Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
インド占星術と西洋古典占星術〜類似点と相違点〜

最近西洋占星術でも、古典に属する入門書を何冊かざっともを通してみたが、インド占星術とよく似ている部分もある。しかしインドはサイデリアル方式を西洋はトロピカル方式を用いるという点では全然ちがう。西洋占星術側が地球の歳差運動に気づいて毎年春分点で軌道修正するようなったのは、ヒッパルコスがトロピカル方式に切り替えてからだ。(それではインド占星術側が地球の歳差運動を知らなかったのかというとそんなことはない)それまでのインド占星術と西洋古典占星術とある部分似ていたのではないかと推測する。ナクシャトラ中心の元来のインド占星術にギリシャの古典占星術が入ってきて融合したのが現在のインド占星術であるという説はある意味で本当だろう。(ブリハットサンヒターにそのような記述がある)だが正確に言うと融合ではなく月のジャンマナクシャトラの支配星とダシャーが接点、コネクターになっているだけだろう。融合はしていないと思う。やはりインドはインドで独自の体系がある。宗教との関わり方も見逃してはいけない。

西洋占星術がトロピカル方式切り替えてまだ日の浅い時期に書かれた「テトラビブロス」のハウスや惑星の象意をみると、インド占星術の象意とよく似ていると感じる。しかし、インド占星術と西洋古典とはっきり似ていると思うのが、タジカシステムといって、今日のタジキスタン(ペルシャ系)か伝わったとされている系統のインド占星術だ。主にプラシュナやヴァルシャハラに使用される。おそらく北インドがムスリム支配になってからイラン方面から入ってきたものと思われる。たとえば西洋古典ではアヴァージョンといって、惑星が6/8,2/12の位置にあるとアスペクトを取らない書いてあるが、タジカシステムでもこの場合はアスペクトをとらない。

丸山穂高議員は辞職するか.PNG

タジカシステムのアスペクト

上図での獅子座支配の太陽と水瓶座支配の土星はハウスが6−8関係にありアスペクトを取らない。

或いはアスペクトのオーブの取り方が、西洋古典では下図のようなオーブで度数を惑星ごとにとっているが、

西洋古典オーブ

この度数はタジカシステムにおけるオーブの度数とまったく同じである。この他西洋古典ほど数は多くはないが、タジカシステムではアラビックパーツも使用している。タジカとは中央アジアのタジキスタン(ペルシャ系)いう名前から由来する。その名の通り、おそらくそのルーツはペルシャ占星術にあるのだろう。それならばアブマシャー以来のペルシャ占星術と似ている筈である。でもそこらへんの追及は私はその辺は占星術史家に任せようと思う。

一方相違点も多い。西洋古典には、ダシャー、分割図、アシュタカヴァルガ、ジャイイミニシステムの様な見方はない。インドではディストリブーション、プロフェクション、ディレクションションのような予測システムはない。フィルダリアはダシャーというには単純すぎる、ヴァルシャハラと呼ばれるソーラーリターンとトランジットの見方はあるが見方は全然ちがう。

それぞれが複雑な体系をもった占術だと思う。似た部分があるからといって、片方ができれば自動的にもう一方もできるというほど甘くない。そう錯覚している人がいるとしたら、中途半端な占術や学問の勉強しかしたことのない人だろう。占いの知識学習体系は 1 基本知識の吸収、2事例研究を通じての基本知識の習得 3高度の知識の吸収 4実践を通じての高度の知識の駆使と4段階がある。第1段階の「基本知識」の吸収をもって知っている、できると称するいい加減な占い師が世の中には実に多い。それは看板に偽りがあると言わざるを得ない。占いのド素人はそれでも騙せるだろうが、少し勉強した人が見ればすぐに分かる。

第4段階まで行くには相当の年月と勉強時間が必要であり、あれもこれもできることは普通の能力の人にはありえない。私も興味本位でいろいろな占いの勉強はしているが、第4段階までいくことを目標にしているのはインド占星術だけである。エヴァーティンのハーフサムと真勢派の周易くらいは第3段階にまで行きたいと思っているが、それ以上欲張る能力も野心も自惚れもない。古典占星術に興味はあるので時々本を読むくらいのことはする。だが両方やって融合させようなどというのぼせあがった妄想は抱かない。なんで凡人が両方できるというのか。私は飽くまでインド占星術師に徹する。それ以外はそれを補強するための手段に過ぎない。

この記事のリンク | 西洋(古典占星術) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
古典占星術とインド占星術(2)
古典占星術とインド占星術は数ある占術の中で、その複雑さはトップクラスにくるだろう。現代西洋占星術とインド占星術はサインはともかく、惑星、ハウスの象意はかなりちがう。しかし、古典占星術となると共通点が俄然多くなる。両者とも高揚、減衰等惑星のサインにおける位置及び惑星の品位をとても重要視している。古典占星術の本をさかのぼって読むと、古い時代の古典占星術の本ほどインド占星術の象意に近くなってくる。両者はもともとはギリシャ古典占星術の影響を受けているので、当たり前と言えば当たり前だろう。

面白いことにインド占星術の学習者はそうでもないのだが、古典占星術の学習者の中にインド占星術に好意或いは興味を示す人がけっこう多い。両者とも予言中心の占星術だし古い技法を残している点等を考えると、なかなか相性はいいように思う。私も妙な心理主義に堕している現代心理西洋占星術より古典占星術の方に好感がもてる。

だがその複雑さの内容はちがう。まず根本的な違いは、サイデリアル方式とトロピカル方式というハウス分割システムのちがいだ。インド占星術は複眼的視点でホロスコープを分析するしそれに対応する多くの技法が存在する。分割図、ダシャー、ヴァルシャアハラ、ナクシャトラ、ムフルタ等々数え上げればきりがない。一方、西洋占星術の方にはこうした技法は存在しない。古典占星術の中にフェルダリアという中長期予測の技法があるが、太陽と月で使い分けるだけで、その緻密な構成はインド占星術に遠く及ばない。古典占星術の分析の対象は1枚のホラリーチャートだけである。つまり古典占星術は微視的分析を重視している。

エッセンシャルディグニティ
エッセンシャルディグニティの一覧表

しかし一方で、古典占星術は惑星とサインの位置関係及び惑星間のアスペクトやその品位についてはインド占星術にはない精密な定義がある。エッセンシャルディグニティを例にとれば、インド占星術にはトリプリシティ、ターム、フェイスといった細かい所までの定義はない。ミューチュアルリセプションについてもインド占星術での使い方は、定座にある惑星同士の位置交換だけで、古典のように高揚、減衰、タームにまでこの原則を適用していない。アルムーテン、ペルグリンともそれ自体を吉凶と定義はしていない。アクシデンタルディグニティでも、太陽との位置関係を重要視するのはインド占星術では、月の位相とコンバスト、カジミまでなのだが、古典では太陽とすべての惑星の関係もみるし恒星の位置すらも参考にしている。

インド占星術はネイタルチャートが中心なのに対して、古典占星術はホラリー中心だし(もちろん、中世以前の本ではネイタルの見方はある)、片方は分割図を始めネイタルチャート以外も見ていくのに対して、古典占星術はあくまでホラリーチャート或いはネイタルチャートだけで見ていくのでそのそのものの技法は細かくならざるを得ないのだろう。
この記事のリンク | 西洋(古典占星術) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
古典占星術とインド占星術(1)
インド占星術を勉強の傍ら、西洋の古典占星術の本を時々読むことがある。
古典占星術はインド占星術とよく似た所があるというのが実感である。
プロジェクトハインドサイトと言って、ラテン語やアラビア語で書かれた占星術文献を英語に翻訳しようとする試みがある。それによってギリシャ古典占星術がどのようなものであったか知ろうとする計画である。その活動に従事しているある研究者もインド占星術と古代の占星術はお互いによく似ていると書いている。

外惑星を使用しない、惑星の高揚減衰等のdignityを重視する、惑星の特定の度数に特別の意味をもたせる、ハウス展開の技法、アスペクトは惑星間ではなくハウス間で成立する、特殊な状態のコンビネーションの存在、ダシャーに対してフリダリアと言う技法が存在した(どういわけか近世で消滅してしまったが)等々、もし古典占星術がサイデリアル方式を捨てていなければかなりの類似性があると思われる。インド占星術のシャドバラやアシュタカバルガ、古典のエッセンシャルディグニティのように視点は違っても惑星の強さを点数化する所も似ている。大きな違いはインド占星術がナクシャトラとヨガを用い、古典占星術がアラビックパーツを使用する点だろう。

メソポタミアのカルデアに源流をもつ占星術は、ヘレニズム時代にギリシャにわたりそこでハウスシステム等の論理化が行われた。一方、インドにはナクシャトラ(月の星宿)という占いが存在し、ギリシャ古典占星術がインドに伝わり両者が数百年の歳月を経て融合化されてできたのがインド占星術である。そういう意味では異母兄弟のようなもので、似ているのが当たり前である。インド占星術の古典の一つである「Yavanajataka」はギリシャ占星術テキストを紀元150年頃にサンスクリット語に翻訳したものと言われている。 もっとも、実際の鑑定法はまったくちがうが。

技法も似ているが何よりも占星術に対する姿勢が真摯でクールである。ミーハー的な開運法など脇に置いて、ただひたすら予測の精度を上げるべく研究する。世の中全体が、そして占いの世界でも軽くて安直なものがもてはやされる中でこの2つの占術だけは、世の中のそんな風潮に背を向けるかのごとく超然としている。そんな点も実によく似ている。

essential dignity
essential dignityの表

私は最初は、古典主義者の偏狭な所が嫌いであった。今でも好きではない。自分の好き嫌いは別にして、いろいろなタイプの占星術があっていいと思う。しかし、自分がまともにリーディングができないことの言い訳に「当てるだけが占いではない」等とうそぶく輩よりははるかにいい。占いは当たってこそなんぼのものであって、カウンセリングでも精神分析でもなんでもない。外国では心理占星術を専らにやる人でもまともなリーディングはできる。霊能、まじない、根拠のない風水グッズ&宝石売り、遊び半分の占いコンテンツ、くだらない占い本、やらせの占い番組等々、あまりにも占術業界は乱れている。そんな実態を知るにつれて、占いに対するクールでひたむきな姿勢を保持している古典派に段々好感を持つようになった。もちろんモダンはモダンで優れた技法があることは言うまでもない。

この記事のリンク | 西洋(古典占星術) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/1PAGES |