Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
山尾志桜里とハーフサム〜誤診軸〜

民進党の山尾志桜里が弁護士倉持麟太郎氏(過去の活動履歴から共産党系と言われている。しかも皮肉なことに専門は離婚問題とのことである)との不倫疑惑を9月7日付の週刊文春に暴露されて、民進党の離党に追い込まれた。彼女の生まれた時間は不明だが,西洋占星術ではプログレスとトランジットハーフサムで現状の説明は可能である。

山尾志桜里プログレストランジット

  2017年9月7日の3重円チャート(生時不明)(SG使用)

上記は生時をお昼の12時に設定した3重円である。従って、ハウスは見ていけないがアスペクトの配置はみていける。太陽プログレスをみるとなかなか良い配置である。太陽プログレスは土星、水星とセクスタイルである。全体のチャートをみてもソフトアスペクトが多くこれだけをみると政治的失脚ということは考えられない。そこでだからモダンの西洋占星術は当たらないとか、ソフトアスペクトだから吉事とは限らないと一部の人達は言うのだろう。でもそういう見方はちょっと浅すぎる見方である。仕事を示すMCプログレスは仕事仲間のドラゴンヘッドとはスクエアになる。これがほぼ1度のオーブでかなり強く作用すると思われる。彼女を幹事長の要職につけることに反対の勢力が党内あったことはこの配置で十分考えられる。太陽プログレスとMCプログレスの配置には明らかに矛盾がある。こういう場合はどうみていけばよいだろう。だから西洋占星術は曖昧なのだとインド占星術のみをやる人はいう。そういう面は確かにあるが、ここでモダンの西洋占星術は奥の手を使うことができる。ハーフサムの状況をみていくとよい。

太陽プログレス

プログレスハーフサムの太陽配置

天王星、海王星トランジット

トランジットハーフサムの海王星、天王星配置

誤診軸、業病軸

ネイタルハーフサムの配置

彼女の太陽ハーフサムは27度にある。そして海王星、天王星の外惑星も27度、28度の位置にきている。そしてネイタルハーフサムの27度28度には判断ミスを示す「誤診軸」と社会常識の欠如を示す、通称「業病軸」がきている。つまりプログレスもトランジットも悪い軸にコンタクトしている。こういう風にネイタルチャートがよくてハーフサムがよくない場合、ハーフサムの示す状況の方が強く出ることが多い。

こうした場合、ネイタルチャートが示すソフトアスペクトの多さはむしろ油断、ゆるみとして足元をすくわれる結果となって出てくる。ソフトアスペクトがいいハードアスペクトが悪いと決めつけることも、その逆にだからソフトもハードも何でありみたいな極端な使い方も間違いである。それでもソフトやハードの古典的原則は厳然としてはたらく。ただ表面的な機能ばかりでなく、アスペクトのはたらく本質をよく見極めなければならない。山尾志桜里は幹事長人事がほぼ内定していながら、8月28日、31日、9月2日とお泊り不倫を繰り返し、それが文春の取材陣に見事に把握されていた。明らかに彼女の気の緩み、油断、マスコミ取材や政敵の動きを甘く見た結果である

この記事のリンク | 西洋(ハーフサム) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
石川佳純の混合ダブルスの優勝

石川佳純、吉村真晴のペアがドゥッセルドルフの世界選手権でニホンチームとして48年ぶりの優勝を成し遂げた。快挙である。さっそくホロスコープを見てみたくなったが、2人とも時間が分からないのでとりあえず石川佳純の方だけ西洋占星術でとりあえず見てみた。とりあえずと断ったが、作成してみると主要な特徴は確認できているように思う。

石川佳純

      石川ペアの優勝時の3重円(SG使用)

スポーツイベント時の特徴であるが、よい成績を収めた時は必ずソフトアスペクトだけでなく必ずハードアスペクトが入っている。それだけ精神の緊張やストレスが強い瞬間なのでそういう形出るのだろう。心を表す月のプログレスはトライン、変化への対応力を表す天王星トランジットもセクスタイルでなるほどと肯ける。一方、火星プログレスは木星とスクエアであり木星のゆるい要素が火星との緊張関係によってむしろ抑制されてくる。緻密ながめつい取り組み姿勢がむしろ出ているとみてよい。(誤解なきようあえて書くが、だからと言って通常のイベントまでハードアスペクトの適用を広げるべきではない。)ハーフサムもなるほどという出方をしている。

協調軸

 ネイタルハーフサム

彼女のネイタルハーフサムの木星/ドラゴンヘッド=火星t、つまり火星トランジットがコンタクトしており、この瞬間におけるスポーツ試合時のチームワークが非常にうまくいった事を示している。更に、火星/金星=木星t、即ち強い情熱を示す愛欲軸に木星がコンタクトしている。卓球にかける情熱が強く燃え上がりそれがうまくいった瞬間を意味する。

この記事のリンク | 西洋(ハーフサム) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
辻元清美のこれからは?

辻元清美はこれからどうなるであろうか。民進党が唯一の「安倍政権打倒」の矛先として向けた森友問題だが、実にくだらないやりとで終始した。籠池氏の喚問に続いて安倍昭恵夫人の責任も追及しようとして公開されたメールが藪蛇となってしまった。籠池夫人と昭恵夫人のメールのやり取りの中で、辻元清美の「3つの疑惑」すなわち、幼稚園侵入、やらせの作業員派遣、野田中央公園の払い下げ問題が暴露されてしまった。辻元側、民進党側はその疑惑を否定しているが、折しもテロ規制法案の提出、朝鮮半島の緊迫した状況の為か、「森友問題」は急速かすんでしまった。(こんな大阪府と近畿財務局で取り扱うべき問題はかすんでいいのだが)これ以上やると辻元清美の背後にある東日本大地震義捐金の使途不明金疑惑でとんでもないことになると思ったのか知らないが、ネットでは辻元の3つの疑惑は炎上しているにも拘わらず、主要マスコミはこのことを一切報道しないおかしなことが起こっているこれではマスコミ不信は免れない。今のところ辻元清美は何とか難を免れているが、どう展開するかこれからの動向を占星術的にみていきたい。

 

辻元清美3重円

         辻元清美の3重円チャート

       辻元アスペクト表

             アスペクト表

現在のトランジット、プログレスの状態を見ると、木星nと太陽pは1度のオーブでアプライの状態である。火星nと土星nと天王星pはヨードを形成し、これもアプライである。要するに状況はこれから段々厳しくなることを意味する。

ハーフサム失恋軸  ハーフサムトランジット

               トランジットハーフサム

ハーフサムをみると太陽pと火星/土星の「死の軸」が2年後にコンタクトする。更に天王星t、水星t、海王星tが45度法で現在28度、29度の位置にあるが、まもなく精神的に大打撃を受ける「失恋軸」にコンタクトしようとしている。このようにみていくと今はなんとか難を免れているが、辻元清美の政治的状況的には非常に厳しいと言わなければならない。。

この記事のリンク | 西洋(ハーフサム) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
小池百合子〜都知事選の行方〜

都知事選も後半戦に入ってきて、小池百合子の優勢が伝えられる情勢になってきた。まだ予断を許さない段階だが、彼女の現在の運気をみてみた。小池百合子の正確な生まれた時間は分からない。こんな時、インド占星術ではまず正確な出生時間を探すべく努める。出生時間が分からないとダシャーや分割図が使えないので、出生時間の正確さを求めて種々のレクティファイ(時刻修正)を試みる。西洋占星術でももちろんレクティファイは行う。しかしレクティファイというのは決して楽な作業ではない。こんな時真逆のの立場に立つ占星術もある。ある立場のモダン西洋占星術(この場合、古典占星術や心理占星術とは一線を画する第3の立場に立っている)で予測をする時は、逆に時間が分からなくても予測ができる技法を使えばよい。狭いオーブのプログレス、トランジット、リターン、ハーモニクスを駆使したコンポジットアプローチでそれは可能となる。

小池百合子

        小池百合子の3重円(SG使用)

7月26日の時点でのプログレスやトランジットの状態は、ソフトアスペクトが優勢でよい運気の状態にある。動きの遅いドラゴンヘッド、木星、土星、冥王星のトランジットがいずれもネイタルチャートの惑星とセクスタイル、トラインを組むので非常によい運気の時にある。太陽プログレスだけが孤立してアスペクトを組まない。まさに自民党の公認を取らずに立候補した彼女の立場を象徴している。

次にハーフサムをみると、選挙での勝利を裏付ける配置になっている。即ち成功軸に木星トランジットがコンタクトし、更に別の

小池百合子成功軸木星t   小池百合子成功軸太陽t

成功軸には太陽トランジットがコンタクトしている。都知事選の勝利間違いなしの配置である。

小池百合子得恋軸土星t

但し、得恋軸、愛情軸には土星トランジットがコンタクトしているので、知事になった早々、仕事ではいろいろ困難に直面するだろう。孤立は免れない所だ。

この記事のリンク | 西洋(ハーフサム) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
キャメロン首相の劇的惑星配置

キャメロン首相のEU離脱をめぐる国民投票は、惑星配置から見る限り、彼の誤算である。彼は総選挙で勝利したので自信があったが、念の為に国民の声を一度聞いてみて、内部を固めようとしていた筈である。だが今回の国民投票のタイミングはあまりにも彼にとってタイミングが悪すぎた。

キャメロン冥王星トランジット

     キャメロン首相の選挙時の3重円

注目すべきは、冥王星トランジットである。極端、極限の意味をもつ冥王星であるが、冥王星トランジットはネイタル太陽とスクエア、IC軸とコンジャンクションしている。国内の問題で股裂きになる苦悩を味わわされる。太陽トランジットも金星とスクエアとあんり政治的勝利は望めない時である。更にこれにハーフサムの状態が追い打ちをかける。

宿命軸

まず太陽プログレスは20度の位置にあり、宿命を示す海王星/冥王星の「宿命軸」と健康的に体調不良を示す「死別軸」とコンタクトしている。社会運としては致命的に弱い時期に国民投票に臨んでいる

死の軸、失恋軸

次に冥王星トランジットが26度にある。物事の終了を意味する「死の軸」とぴったり重なる。この時期に勝負に出れば政治生命を奪われることを意味する。このような時に選挙をすれば敗北する。これらを踏まえると今回の国民投票のタイミングはあまりに悪い。本来ならば、太陽プログレスや冥王星トランジットがこのタイミングを過ぎた頃を見計らって、信を問うべきであった。しかしもう遅い。

この記事のリンク | 西洋(ハーフサム) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
ジェーンフォンダ〜父親死亡時のハーフサム〜
女優のジェーンフォンダは父親のヘンリフォンダといろいろな葛藤対立があった。彼女が幼い時、ヘンリーフォンダが不倫をしてそれが原因で母親が自殺したことが原因と言われている。ジェーンフォンダは父親とはしばらく対立が続いたがやがて和解し、父親の晩年には、アカデミー賞を取らせるために協力した。彼女はブロードウェイで人気のあった家庭劇「黄昏」の映画化権を買い取り、主人公はヘンリー、主人公の妻役はキャサリーン・ヘップバーンを割り当てた。自らは娘役で出演した。結果は、大成功で主演男優賞、主演女優賞、助演女優賞を獲得した。しかし、父親のヘンリーは受賞5ケ月後に死亡した。これはその時の3重円及びトランジットハ−フサムである。

ジェーンフォンダ
父親死亡時のジェーンフォンダの3重円(SG使用)

この時太陽プログレスは身近な社会を表すドラゴンヘッドとセクスタイルになっている。父親とともにアカデミー賞に輝いた直後なので、身近な人とともにほっとした気持ちがでている。それと同時に太陽はアセンダントとオポジションであり、生まれついての環境つまり父親との関係で葛藤が多い時期になっている。言うまでもなく父親の死亡時のチャートなので長きにわたるストレスが出ているのだろう。天王星トランジットは冥王星とトラインなので劇的なよき変化のあった時期である。同時にMCプログレスはドラゴンヘッドとオポジション、冥王星トランジットはMCとオポジションで仕事面、社会面では緊張状態にある。冥王星は死を意味する惑星である。

死の軸
 
1982年8月12日のトランジットハーフサムでは、火星/土星のいわゆる「死の軸」に冥王星トランジットがちょうどコンタクトしている。同時に成功軸にもコンタクトしているのが象徴的である。ジェーンフォンダにしてみれば、「黄昏」の映画化は父親にアカデミー賞を取らせるための大博打だったのだろう。結果は見事に成功した。しかし父親のヘンリーフォンダは「黄昏」が遺作となって受賞の5ケ月後に死亡した。まさに身近な人の死である。
 
この記事のリンク | 西洋(ハーフサム) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
小向美奈子の再逮捕
小向美奈子が覚醒剤使用の疑いで2月6日に再逮捕された。しかしその後もテレビ出演などしてこれを契機に芸能人生命を絶たれたようにはみえない。

小向美奈子逮捕時
小向美奈子の逮捕時の3重円チャート(SG使用)

逮捕時のトランジットチャートをみると、太陽プログレスは4♋10にあり海王星2♑57とオポジションになっている。しかしこのアスペクトはセパレートになっていてオーブも1度30分離れているので、事態が現状より悪くなることはない。又、水星プログレスは23♋にあり土星とオーブ0度のトラインになっており、むしろ今回の事件が仕事にプラスになるような配置になっている。トランジットでは木星、海王星がスクエアになっているので短期的にはダメージを食うが、中長期的にみると心配のないアスペクトである。

ハーフサムでもこれを裏付けていて、土星/天王星=海王星tがコンタクトしていて精神的困難にぶつかっているが、水星/木星の活気軸には太陽pがコンタクトし活発な精神状態にあり運気は基本的に盛んである

この人は2009年、2011年にも覚醒剤で逮捕されて、再起を期してストリップに転向したりAV女優にもなっている。2011年のAV女優のデビュー作は20万本を売る大ヒットとなっている。ちょうど太陽プログレスがアプライでオーブ1度のトラインになっている時である。そしてまた女優に戻りとまさに七転八起の人生である。先天運としてのネイタルのハーフサムをみると、は金星/MC=木星nがコンタクトしている。これらをみると異性問題や男女関係の問題で挫折することはないと思われる。これらはインド占星術のチャートをみてもそのように出ている。
この記事のリンク | 西洋(ハーフサム) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
ハーフサム研究2〜金星/海王星コンビネーション

 ハーフサムの中でその現象が比較的はっきり出るものと出ないものがある。金星/海王星コンビネーションはその現象が最も強く出やすいハーフサムである。言うまでもなく金星は「愛情」を表す。それに対して海王星は「曖昧さ」を表す。要するに愛情がはっきり見えない状態にある。そしてハーフサムでは海王星は概ね悪い意味しか与えられない。

エバーティンはこれを「性的想像」「錯覚」と定義し、石川源晃氏は「失恋軸」と名付けた。愛情のありかたがはっきりしないので失恋しやすいということだろう。しかしこの名称はシンボリリックな意味あいである。この軸が特定の惑星とコンタクトしていたからと言って、失恋するとは限らない。失恋した時のような落胆、失望、強く求め憧れていた事柄の実現が困難になるといった現象が生じると考えた方がよい。これはいろいろな事例で確認されている。もちろんはっきり「失恋」という形で出ることもある。

もしトランジットハーフサムで金星/海王星コンビネーションに凶星のコンタクトが接触している時は、冒険と思われること、はっきり先行きが見れない事柄に対する行動は避けた方がよい。無理して強行すると必ず挫折する。吉星の木星との接触時でもショックが軽いだけでよいことは起きない。ただショックが軽く願望実現のための他の方策を前向きに考える点では、土星、火星の接触よりはましである。

この記事のリンク | 西洋(ハーフサム) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
ハーフサム1〜火星/土星コンビネーション〜

インド占星術と西洋占星術とどちらが当たるという質問を時々受ける。私自身はインド占星術の方が現実的でより具体的に当たると思うが、西洋占星術もなかなか捨てがたいものがある。私が西洋占星術で高く評価するのはセカンダリープログレッション、ハーフサム(ミッドポイント)、分割調波、リロケーション等どちらかというと近代になって新しく開発された技法である。なかでもハーフサムはハウスシステムの構造的弱点をもつ西洋占星術の的中率を見事に補強している。

エバーティンの著作では、火星/土星コンビネーションの基本的働きを「有害で破壊的なエネルギー」「破壊的ヴァイタリティー」と定義している。火星/土星コンビネーションがよい方向に作用すれば「忍耐力」「抵抗力」としてはたらく。しかし悪く作用すれば「暴力や破壊的エネルギー」「きつさ」「激しさ」となる。火星の衝動的エネルギーと土星の抑制力がぶつかり合うわけだから、暴力的な激しさとなってもおかしくない

石川源晃氏は彼が選んだ40選の中で「死の軸」となづけ、物事の終わり、何らかの終焉と定義している。私の鑑定経験からも、今まで継続していたことが惑星が死の軸に接するとそれが続かなくなるという現象は確かにみられる。「死の軸」などというとなんとなく気味が悪い感じがするが、これは必ずしも肉体的な死を意味しない

会社の倒産、離婚、友情の消滅などといった形でも出てくる。それも「破壊的なエネルギー」なのでじわじわ来るというより、突然に暴力的な形で現れる。ここに太陽が接すると組織をまとめる力が弱くなるので、組織の終焉を迎えることが多い。これと同時に木星/天王星のコンビネーションに吉星でもコンタクトしていれば、古い因習から抜け出て新しい組織に生まれ変わることも可能である。

この記事のリンク | 西洋(ハーフサム) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
安藤美姫〜出産時のハーフサム〜
女子フィギュアスケーターの安藤美姫が4月3日に未婚のまま女児を産んだ、と本人自身が宣言した。子育てをしながらソチオリンピックをめざして頑張るという。これでマスコミやファンは大騒ぎになった。でも私はここでどこかの週刊誌のようにこの出産をどう思うかとか、父親は誰かと言うようなこと論じる気はない。私自身の倫理観もいう気もない。そもそもこの種の問題に私は興味はない。ただ占星術から離れて普通の常識で考えた場合、若い選手が育っている分野でのオリンピックは厳しいかもしれないなという思いはある。主な関心は占星術的にみたらどうなのかという点だけである。

安藤美姫を占星術的に論じると言ってもいろいろな視点、着眼点があるので一口では言えない。分析には時間がかかる。とりあえず比較的シンプルでクリアーにでるハーフサム(ミッドポイント)の視点でみることにする。あくまで占星術の勉強の視点である。

安藤美姫度数      安藤美姫失恋軸20130403
 
安藤美姫の出生時の度数     出産時の金星/海王星のハーフサム
                                               (4月1日〜4日の間の動き)

金星/海王星のハーフサムは、エバーティンの定義によれば、恋愛への過敏な感情、影響されやすい人、愛情における誤算、不安定さなどと書かれている。石川源晃氏の40選によれば失恋軸と命名されている。このハーフサムの度数が出産時に、ネイタル土星とコンタクトしている。即ち♀/♆=♄ 23° の位置にある。占星術的にみれば、これは明らかに不安定な精神状態と失望状態での出産である。率直に言って彼女の思いを叶えるにはちょっと厳しいかなという感想である。

         安藤美姫サインバランス 
 
 
 
 
            
               サインバランス

彼女のサイン区分から見ると、情熱と積極的意欲を示す火のサインはMCを除いて5個あり、環境に影響されやすい柔軟宮のサインは主要惑星だけを数えて4個ある。情緒と感受性を示す水のサインが4個ある。いかにも今回の彼女の行動を示すサインの状態と言える。
この記事のリンク | 西洋(ハーフサム) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/2PAGES | >>