Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
エリザベス女王とシャスティアムシャ(第60分割図)

インド占星術書籍の分割図の箇所をみるとシャスティアムシャ(第60分割図)のウエイトが高い。16の分割図を使用するショダシヴァルガでは、ラーシが3.5、ナヴァムシャが3であるのに対して、シャスティアムシャには4の得点を配している。シャスティアムシャは重要としながらも生時が正確でないと使えない事、そのようなチャートはなかなか得ることができないとも書かれている。私自身の経験でも、シャスティアムシャまで使えるチャートというのはそう多くない。またそれが特定人物の全体をみていく事ができるとはしているが、詳しい見方は今一つ分からない。従って、いくら重要と言われても、実際に使えないのでは「宝の持ち腐れ」的な感がする。

誕生時間が正確で使えそうなチャートの一つは日本の皇室やイギリスの王室の人達である。そこでラオ本他でよく紹介されているエリザベス鏡い離船磧璽箸鬚澆討澆拭

エリザベス鏡

   エリザベス鏡

エリザベス鏡い離蕁璽轡船磧璽箸寮睫世蓮△垢任砲い蹐い蹐碧椶暴颪れているのでここでは省略する。一つだけ面白いことに気が付いたのでそれを書く。私が今のイギリスの王室で一番記憶にある事は、ダイアナ妃の事故死とその後のチャールズ皇太子がカミラ夫人と再婚したことである。イギリスの王室はこれでどうなるかなと思ったものである。エリザベス鏡い魯丱鵐しているとはいえ子供を表す木星は減衰している。山羊座からみた5室からハウス展開して見た7室に逆行土星がある。9室からみた7室には水星が減衰している。息子及びその配偶者の運には恵まれないし今までの伝統は破壊されたと読める。

エリザベス鏡ぃ60

 シャスティアムシャ(第60分割図)

そしてシャスティアムシャであるが、10室にグルチャンダラヨガあり火星や太陽の凶星がアスペクトしている。女王の生涯ではラーシの分析で挙げた「王室の伝統の危機」が確かに起こっている。ただし配置のよいガージャケサリヨガがあり、ラーフ、ケートゥの位置もよいので、王室の伝統そのものは保たれているし、ダイアナ妃の息子達も成長している。こんなふうに読めばいいのかな思う次第である。

この記事のリンク | インド(分割図) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
シャスティアムシャ(60分割図)について
分割図について解説される時、ショダシュヴァルガといって16種類の分割図がよく使用される。その中でシャスティアムシャという60分割図の重要性がよく指摘される。しかし、よほど生まれた時間が絞り込まれていない限り、実際に使用するのはまず不可能とも言われている。

60分割図とは要するに、ラーシチャートなら30度で1サイン移動するが、それを60分割すると0.5度つまり30分違うだけで惑星の位置が違う。それだけで、隣のサインに移ってしまう。アセンダントは約4分で1度動き、月は約2時間で1度動くので、少なくとも2分位の範囲でないと60分割図ではラグナは決められない。はどうかというと特定推定時間の誤差を1時間以内まで絞りきれれば何とか使えるかもしれない。生時不明で仮にお昼の12時でラーシチャートを作成した場合、太陽、水星、金星のサインの位置はもちろん移動する。火星もまた微妙で、ラーシチャートの位置によって移動したり動かなかったりする。固定して使えるのは土星、木星、ラーフ、ケートゥである。土星の公転期間は29.53年、木星の公転期間は11.86年、ラーフ、ケートゥは常に正反対に位置していて、約19年で天空を一周する。それなら少々日時がずれたところで影響はない。もし土星、木星、ラーフ、ケートゥがラーシや他の分割図で重要な役割を果たしていれば、駄目押しの一打で使えるかもしれないという程度にはなる。でもそんな程度なら生時不明の不正確なチャートはそこまで無理して使うなということになるのだろう。因みに11月13日に書いた上野千鶴子氏を例にとってみる。

 上野千鶴子のD60の変化例
上野千鶴子D60午前1時
    午前1時の場合

上野千鶴子60分割図
   お昼の12時の場合

上野千鶴子D60午後23時
   午後11時の場合

この時間による変化をみると、As、太陽、月、火星、水星は移動している。動きの速い筈の金星は不思議なことに移動していない。
ずっと逆行減衰の位置にある。これは使えないかなと思うがどうだろうか。木星、土星、ラーフ、ケートゥの位置は変わらない。金星が減衰しそこに土星がアスペクトしている。彼女自身がそう言っているように、男女交際の機会に恵まれない時代に青春を過ごした婚期を逸したことが、深いトラウマになっているのだろう。おまけに火星は移動しているので時間によって移動するが、ラーフの位置は変わらない。ラーフの在住する牡羊座の支配星は火星なのでやはりある種の過激性を彼女に与えていることは変わらない。男女不平等社会に対する強い憤りとして出ているのだろう。ただ、月と金星の位置関係は時間によって変わるのでその激しさ、穏やかさに程度の差がでることは確かだ。実際の彼女をみていると午前1時生まれが一番ふさわしいように個人的には思う。
この記事のリンク | インド(分割図) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
アグネスチャンをめぐる毀誉褒貶
アグネスチャンについては実に毀誉褒貶が多い。彼女は日本ユニセフ協会の大使を務め、発展途上国の子供達を間接的に助けている。また児童ポルノの禁止を強く訴えている。その彼女をかばう人は多い。しかし一方で、日本ユニセフ協会は国連のユニセフとは無縁の団体でありしばしばその胡散臭さが指摘されている。あくまで参考意見として下記のサイトがある。
日本ユニセフ協会の正体

黒柳徹子は国際機関ユニセフの「ユニセフ親善大使」であり アグネス・チャンは「財団法人日本ユニセフ協会大使」である。とても紛らわしいが、国連と直接関係あるのは黒柳徹子のユニセフ親善大使の方である。日本ユニセフ協会については集めた寄付金の内かなりの金額が使途不明金となっていることがよく指摘されている。又、アグネス自身は豪邸に住み、貧しき者を助ける立場にありながらと憤る人も少なくない。先日彼女に対して殺人予告をして逮捕された中学生もそのことに対して非常に腹が立ったと言っている。これもあくまで参考意見として下記のサイトがある。
アグネスチャンと慈善ビジネス

しかし、その彼を責めないようにかばうやさしい気質も又彼女の一面であり、非常に矛盾したものがある。そうした場合、ホロスコープはどのように出るものなのか興味が湧いた。

アグネスチャン
アグネスチャンのホロスコープ(お昼の12時に設定)

生時不明の為ハウスと月を無視してみてみる。まず太陽は定座にある。ナヴァムシャでは高揚しているので権力者からの引立てを受ける。日本ユニセフ協会の大使も政治家とのつながりでなったものだし、温家宝前首相を始め中国の要人ともつながりあるという話である。その太陽からみると木星は12室で高揚し、海外での慈善活動を行うカルマがある。そこの高揚の土星がアスペクトしているので12室を更に活性化させる。しかし蟹座の木星、金星は敵対関係であり度数もサルパドレッカナの位置にあり感心しない。やはりその活動には胡散臭いものが感じられる。

アグネスチャンD9
ナヴァムシャチャート

こういう複雑矛盾した人というのは分割図を見ていくと非常によく浮き彫りにされる。ナヴァムシャチャートでは木星はガージャケサリヨガではあるが逆に減衰している。一見、徳のある慈善行為をすることも事実であるが、ナヴァムシャで減衰しているとなると、木星の徳はしばしば失われる。土星も減衰していてそこに高揚の太陽が絡む。貧民層相手の権威ある存在であると同時に土星を食い物にしている。更に、火星やラーフ等の凶星等も絡むとなると、きな臭さは否定できない。彼女はもう60歳なので当然ナヴァムシャは強く活性化している。彼女への誹謗中傷は当然強まるであろう。ただ、水星、金星は強い位置にあるので失脚すところまではいかないが、かなり評判を落とすことは避けられないだろう。
この記事のリンク | インド(分割図) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
人生を2度生きた男達、或いは女達
 「人生を2度生きた男達」というタイトルをもつ何冊かの本がある。2度生きたというのは一度死んで生き返ったという意味ではなく、人生の前半と後半とでかなり違う生き方をした人達という意味である。

その代表は勝海舟、榎本武脇のような人達であろう。幕府の重臣という前半生でありながら後半生は明治政府の高官として生涯を送った。明治になってから福澤諭吉は彼等に対して、「やせ我慢の説」という公開質問状を提出し、その変節漢ぶりを激しく非難したことがある。まあ、これは福澤の勝、榎本への個人的感情であるからここではあえて話題にはしない。

しかし世の中には好むと好まざるとにかかわらずこうした生き方をした人達は大勢いる。若い時はヤクザであったのが、一変改心して貧民救済に後半生を捧げた人、政治世界の醜い権力争いに嫌気がさして宗教家になった人、若い時は奔放淫乱な生活を送り後に出家して慎ましい尼僧の暮らしに入った人等々さまざまである。もちろんその逆の人生を歩む人もいる。華々しいスター人生を送った人が、後半生は零落してその日暮らしをするケースもある。深窓の令嬢で育った筈が、後半生はやり手の女社長になったなんて人もいる。そのような人生は、第3者の目から見れば不可解であるが、本人の立場で考えれば、そうせざるを得なかったのだろう。何か深いカルマで継っている人生を感じざるをえない。

そんな生き方をした人達はどんなホロスコープをしているのだろうかと、占星術家は当然興味をもつ。普通、占星術的にそのような生き方をした人には、2つの推測が成り立つ。ひとつはダシャーの切り替わりでまったく違った配置になるケースである。もう一つは、ラーシチャートとナヴァムシャチャートがまったく違う場合である。普通ラーシとナヴァムシャが違う人は不安定な人生を歩むとされている。ある意味で確かにそうであるが、こういう人生の前半と後半の生き方が著しく違う人達にもこうした特徴がしばしばみられる。

エリザベステイラー   
       エリザベステイラーD9


     ラーシチャート        ナヴァムシャチャート
     
これはある人物のラーシチャートとナヴァムシャチャートを並べてみたものだが、木星の位置がまったくちがう。ラーシチャートでは木星は高揚しているが、ナヴァムシャでは減衰している。しかもどちらも逆行している。この人の人生をみるとやはりこうした矛盾がみられる。人生を2度生きたというほどではないが、どちらかというと波乱万丈の生涯である。本来真面目な性格の人だがその真面目さを一貫して貫き通せない弱さ、脆さがある。本人は誠実な生き方をしているつもりでも、世間からはあばずれ女のように思われている。この人に対する世間の評価は毀誉褒貶が激しい。ラーシの特徴がナヴァムシャで示されないからといって必ずしもひどい人生を歩むわけではないが、一見他人からは理解しがたい人生を歩む傾向は確かに見られる。

これは個人的な私見であるが、私はこういう生き方をした人達は、不安定な人生であったかもしれないが、必ずしも不幸な人生であったとは思わない。精神的には豊穣な生き方を経験していると思う。カルマの精算という意味では意義ある人生だろう。
この記事のリンク | インド(分割図) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
第3分割図(ドレッカナチャート)〜兄弟運〜
 第3分割図は「兄弟運」を表すと古典には書かれている。兄弟で活躍してしかもその兄弟のホロスコープともなかなか分かる人は少ないので検証しにくいが、手元にあるいくつかの兄弟ファイルをみると
なるほどと思う例にがいくつかある。

浅田舞
偉大な妹をもつ人のホロスコープ

これは本人も有名人で活躍している人であるが、それ以上に妹が国際的に活躍している人のホロスコープである。モデルをやるだけあって2室の金星、獅子座5室の月がめだつ。弟妹をあらわす3室に定座の水星があり、ここに火星と土星がアスペクトしている。因みに妹はスポーツの世界で活躍している人である。これだけでは特に特徴があるとは言えない。

浅田舞D3
第3分割図

ところが第3分割図(ドレッカナチャート)をみるとなるほどと思う。第3室に土星がアスペクトバックし月もアスペクトしている。それから3室支配の土星と5室支配魚座の火星、6室牡牛座の木星がすべて乙女座第10室にッスペクトしている。10室支配の水星は11室にある。これではスポーツ選手として優れる妹をもつことになるだろうと思う。
この記事のリンク | インド(分割図) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
ジョン・マケインのショダシャムシャー(16分割図)
分割図は西洋占星術にはないインド占星術独特の技法である。上手に使うと、結婚、職業等具体的なテーマに対して具体的な答えを用意してくれる。以下のチャートは昨年、米大統領選で負けたジョンマケイン氏のホロスコープの話である。彼のホロスコープは「火星の減衰の働き」と「ショダシャムシャー(16分割図)」の研究のよいケースである。

火星が減衰すると普通は、運動神経が鈍くなるのでスポーツ選手や運転手等には不向きである。そして怪我をしやすく手術等のよく受ける。だが、その減衰火星がバンガされると話は別である。というか、火星の弱さはそのまま残るのであるが、極めて屈折した出方をする。

ジョンマケイン
ジョンマケインのホロスコープ

減衰火星がバンガされるので、火星はそれなりに活性化するのであるが、やはり火星の弱さは残るのである。ジョンマケインはボクサーを志すが力量不足で諦めている。又、海軍軍人としてパイロットになるが、彼の運転技術不足から或いは火星的な運の見放されて何回も墜落遭難の危機にあっている。だがそこに彼の第16分割図が実に不思議な役割を果たしている。

マケイン16分割図
ジョンマケインのショダシャムシャー(16分割図)

乗り物運を示す彼の16分割図は、木星高揚、土星高揚、金星アスペクトバック、太陽アスペクトバックと非常に強力である。以下に示すような事故を何回も起こしながら、無事生きながらえた運の力の源泉である。

彼の経歴をウィキペデイアでみると、ホロスコープが示す傾向そのものあることが分かる。

1 マケインは当時、短気で乱暴な運転をする若者であった 。
2 ライト級のボクサーとして3年間戦い、技術面で欠けていたも 
  のの、恐れを知らず、「後退ギアを 持たない」ことで知られ
  ていた

3 マケインは卒業後に海軍少尉に任命され、2年半の間フロリダ州
  とテキサス州で[13] A-1 [14]のパイロットとしての訓練を受
  けた。
4 彼にはマニュアルを勉強する忍耐力がなく、平均より下のパイ
  ロットであった。
5 テキサスでの演習中に墜落したこともあったが、大きな怪我を
  せずに逃げることが出来たなかった。
6 スペイン上空を低く飛行しすぎ、送電線に激突するも無傷だっ
  たという出来事もあった。
7 1965年秋にはヴァージニア州ノーフォーク付近を飛行中に乗っ
  ていた飛行機がまたもや墜落し、無事に脱出するという出来
  事があった

8 マケインは、1967年7月29日に起きた出来事で危うく死ぬとこ
  ろであった。
9 1967年10月26日、マケインはハノイの火力発電所の攻撃に参加
  した。マケインの乗ったA-4 はS-75によって撃ち落とされた。
  マケインは両腕を骨折し、航空機から脱出の際に足にも怪我
を負った。パラシュートで脱出したものの、Truc Bach Lake に
  落ち、あやうく溺れるところであった 。

このように、ラーシチャートの示す傾向と分割図の示す内容は、相互に絡んで面白い出方をするものであることが分かる。
この記事のリンク | インド(分割図) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
分割図について(1)
ラーシチャート
ラーシチャート
インド占星術の特徴の一つに分割図の存在がある。ラーシチャート(出生図)をもとに、1ハウス=30度をいくつかの数で割り分割図を導き出す。導き出されたチャートはヴァルガ・クンダリー(分割図)と呼ばれる。第9分割図とは30÷9=3.20となり、一つのハウスが3.20度で構成されるチャートである。これを牡羊のサインから順に3.20度を一区切りとして各サインに割り振っていく。従って、高次元の分割図はよほど生まれた時間が正確に分かっていないと、理論的には可能でも実際の鑑定では使用に堪えない。

第9分割図
第9分割図(ナヴァムシャ)
主な分割図に、第3分割図のドレッカナ、第9分割図のナヴァムシャ、第10分割図のダシャムシャ等々10種類位の分割図が鑑定の際に使用される。分析の仕方はラーシチャートでも分割図でも基本的に同じである。但し、ラーシチャートは人生全般や総合運を見る為に使用するが、分割図は、健康、財運、子供、恋愛、結婚、職業等々特定のテーマについてのみ限定的に使用される。

西洋占星術のハーモニックス(調波図)はジョン・アディがインド占星術の第9分割図であるナヴァムシャをヒントにして開発されたと言われている。但し西洋占星術はトロピカル方式のもとで使われているが、インド占星術ではサイデリアル方式の下で使用されている。つまりこの2つはまったく異なった使われ方をしている。占星術の世界ではよくトロピカル方式かサイデリアル方式かという議論がなされるが、ハウスシステムとしてどちらがよく機能するかということに限定すればサイデリアル方式に軍配を上げざるを得ない。個人の好みの問題ではない。これは西洋占星術の否定ではない。西洋占星術でも順を追って分析していけばもちろん当たる。ただハウスシステムだけはどうも曖昧な点が残ると感じているだけである。

それにアディの開発したハーモニックスは、まだ完成された技法ではない。未完成な段階にあるので、高次元の調波図をアディーの考え方を離れて無原則に組み合わせるようなデフォルメが横行していたりもしている。そのような意味でまだ高いレベルで活用できる段階には至っていない。それに比べるとインド占星術の分割図はジョン・アディが開発したハーモニクスに比べると、古い伝統もあり理論的裏づけがしっかりしているので、鑑定に際してはるかに実用性が高い。実際に、人生の各分野について詳細に検討する際に欠かせない役割を果たしている。

ラーシチャートで示される内容と各分割図で示される内容に基本的に矛盾がある時、あくまでラーシチャートの方を優先する。例えばラーシチャートで恋愛・結婚運がないと判断された場合、その意味はどこまでも活きてくる。恋愛・結婚を見ていくナヴァムシャがよくてもその人の恋愛・結婚運がよいとは見ない。どのような具体的内容で全体としての恋愛・結婚運が悪いのか、但し、ある部分ではどのような形でよき恋愛・結婚運が展開されるのかを見る。例えば生涯異性運がない人が、晩年になってやっとパートナーが見つかったというような場合、ラーシチャートでは恋愛・結婚運はないが 、ナヴァムシャではよき恋愛・結婚運を示したりする形で表示されるのである。

この記事のリンク | インド(分割図) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/1PAGES |