Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
松居一代と船越英一郎の相性〜2-12関係〜

松居一代と船越英一郎が現在離婚調停中だそうである。私個人は芸能人のプライバシーにはまるっきり興味がないが、芸能人の報道の中でこれは誰の目から見ても真実という事柄は占星術的に興味がある。さる天竺の大先生の仰る通り、有名人芸能人に報道されない闇の部分があることは事実だ。だから出生時間が不正確な場合、そのチャートを扱うことすらふさわしくないと言っている。しかしながらさりながら、ある面は大衆に対して白日の下に晒される面がある事も事実だと思う。プライバシーがミエミエになる有名人はつらいものだとも思う。従ってそれは限定的範囲であれば占星術の研究にも当然役立つたとえ入門初級レベルであろうと検証できるということが大切だと思う。その積み重ねを馬鹿にしてはいけない。これを時刻修正していろいろ微妙に入り細にいり分析するやり方ももちろんあるが、下手にやるとくたびれもうけに終わることも多い。この点に関しては、かの天竺の大先生及びそれを信奉する方々とは私は違う見解をもつ。大先生だから盲目的に従う必要はない。思想言論は自由である。

さて松居一代は、Newsポストセブンの記事などによるとその不可解なブログと突然のYoutubeアップで、近年マスコミで話題になっている。私もちょっと見て見たが、正直言って何が言いたいのかよく分からない。松居一代を船越英一郎が実際のところどういう夫婦関係なのかそれこそ闇の中で知る由もないし、興味もない。ただ言えることは、これに対して船越英一郎が疲れ果てているという報道があることは頷ける。これでは嫌気がさすだろうなと思う。

松居一代

松居一代のホロスコープ(生時はお昼の12時に設定)

船越英一郎

船越英一郎のホロスコープ(生時はお昼の12時に設定)

この2人の惑星配置をみると、生時不明なのでASの比較はしないが、月、太陽、金星という相性に関わる主要惑星がすべて2−12関係にある。2室は利益を表し12室は損失を表すので、この2人は松居一代にとって一方的に有利な相性である。これでは船越英一郎は結婚生活で圧迫感を感じて離婚もしたくなるだろうと思う。松居一代の火星は以外にも減衰しているので、なかなか言いたい本音が言えなくてストレスがたまっていること、それを主張する為にメディアの力を借りないとできないことも推測できる。

この記事のリンク | インド(相性) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
相性の研究(2)〜モロゾフと安藤美姫〜
そのニコライ氏だが、安藤美姫選手との結婚が噂に上ったことがある。これについては、フジテレビの朝の生活情報番組「ノンストップ!」の2012年10月26日付の放送で詳細が明らかになった。彼女の元専属コーチのモロゾフ氏は、2人が結婚も見据えた恋愛関係にあったことを述べている。ニコライ氏はインタビューの中で「彼女とは結婚も考えていた」と衝撃発言をしただけでなく、「昨年夏ごろ、突然、彼女のほうから別れを切り出され、困惑した」と感想を述べている。この二人の相性関係についてみてみよう。

ニコライモロゾフ
 
 
ニコライモロゾフのホロスコープ(お昼の12時に設定)

安藤美姫
安藤美姫のホロスコープ(お昼の12時に設定)

ニコライモロゾフ氏のホロスコープは前回述べた通りだが、安藤美姫のホロスコープはどうであろうか。生時は不明なので、ハウスは無視する。彼女が夜遅くに生まれていたら蠍座になるが、そうでない限りは天秤座に来るとみてよい。

太陽と木星は同じ星座にあるので、師弟関係という意味ではよい相性にあるだろう。しかし、安藤美姫はグルチャンダラヨガを持っているので、必ずしも師の意思に沿った行動はしない。チャンドラマンガラヨガがあるのでより独立的に行動する。

火星/月コンジャンクションなので、行動力があるが心が極端に動き切れやすい面がある。2人の月の位置関係は6−8関係である。これは相互に惹かれあうものはあるが、行き違いにより決裂しやすいことを意味する。実際に、安藤美姫は2人の恋愛関係をいったん解消し改めて師弟関係としてコーチを再び依頼したそうだが、今度はモロゾフ氏のほうから断られている。漫才師等で離婚後もコンビを続けているカップルもあるが、そのようなケースは例外で、普通の人間はそうそう個人的感情と仕事とを切り分けられるものではないだろう。それが割り切れるくらいなら、世の中から依怙贔屓、身びいき、過度の寵愛等という愚かな人間行動はなくなる。

彼女は太陽と土星がタイトにコンジャンクションしているので、大変に真面目な女性である。両側に水星、金星の吉星があるので仕事についても真面目に考える人である。だから、恋愛は恋愛、仕事は仕事と割り切って考えようとしたのであろうが、モロゾフ氏もプライドがあるだろう。そこが誤算と行き違いを生んだのだ。

2人とも結婚運はあまりよくない。太陽は2人ともガンダータの位置にある。安藤美姫の金星はニガラドレッカナの位置にある。前述のようにグルチャンダラヨガをもっているので必ずしも師の意思に沿った行動はとらない。そしてとかく走り過ぎのチャンドラマンガラヨガがある。

師弟関係としてよいが、恋愛・結婚関係では行き違いの多い相性と言えるだろう。
この記事のリンク | インド(相性) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
相性の研究(1)〜レストラン経営の夫婦〜
 占星術での相性の研究はなかなか面白い。相性というのは恋人や夫婦間だけでなく、友人、上司と部下、先生と生徒、コーチと選手、チームスポーツのペア、政治家や経営者のコンビ等々いろいろの分野に適用される。いろいろな人間模様を見ていると、牡羊座と射手座は相性がよいとか太陽が2−11関係にあるから相性が悪いとかいうような一般的なパターンで見ていってもあまり当たらない。相性という名の人間関係はもう実際はもう少し複雑な展開をしている。

レストラン経営者妻レストラン経営者夫
  
  レストラン共同経営者(夫)      レストラン共同経営者(妻)

上図は、レストランを2人で共同経営している夫婦のホロスコープである。二人ともラグナは蟹座にあり夫は蟹座に惑星集中、妻は飲食の2室に月があり、レストラン経営、飲食店経営には2人とも向いている。太陽は夫は蟹座、妻は山羊座にあって1−7関係なので仕事上の相棒としては申し分ない。

夫は妻のことを非常に頼りに思っているが、妻の方は夫の家族からさんざんいじめられ、夫のことも感情的で自分勝手と罵っている。夫の7室には月があり彼自身は妻を大切に思う気持ちはある。ところが妻のホロスコープでは配偶者の7室からみた4室に減衰の土星とケートゥが入っている。夫の家族と折り合いが悪い道理である。結婚の幸福をみる8室には、ラーフがアスペクトし火星と太陽に挟まれたパーパカルタリの状態になっている。8室ロードの土星は減衰している。これでは結婚生活における幸福は得られない。夫の7室の月と1室の土星とで星座交換しているが、月と土星の星座交換はある意味で危険である。

個人的関係ではこのように危うい関係であるが、仕事上の相性がよいので離婚には至っていない。相性関係は一口にまとめないで個別に分けてみていくべきである。

この記事のリンク | インド(相性) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
バドミントンコンビ〜潮田玲子と池田信太郎〜
昨年の北京オリンピックでは、小椋久美子選手と潮田玲子選手のコンビ、通称「オグシオ」コンビが活躍し準々決勝まで行った。テレビ等で観戦していてなかなかいいコンビだなと思っていたら、コンビを解消するということだった。理由は潮田選手が引退したいということだった。ところが一転して、潮田玲子は池田信太郎選手と今度は男女ペアを組むことになった。どうなってるんだと思わないこともないので、この二人のコンビの相性をみてみたい。

ところで相性というのは男女の中に限ったことではない。政治家や実業家のコンビ、上司と部下、同性の友人、教師と生徒、コーチと選手、スポーツのペアコンビ、音楽バンド等々、多岐にわたって「相性」が大事になってくる。

潮田怜子
潮田玲子選手のホロスコープ

まず潮田選手のホロスコープをみてみよう。太陽ラグナでみると、2室天秤座に高揚の土星がある。これは美人の要件になる。ご存じの通り潮田選手は、2009年7月8日、競技引退後に志望するスポーツキャスター活動支援のため、多数の女子アナウンサーを擁する芸能事務所の「セントフォース」と契約、競技以外のマネジメントを同社に委託したことが明らかになった。しかし現役中はあくまで競技活動優先ということである。

テレビでの試合やインタビューで見る限り、スポーツ選手としては確かに美人である。2室には、言葉とかスピーチの象意があるので、コメンテーターの適性がある。月は10室にあるので人気者になる素質は十分である。土星の高揚は粘り強い気性を物語り、火星は蠍座にアスペクトバックしているので、目標を定めた時の集中力は抜群である。しかし、同時に月はケマドルマであり双子座の風のサインにある。火星、土星のアスペクトもないので長くハードトレーニングに励む気持ちは希薄である。だから一度は引退しようと考えたのだろう。彼女の木星はケートゥとコンジャンクトして火星から4番目のアスペクトを受けている。これはグルチャンダラヨガの一種になるので、潮田選手が小椋選手を何らかの形で傷つけている形になる。彼女の火星と水星はともに12室にあり、ちょっとした口論があったと思われる。12室なので怒りをストレートにぶつけるタイプではないので、なんとかコンビは表面上は仲良くやれたのだろう。

一方の池田選手はどうだろうか?火星は高揚し同時に牡羊座にアスペクトバックしているので非常に勝負強い。この点は、潮田選手と同じである。この他にも、木星のアスペクトバック、金星のアスペクトバック、水星のアスペクトバックと非常に運の強いチャートである。かなり強運なので、主要なゲームでの意外な好成績が期待できる。

池田
池田信太郎選手のホロスコープ

2人の相性をみてみると、太陽、金星ともに4ー10関係になっている。月は3−11関係である。この関係だと池田選手が潮田選手を積極的にリードしていけばうまくいく関係である。潮田選手に対するのカバーの態勢がうまく取れれば好成績が期待できる。しかし、二人とも金星が隠れ恋愛系なので表立っての派手さは期待できない。
この記事のリンク | インド(相性) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
高橋尚子と小出監督〜選手とコーチの相性〜

相性が大切なのは男女の仲だけではない。政治家、実業家のコンビネーションこそ重要である。理念家の毛沢東は実務家の周恩来がいて中国革命を遂行できた。優秀な機械屋であった本田宗一郎は藤沢武夫という営業専務がいてこそ事業がなりたったのである。テニスやフィギュアのペア、歌い手と伴奏者等よきコンビネーションが重要となる。監督・コーチと選手の相性も又重要である。

シドニーオリンピックの女子マラソン金メダリスト高橋尚子と小出義雄監督の相性を見てみよう。彼女は2008年10月28日に現役選手を引退した。

高橋尚子D1
高橋尚子のホロスコープ

高橋尚子のホロスコープの大きな特徴は山羊座の第1室にある。土星支配の山羊座に月とラーフが在住し、4、11室支配で6室のウパチャヤ凶星の火星が8番目のアスペクトをかけている。安定した持続力を要求される分野の優秀なアスリートとしての資質が読み取れる。火星が自分自身や身体を示す第1室に8番目のアスペクトをかけてくる時、過剰なトレーニングで肉体を酷使し自ら体調を崩す弱点が表れる。実際に、彼女は大試合を前にして体調の調整に失敗してコンデションを崩したり、足の肉刺を潰すアクシデントや肋骨の疲労骨折、肉離れ等をよく起こしている。12室にある木星が彼女の8室支配で4室在住の太陽にアスペクトしている。ヴィーパリィタ化しやすい関係である。

小出義雄
小出義雄監督のホロスコープ

一方、小出監督のホロスコープの特徴は、水のサイン魚座にある。魚座には太陽ラグナからみて9,12室支配で定座の木星、10,11室支配の土星が在住する。ラージャヨガ、ダーナヨガを作っている。強力な魚座である。しかし水星は減衰している。選手相手に論理的な説明をするのは苦手である。それかあらぬか彼は豪放磊落な性格の反面、無口な人であり、理屈よりも選手を「ほめて育てる」という動機づけを重視した方法を取っている。こうしたやり方は、女子選手育成に卓越した手腕を発揮し、有森裕子、五十嵐美紀、吉田直美、五十嵐美紀、吉田直美、志水見千子、鈴木博美、 高橋尚子、千葉真子を育てている。まさにミュータブルサイン&水のサインで、強い情緒性を持つ魚座の特徴を生かしている。

二人の太陽はともに牡羊座で高揚している。スポーツという平和裏の戦いで、強い目的意識を共有できる間柄である。小事に拘泥しない豪放磊落な気質はここに由来する。高橋尚子の火星は第1室に8番目のアスペクトをかける機能的凶星である。小出監督の土星は彼女の火星に4番目のアスペクトをかけ、火星の暴走を抑制している。小出監督は彼女が過剰トレーニングでコンディションの調整に失敗しそうになるとストップをかけた。いつも最良のコンディションで試合に臨める態勢に彼女をもっていったのは小出監督の功積と言ってよい。

高橋尚子も小出監督もともに水星が減衰している。二人の間にコミュニケーションの齟齬があったことがうかがえる。高橋尚子にとっては水星は3室になるので、小出監督とのコンビは不安定なものである。二人の月の位置関係は2-12関係となっていて利害得失の衝突が生じる間柄である。コンビを解消して後、小出監督からの抑制力を失った高橋尚子は体調の調整に失敗し続け勝てなくなったのである。

この記事のリンク | インド(相性) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/1PAGES |