記事のリンク | インド(職業) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
評価の高かった警察官〜3室と9室の強さ〜
警察官の使命は、世の中の秩序を乱し、善良なる市民に迷惑をかける人物を取り締まり、安心して暮らせる社会をつくることに貢献することにある。だが現実の警察官は必ずしもそのようには行動していない。ある水商売関係の人の話だと、嫌な客のワーストスリーは、学校の先生、警察官、銀行員なのだそうだ。その次に坊主がはいるかどうかは知らないが、倫理的締め付けの厳しい職業の人はタガが緩むと極端な形で出てくるものだ。

警察官、愛国者
評判のよかった警察官のホロスコープ

そんな中でなかなか評判のよい警察官がいる。ホロスコープを分析するとなるほどという気がする。2室の月にラーフがコンジャンクションしていて、弱者に対する熱い同情心をもっている。3室に木星と火星がアスペクトいて、勇気、肉体的自己鍛錬、愛国心に富んでいる。月から見ても3室に太陽があり愛国主義者である。10室は火星、土星、木星に挟まれ、厳しい職業意識をもっている。9室に火星で自分の倫理観に妥協しない性格である。こういう性質は警察官にふさわしい。
この記事のリンク | インド(職業) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
転職の悩み〜独立か否か〜
鑑定内容で多いのは、男性で多いのは職業や転職に関する問題である。サラリーマンでうだつが上がらない、仕事が面白くない、給料が安いなどという問題を抱えている人は当然転職を考える。

転職か否か
サラリーマン向きのホロスコープ

そんな場合、できれば独立したいという相談を受けることが多い。独立して成功するかどうかはその人のやる気、能力、適性、時期、幸運度等いろいろの要素を考える必要があるのだ一つや二つの特徴だけみて断言はできないが、一つ重要なのは自分自身で稼ぐ才覚をもっているかどうかをどう判断するかにかかっている。収入をみるハウスは2室と11室であるが、2室が弱いと一般的に独立には不向きである。

上図のホロスコープをみると、2室にケートゥがある。ケートゥには「解脱」「禁欲」等の象意があり、これが利益を表す2室にあれば当然、自分自身で「商売」「ビジネス」を営むのは不得手である。反面、この人は11室高揚の月があり11室は大変に強い。このような場合は、下手に独立など考えずにサラリーマンのままでいた方が、ずっと収入的には恵まれる。
この記事のリンク | インド(職業) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
ジャーナリスト(海外特派員)の適性

ジャーナリストという職業は、一般的にどのようなホロスコープをもつものであろうか。占星術的には水星が強く機能する職業のように思うがどうだろうか。ここによい事例がある。

海外特派員
さるジャーナリスト(海外特派員)室のホロスコープ

生まれた時間はほぼ正確である。この人は新聞記者を職業としているが、海外出張の多い人である。水星をみると1室と10室を支配し12室にある。海外特派員にふさわしい配置である。2室にはムーラトリコーナの金星がありやわらかい話し方をする。それと同時にラーフもそこに絡んでいるので際限もなくおしゃべりをする人でもある。

11室には月があり横広がりの人間関係をもっている。土星が5室にアスペクトバックしているので表現力は豊かである。1室にはスパカルタリヨガが成立し、頑強な身体を誇っている。更に木星/火星のコンジャンクションがあってグルマンガラヨガができる。常に新しいテーマに取り組むチャレンジ精神に富んだ人物でもある。

このような資質をもっていれば、海外でのハードな取材業務に耐え抜ける人物といえるだろう。

この記事のリンク | インド(職業) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
金星にみる歌手の歌唱力と職業運
うちゃのブログで「金星と音楽性」についての解説記事がある。私もいろいろな歌手のホロスコープをみていると、金星の配置にこれという特定の特徴は出ていない思う。いろいろタイプの歌手がいるように、いろいろな金星の配置がある。だけど歌唱力があると万人から認められている歌手と、名は売れているがたいして歌唱力のない歌手を比較してみると明らかに金星の品位に差があるように思う。

平原綾香D1
平原綾香のホロスコープ(お昼の12時で設定)

平原綾香はポップシンガーとはいえ音大卒のシンガーソングライターで、歌唱力のあることは万人が認めるところである。彼女の時間は不明だがそれでも分かるところは分かる。太陽と土星は高揚し相互にアスペクトしている。なかなか大物である。高揚の太陽に水星と金星がコンジャンクションし、更に木星が片側アスペクトしている。これだけでも歌手としての素質は十分である。金星は火星と星座交換、相互アスペクトしそこに高揚の土星も絡む。金星の力はいやが上にも増している。彼女がダンスが得意でサックスという楽器もこなす理由がわかる。高揚、ムーラトリコーナ、定座にはいないが、金星の品位は高い。

ジェニファーD1
某ポップシンガー(お昼の12時で設定)

これに対して、たいして歌唱力はないのに不思議と売れている歌手のホロスコープの例をみてみよう。読者の中にはこの歌手のファンもいることだから名前はあえて出さい。主観や好みの問題はあるだろうが、どう聞いても歌がうまいとは思えない。ポップシンガーだからそう高度な音楽的テクニックは求めないが、それにしても声量はないし音程は不正確だし言葉もなにかもごもごしてよくわからない。この人のCDを買おうという気には到底ならない。金星はムーラトリコーナではあるが、ケートゥ、土星、太陽、ラーシサンディの水星に囲まれ凶星化している。しかし、太陽から見た10室には火星、木星、土星がアスペクトし、太陽は10室支配で1室にある。金星には木星がアスペクトしている。歌は下手でも仕事運、職業運のある人なんだなと思う。そうした場合は、歌手としてもある程度は売り出せるものである。時間を早い時間、遅い時間にずらしてみても現在ラーフ期にあることも理由の一つだろう。
この記事のリンク | インド(職業) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/3PAGES | >>