Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
母校、甲子園大会1回戦に勝利する〜6室の解釈〜

昨日はわが母校は甲子園大会で念願の初勝利を飾ることができた。1日でも長く甲子園にいられることを願っている。それはともかくこの件についてのプラシュの見方について振り返ってみる。

久我山高校勝つか

このプラシャナで一番迷ったのは6室の解釈だった。主体からみて6室に太陽、火星の凶星がありその他に水星、金星もある。いわゆる6室惑星集中になる。こういう場合、主体は勝負強くなる筈である。ただこの6室はラーシサンディ、減衰、サルバドレッカナであり惑星配置は非常に傷ついている。こういう場合どう解釈するのだろうかと非常に考えた。こういうことは古典にも教科書にも書いてないことなので自分なりに考えていかなければでならない。

しかし昨日、テレビで実際に試合をみてなるほどと納得できるところがあった。両チームともエラーや凡ミスが多く、失点を重ねる試合運びだった。こういうところに6室の傷つきがでているのかと納得した。しかしここぞという時の集中力ピンチで持ちこたえる力は我が母校の方が上だった。なるほどね、という思いだった。

占星術の解釈の上で基本的知識をしっかり持つことが大事なのは言うまでもない。だがこういう臨床経験を積み重ねることも実占力を鍛える上で重要である。理論・知識=実占力には必ずしもならない。そういう意味では頭でっかちは禁物だと思う。事例研究はとても大切だ。

 

 

この記事のリンク | インド(プラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
母校甲子園に出場〜1回戦に勝つか〜

10年以上ぶりでわが母校が甲子園に出場する。わが母校は進学率も高いし各種全国大会でも優勝する文武両道の学校だ。でも野球は時々甲子園にでるものの今までいつも1回戦で敗退している。全国優勝はともかく今度はぜひ1回戦は勝って欲しいと先輩として願っている。万が一勝ち進めば寄付の依頼がくるだろうが協力するつもりだ。時間があったら応援にも行きたい(その時、関西で鑑定依頼がないかな等と虫のいいことを考えたりしている)。そんなわけで当事者になると「こうあって欲しい」という気持ちが強すぎるため、占筮をたてても主観が入りすぎて当たらないかもしれない。しかし、一応プラシュナをみてみた。

久我山高校勝つか

  1回戦、勝利するか

プラシュナを立てた時、ちょうどラグナが水瓶座にイングレスしたばかりである。したがって度数は0度で、これだけだとあまりよいでかたではない。ラグナロードは土星になるが1室にアスペクトバックしていて1室を強める。しかし、逆行は痛い。土星は射手座で逆行21度にある。対向する7室ロードは太陽で6室に在住している。太陽は蟹座19度にある。6室に在住する惑星配置はいずれもよくない。火星減衰、水星ラーシサンディ、金星と太陽はサルバドレッカナの度数領域にある。アシュタカバルガは射手座が33点、蟹座が27点になる。火星と土星の位置関係は6-8関係でよくない。土星も太陽もいいとは言えないが、それでも比較すると相対的に土星の方に利がある。水瓶座からみて6室は惑星集中していて勝負強さはありウパチャヤ11室に凶星土星、ケートゥがある。ケンドラの10室には木星がある。そんなわけでわが母校勝利と判断したが、結果はまもなく非情にもでるから静観するしかない。

この記事のリンク | インド(プラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
丸山穂高議員は辞職するか

前回に続いて、丸山穂高議員が与党からの「問責決議案」なり「与党からの辞職勧告案」なりで、議員辞職するかどうかをプラシュナでみていこう。

丸山穂高議員は辞職するか.PNG

 丸山議員の議員辞職の有無

インド占星術でのプラシュナ(ホラリー)の見方はいくつかあるのでこれらをいくつ併用してみる。というのはひとつだけの見方で原則がピタリと当てはまるような出方は殆どないからである。まずプラシュナの古典である「シャットパンチャーシカ」の原則でみてみる。物事の成就の有無をみるには「ケンドラとトリコーナに吉星が在住し、凶星が8室、ケンドラ、トリコーナに在住していない」という原則を参考にしてみる。これに従うと、ケンドラに木星、、水星、トリコーナに光の強い月、金星がある。8室に凶星はなく、ケンドラに太陽、トリコーナに土星がある。全体として吉兆を示す方が優位と言える。

次に普通のパラーシャラ方式でみると、アセンダントは獅子座で固着性座にありどちらにしてもすぐに結論はでない。10室に政治を表す太陽がありケンドラの4室の木星からアスペクトを受けている。金星、木星、土星はそれぞれアスペクトバックし全体として強い配置である。10室にある水星は2,11支配のダーナヨガであり有利な状況展開となる。

最後にタジカシステムでみると、ラグナの支配星の太陽は牡牛座7度にあり政敵を示す7室水瓶座の支配星の土星は逆行して射手座25度にある。6/8関係にありアスペクトは成立しない。また2つの惑星間に別の第3の惑星が絡むこともない。タジカシステムでは、他にラグナを立てる方法を使ってみない限り、吉凶の判断はできない。少なくとも私の現在の力ではそれ以上は分からない。

これら全体を整理してみると、既述の2つプラシュナでは有利な材料の方が多いので、議員辞職することはないだろう。

この記事のリンク | インド(プラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
大阪桐蔭対金足農

夏の甲子園の決勝戦「大阪桐蔭対金足農」が今日の午後2時から試合開始の予定だという。今予想記事を書けば、後出しじゃんけんとか言われない時間帯だ。スポーツ記事の予想では金足農の吉田輝星投手と大阪桐蔭の打線との対決とみている。吉田投手は連投に続く連投でかなり疲労が出ているので、まだ余力のある大阪桐蔭が有利との予想だ。しかし大阪桐蔭の監督の弁では、吉田君を打つ崩すのは容易じゃないと述べている。きっと吉田投手を打つ崩すべく、大阪桐蔭は初回からバンド、盗塁、ヒットエンドラン等々あらゆることをしかけてくるだろう。心情的には東北勢に白河の関を越えて優勝旗を持ちかえって欲しいと思うのだが、占筮では私情は禁物だ。

金足農対大阪桐蔭

プラシュナチャート:大阪桐蔭対金足農

上図が先程だしてみたプラシュナチャートだ。正攻法のプラシュナの見方からいうと大阪桐蔭が勝つと出ている。しかしかなりの接戦になる。私の心情では金足農に勝ってほしいと思っているので、ラグナには金足農をおき敵対する7室には大阪桐蔭をおいてみたが、LL木星と7Lの火星を比べると7Lの方に分がある。私情を捨て素直に解釈するとそうなる。鑑定依頼でも依頼者によくなって欲しいと思ってもよくない結論になる時の迷いと同じだ。しかしながら金足側からみて3室土星、4室高揚火星の配置と桐蔭側の11室太陽、12室減衰金星の位置を比較すると、金足農に勝機はある。雰囲気や勢いの点では金足農に分があることも事実だ。強豪桐蔭に心理的に呑まれないないことが勝機を作る。占い師らしくない言い方をすれば、後は気力の問題だ。だからこそ人生は面白い。

※結果は13対2で桐蔭の勝ちだった。桐蔭勝利と早い内に仕掛けてくるというのは当たっているが、接戦というのは外れた。ラグナにある木星をどう評価するか、金足農を応援していたので、木星の評価をついつい甘くしてしまったようだ。

この記事のリンク | インド(プラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
卓球世界選手権団体戦、日韓対決は日本の圧勝

韓国、北朝鮮が急遽統一チームで臨んだ卓球世界選手権団体戦で日韓卓球戦が行われる。新聞でその記事を読んで、そのルール違反?ぶりにいささか驚いたが、まあいいやと思って、プラシュナを立てたのが下図のチャートである。今回は詳しい解説は省くが、日本チームの圧勝で終わるだろう。

日韓卓球戦

  日韓卓球戦、日本チームの圧勝で終わると予想する。 

※1予想通リ女子準決勝は3対0で韓国、北朝鮮の統一チーム「コリア」を破り、47年ぶりに決勝に進出する。石川佳純、伊藤美誠、平野美宇の対中国戦での決勝での健闘を祈る。

※2それにしても国際卓球連盟の行動はスポーツマンシップに悖る行動だと思う。改めて抗議したい。

この記事のリンク | インド(プラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
日英女子カーリング3位決定戦

今日は午後8時5分より、カーリング女子の3位決定戦が行われる。昨日に引き続いて当たって砕けろでプラシュナを試みる。当たる外れというよりも自らの勉強のためだ。イギリスは昨日の韓国より実力はずっと上と言われている。

日英女子カーリング3位決定戦

  日英3位決定戦

得られたホロスコープは昨日のホロスコープと比較すると、日本にとってずっとよい。4室は凶星の火星だが単独で4,9支配のYKとなりそれが月に向けてアスペクトしている。双方とも闘志むき出しの戦いとなる。そして7室には吉星の金星と水星、弱い凶星ではあるが1室に向けてアスペクトバックする太陽がある。10室は高揚星座の天秤座に月があり、火星のアスペクトを受けてチャンドラマンガラヨガでこれまたRYを作る。3室に吉星の木星がある。6室に凶星のケートゥで8室、9室に惑星は存在しない。12室に凶星のラーフがあるのが少し気になるところだ。ラグナロードの太陽は7室にあり太陽とはRY,水星は単独でDYとなる。7室水瓶座の支配星土星と太陽は3-11関係であり、太陽11度、土星は13度でイタサーラヨガが成り立つ。そういう意味では日本が有利である。しかし、1室は強いのであるが、相手チームを表す7室には3惑星在住に加えて木星、火星、土星の3惑星がアスペクトしていて7室をものすごく強力にしている。これをどう解釈するかに答えはかかっている。7室は1室より強力でありイギリスは強い敵であるが、タジクアスペクトでは日本有利と出ている。

日英カーリングD9

   ナヴァムシャチャート

そしてナヴァムシャをみると、ラグナに対して7室金星、9室木星がアスペクトしラグナを強力なものにしている。どちらの要素が決定要因となるだろうか。今晩の試合でみてそのプロセスをよく分析してみるつもりだ。

※追記:日本チームが勝った。日本人として本当によかった。前日も日本チームは良く健闘し惜敗だった。その前日のチャートに比べると今日のチャートの方がずっといいので勝利の可能性は高いとは思っていた。ただチャートの出方のどの部分がどう勝利に寄与しているのかしっかり分析してみるつもりだ。

この記事のリンク | インド(プラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
日韓女子カーリング準決勝戦を占う

日本女子のカーリングが健闘している。4位以内に何とか残って決勝リーグに進出した。作戦を巡る会話がそのまま公開されるため、彼女等の会話が面白い、特に「ソダネー(そうだね)」という北海道弁が可愛いとか、途中でおやつを食べる「もぐもぐタイム」とかとかく人気がある。さて今日の20時5分に対戦予定の韓国であるが、現在1次リーグ8勝1敗とトップに立っている。その1敗が実は日本チームという微妙な立場にある。普通の常識なら韓国が勝つという結論になるが、それでも今夜の日韓戦、なんとかならんかという気持ちでプラシュナを立ててみた。

日韓女子カーリング戦

23日日韓女子決勝リーグカーリング戦

主体の日本をラグナロードの火星、相手の韓国を7Lの金星でみてみると、凶星である牡羊座支配星火星と吉星である天秤座支配星金星が向かい合う形となり、この配置は勝負事に関するかぎり日本有利とみる。ラグナの牡羊座からみてケンドラの7室には木星、10室には水星、金星がありこれも日本有利である。火星は8室にあり高揚の月とラーフがアスペクトしていて韓国チームもファイト満々である。9室に凶星の土星、10室にケートゥがあることも日本にとって不利である。4Hにはラーフがありかなりの乱戦、接戦となると思う。土星は凶星ではあるが11室水瓶座にアスペクトバックしている点、タジクアスペクトでみても金星と火星間で不吉ではあるがイタサーラヨガが成立し、金星20度、火星22度の度数で逆行もない。こうしてみていくと、身びいきという点を割引しても、日本チーム有利と結論づけたい。

※追記:残念はずれた。日本チームが負けたことも残念だ。10回ぎりぎりで7対7の同点になったが、延長になって最後のぎりぎりで8対7で負けた。日本にとって吉となる点と凶となる点が拮抗していたので、接戦と見たことは間違っていなかったが、決め手となる点をどこでみるか、プラシュナの本を読み返して検討しなおしてみる。

 

この記事のリンク | インド(プラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
名護市長選〜保守陣営の勝利〜

今、沖縄名護市の市長選の開票が行われている。現時点(22時30分)で75%の開票が進み投票数は伯仲している。自民、公明、維新支持jの辺野古移転容認の渡具知武豊候補を主体としてプラシュナをしてみた。結果は渡具知武豊候補勝利と出たが、深夜に結果が明らかになる。

名護市長選

プラシュナチャート:名護市長選

得られたチャートではイタサーラ、イシュラーフのいずれも成立しないので、普通のパラーシャラの方式で見ていく。このチャートの特徴は、木星、火星、土星のいずれもが競争、選挙の6室にアスペクトしている。ラグナの主体として取り上げた渡具知候補の方に勝負のつきがあるとみる。1室の月、5室トリコーナにも吉星の水星、金星がある。4室土星なので結果が出るまでには時間がかかるだろう。面白いことにナヴァムシャもまったく同じ配置をしている。

名護市長選D9

ナヴァムシャチャート

即ち、ナヴァムシャからみても、6室山羊座にラーフがあり、火星、土星、太陽の凶星アスペクトがある。渡具知陣営の方が明らかに勝負強い。

この記事のリンク | インド(プラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
辻元清美、政治的に失脚するか

森本学園問題は第2段階に入ったようだ。籠池夫人と安倍昭恵夫人とのメールのやり取りが公開され、その中で辻元清美氏の名前が何回か出てきている。産経新聞の記事によると辻元に関して「3つの疑惑が」 、即ち〕鎮娜爐凌入、関西生コンの作業員を密かに派遣し嘘の証言をさせた、L酖鎮羆公園の土地取得をめぐる14億円の値引き問題が提示され、産経新聞から民進党に質問状が出された。これに対して民進党から抗議があり、更に恫喝と圧力には屈しない旨の産経新聞から反論 がなされている。辻元清美の疑惑については、ネットやSNSでは炎上しているにもかかわらず、不思議な事に産経新聞、フジテレビ、夕刊フジ、ivedoornews等を除いてマスコミはこの件を報道しようとしない。一方主要なネットに対してこれを妨害する為に大規模なサイバー攻撃が発生した。これは新たな疑惑を生み、民進党の災害義捐金の使途不明問題沖縄基地闘争や反日プロパガンダとの関連まで表面化している。これらの情報は現段階では「疑惑」でしかないがネットでは広く炎上拡散している。しかし、疑惑を晴らさず逃げ回っている辻元清美は政治的に追い詰められた状況になっている。これに対して、辻元清美はどうなるかプラシュナをかけてみた。

辻元清美失脚するか

プラシュナチャート:辻元清美は失脚するか

ケンドラの惑星配置を見て見ると、1室に方角を得ている木星、4室土星、7室高揚金星、太陽がある。一見吉星があるように見えるが、木星は逆行でダブルケンドラ支配で中立化する。金星も逆行し7室のサルバシュタカバルガは18点しかない。従ってケンドラに純粋の意味での吉星は存在しない政治を示す太陽は投獄、逮捕、逃避の12室支配である。8室に3惑星があるのは非常によくない。月は牡羊座2度、水星は牡羊座3度でガンダータの範囲内にある。8室にはラーフが12室からアスペクトしている。従って、8室の状態はかなり悪く失脚する可能性は高い。1室の支配星の水星は3度3分、政争の6室の支配星の土星は3度38分で共に逆行なしでわずかにイタサーラヨガが成立する。この場合、「何をもってよい結果するか」という判断基準は難しいが、私は日本の闇社会や北朝鮮と癒着している反日政治家の存在は日本国の為にならないから失脚した方がよいと考える立場なので、事前にその立場に沿ってプラシュナをたてる限り、このイタサーラヨガは「失脚する」と解釈してよいと思う。

この記事のリンク | インド(プラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
桝添都知事は辞任するか留まるか?

先日、占星術の研究会に出席した後で、仲間内と時事ネタについて話がでだ。主に、ヒラリーとトランプの大統領選と桝添知事の辞任話だった。桝添氏についてはすでに他ブログで扱っていて、A氏は桝添氏の釈明記者会見のイベントチャートから、B氏は彼のラーシを獅子座ラグナと仮定した上で、予測を行っていた。いずれも危機にはあるがしぶとい男なので辞任しないという結論であった。そんな話から「さてどうなんでしょうね」ということになって、そう質問された瞬間をもとにしたプラシュナチャートを作ることになった。自然体の質問であり、こちらも虚心坦懐に作成してみたので有効なチャートだと思う。

桝添辞任か
 桝添辞任に関するプラシュナチャート

プラシュナで難しいのは、占的の対象をどのハウスでみていけばよいかというハウスの選択の問題である。実際にみていく時はマニュアル的な見方はまずできない。都知事という公的地位を追われるかどうかを見る訳だから、政治や公的地位に関わる10室なのか、政治資金規正法違反という倫理的問題で辞任に追い込まれる以上、10室の象意を失う社会的屈辱を浴びる9室なのか迷うところである。ここでは一応10室を問題の表示体として採用した。(どちらが正しいかは結果をみれば分かるだろう。ここはあくまで勉強の場である。当たり外れはあまり気にしないというか凡夫は過ちを犯すものという前提に立っている。そこから進歩が生まれると信じるからだ)

そうすると、ラグナロードもシグニフィケーターも水星になる。その水星は8室にあって逆行、太陽とは11度のオーブでコンバスト、逆行火星が8番目のアスペクトを双子座にかけていて、双子座の支配星の水星を傷つけている。あまりよい要素はない。

パラーシャラ的な見方をしていっても、ケンドラに吉星がない8室、12室というドゥシュタナに惑星が多い、3室には火星、土星の凶星があるのだがいずれも逆行している。その火星、土星は政治を表す太陽にアスペクトしてこれを傷つけ、しかも太陽はラーシサンディである。よくない要素ばかりである。

これから判断すれば、3室に凶星がはいり強い事は強いのでかなり粘るだろうが、しょせん衆寡敵せず(すでに自民党からも批判されていて彼をかばう勢力はない)で結局は辞任に追い込まれるという結論になる。高額の海外出張、家賃流用や美術品購入等の政治資金の私的流用は、明らかに政治資金法違反であり、これに対する虚偽記載も罪に問われる問題である。さあ、どうなるであろうか。
※ 桝添氏は記者会見や議会で疑惑を追及され、最後はリオ五輪視察や議会解散までちらつかせて抵抗したが、世論には勝てず結局15日の午前中、不信任案を全会一致で提出される前に辞任した。

この記事のリンク | インド(プラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/5PAGES | >>