Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
スーパームーンをめぐる占星術の話

9月28日は満月に加えて月が地球に最も近づく日になる。そのため月が大きく見えるスーパームーンの日となる。残念ながらこの日は雲が多く出て、見事なスーパームーンは見ることができなかった。

20150928スーパームーン.jpg
  スーパームーン

古来より月の満ち欠けを始めとする月の光の作用は人の精神状態や生活に影響を与えると信じられてきた。インド占星術では月の影響を重視し、月に関わるいろいろの見方がある。月の在住する星座の本人の精神状態への影響、月のナクシャトラの性格や相性の見方、月のナクシャトラによる「ダシャー」と呼ばれる運命サイクル、太陽と月の相対的位置を問題とする「パンチャンガ」というムフルタ(日取り選定)の中核的技法等々がある。月の「見えざる力」を古代人は深く信じてきたようだ。

しかし現代の科学は月の満ち欠けは人間の精神状態に影響を与えないという結論を導き出した。カナダのラバル大学の心理学者の研究チームはパニック障害や自殺行動、原因不明の胸の痛みなどを持つ入院患者770名の患者を3年間にわたって調査した。研究チームは患者の症状と月の満ち欠けとの関係を調査したが、特別の因果関係は確認されなかったという。ただし満月前の1週間は不安発作の発生症状が32パーセント低下したという傾向パターンは確認されている。研究チームのGenevieve Belleville教授は今回の研究によって、精神的な症状と月の満ち欠けの関連性は全く無いことが証明されましたと言っている。

しかしこの研究結果が直ちに占星術を否定することにはならない。精神的症状と月の満ち欠けの関連性だけに焦点を絞って統計的に検証していけばそのような結論はでるかも知れない。しかし占星術の月の見方はもっと多様で複雑である。精神的症状を示す占星術的指標は月以外にも多くある。占星術では一つの特徴ではそうであってもそれを打ち消す特徴が他にあればそれは現象化しない。月が減衰している人でも、それが満月の位置にあったり火星や木星のアスペクトを受けていれば出方は全く違う。ハウスの位置が違えば吉凶もちがう。潜在意識の持ち方、精神力のあり方、運気との関係、日の吉凶等々はまた別の見方をする。そういう総合的な研究を期待したい。

この記事のリンク | インド゙(惑星) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
最低星位にある3室及び6室の支配星の拡張概念
うちゃのブログにこんな事が書いてある。以下に引用する。

ラグナ・ロードが高揚するか、定座か、あるいは、ラグナにアスペクトするなら、6室、8室、3室に在住して減衰する惑星はラージャヨーガの結果をもたらす。(『ブリハット・パーラーシャラ・・ホーラー・シャーストラ』の第39章、電子書籍『パーラーシャラの例外則』から引用)
    
最低星位にある3室の支配星と6室の支配星(3室と6室に在住している最低星位の惑星についても言えることです)が、とても良い結果をもたらすことは間違いありません。(『ラオ先生のインド占星術、運命と時輪』下巻16ページ)

最低星位にある3室の支配星と6室の支配星(3室と6室に在住している最低星位の惑星)がよい結果をもたらすという「特別の法則」については私も非常に興味がある。

ちょっとみると、ヴィーパリータラージャヨガの概念とよく似ているように思える。一口で言うと「マイナスのマイナスはプラスである」という考え方では共通している。ヴィーパリータラージャヨガとは6室,8室,12室の支配星が自分の支配するハウス以外のハウスに在住すると成り立つラージャヨガである。つまりドゥシュタナハウス間で成り立つラージャヨガである。これに対して「特別のヨガ」は原則ウパチャヤハウスに適用される法則である。それでは8室と12室にもこれが当てはまるかどうか拡張概念として考えてみたくなる。

基本原則を確認すると、ハウス分類として
3室 ウパチャヤ
6室 ウパチャヤ、ドゥシュタナ
8室 ドゥシュタナ、中立
12室 ドゥシュタナ、中立

となる。そうすると「特別の法則」とは「ウパチャヤハウス」である3室、6室に関してのみ成り立つものなのかなと思える。しかし実際のリーディング例をいくつか見てみると、8室にも当てはまるのではないかと思えるし、12室も弱いとはいえ何らかの考慮が必要なのではないかと思われる。12室の場合は、幸運をもたらすというより不幸はもたらさないという弱い意味あいでしかないが、無視はできないと思う。そもそも「減衰(最低星位)」の惑星というのはなかなか不思議な作用をもたらしているので、それらを含めてこれからの研究していくテーマになるだろう。
この記事のリンク | インド゙(惑星) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
野村沙知代〜逆境にめげぬ生涯〜
生涯現役を名乗った名名監督野村克也氏の妻、野村沙知代のホロスコープを見てみよう。サッチーとしてタレントで売り出してた反面、wikipedia等を見ると、社会的一般通念として考えると不名誉なこととが書かれている。ちょっと首をかしげたくなるが、そのまま放置されているということは真実性が高い考えていいのかもしれない。出生時間が不明なのであまり突っ込んだことには踏み込めないが、そんなことも参考にしてホロスコープを見てみる。

野村沙千代.jpg
野村沙千代ホロスコープ(生時は不明)

彼女の人生の特徴としてあげられるのはやはり男運の悪さだろう。まず月はケマドルマヨガである。夫を示す太陽はラーシでは火星、ラーフとともにありナヴァムシャでは減衰している。本人の社会性は大いに傷ついているし、それとともに夫で苦労するとも言える。この場合の夫とは必ずしも野村克也氏のことばかりでなく米軍将校と結婚としていたり、野村氏との結婚の経緯もスムーズではなく、その他全般の男性遍歴では苦労していると言えるだろう。魚座の太陽、火星、ラーフの3凶星は同時に7室ケートゥにアスペクトしているので夫を同時に傷つけてもいる。野村克也氏も彼女の種々にスキャンダルや脱税問題等で、野球人生そのものに悪影響を蒙っている。

野村沙千代D9.jpg
 ナヴァムシャチャート

しかしその障害多い人生を歩んできた割には、彼女は社会的に成功者だ。他に強い特徴がある筈である。ラーシ、ナヴァムシャともにガージャケサリヨガができるが品位はけっしていいとは言えないがパワーにはなっているだろう。ラーシでは月は金星、火星、土星からのアスペクトを受けていて天秤座の「世渡り上手」の才能はかなりある。ナヴヴァムシャでも月は双子座でやはり社交性がある。水星はヴァルゴッタマであり月の光も強い。太陽からみると2室に金星、水星があり、話し上手、家族思いの特徴がでる。こんな点が種々のスキャンダルにもめげることなく彼女を有名にした原動力だろう。

木星は高揚するがハウス支配は悪く機能的凶星である。土星もニガラドレッカンの範囲にありこれも凶星化している。木星、土星ともにパワフルなだけに、裏目にでるときな臭さが残る。そのような人生を歩んできたことは否定できないようだ。
この記事のリンク | インド゙(惑星) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
月の減衰
減衰惑星はいろいろ不可思議な働き方をする。インド占星術においてもっと研究しなければならないテーマだろう。月の減衰ももちろん研究対象だ。

栄久庵憲治
月の減衰をもつホロスコープ

上のホロスコープは工業デザイナーとして成功した人物のホロスコープである。水星が強くそこに火星、土星が絡んでいるので工業デザイナーに向くであろう。生まれた時間は早朝である。太陽の両側に惑星があるのでウバヤチャリヨガとなる。木星と月はオポジションでガージャケサリヨガとなる。そして月は減衰している。減衰惑星は単にその惑星の働きが弱いだけで、成功しないということではない。この人は専門分野ではいろいろ実績を残している人だが社会的には無名である。殆どの人が名前を知らない。月には「大衆」の象意があり、この惑星が減衰していると大衆的な人気を博して成功することは難しい。しかし専門分野では知る人ぞ知る人物である。このように減衰惑星があっても、ホロスコープ全体がよければ、それなりに社会的に成功はするが、同時に減衰の弱さも併せ持つことになる。
この記事のリンク | インド゙(惑星) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
ラーシで高揚、ナヴァムシャで減衰
いろいろな人のホロスコープをみていくと、木星なり金星なりの同じ惑星がラーシで高揚(減衰)しナヴァムシャで減衰(高揚)するチャートを時々みることがある。これはどう読んでいくのか戸惑うことがある。

木星高揚
ラーシで木星が高揚

木星減衰
ナヴァムシャで木星が減衰

上図のようにD1で木星が高揚し、D9で木星が減衰するとどういうでかたをするのだろうか。ラーシチャートで木星が高揚していれば保守的伝統重視のタイプで知識欲があり上司運もあり、若い内はともかく中年期以降は道徳的な行動をする。もっとも上図のようにドゥシュタナの8室に木星があると、木星の徳がだいぶ損なわれる。ところがこれでナヴァムシャの木星が減衰していたりすると追い込まれたり岐路に立たされた時に別人か思うような驚くべき行動をする。普段の保守的道徳的行動とはうってかわり、上司教師を無視したり、掟破りの行動、秩序破壊の行動を平然と行う。その結果、自ら運を損なったり信用を無くしたりする。観察しているとこのような傾向がみられる。ラーシチャートは全体を示し。ナヴァムシャは深いレベルの意識や結果を示すものと考えるとこのことは納得がいく。深い潜在意識部分が、追い込まれた時に顕在化するのだろう。

このことは金星、土星、太陽等他の惑星が高揚減衰の両用の出方をしていると、似たような極端な行動になって現れる。
この記事のリンク | インド゙(惑星) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
生来的吉凶と機能的吉凶の判断
インド占星術と西洋占星術のどちらがポピュラーかといえば、西洋占星術である。西洋占星術はマスコミで盛んに取り上げられ、一種のファッションにすらなっている。それに比べるとインド占星術はその存在がやっと知られてきた程度である。それもインド占星術は西洋占星術の亜流位に思っている向きすらある。他ブログ等で西洋占星術の知識をもとしにてインド占星術の批判をしている記事を見かけるが見当違いも甚だしいと思うことがある。例えばインド占星術のホロスコープが時計回りで展開すること知らずに、あそこが違うここが違うと言っている人すらいる。確かに惑星の運行をベースにしてサイン、惑星、ハウスで見る占いという点では共通であり言語も同じ言葉を用いているが、それぞれの意味が微妙に、時にはまったく違う。陰陽五行を基礎とする中国占術流に考えたら、まったく異なる占いと言ってっていいだろう。

そういう意味で、インド占星術を本格的に勉強してみると、その概念の違い、構造の違い、緻密さに接すると驚くようだ。ハウスシステム、惑星の吉凶、分割図、ダシャーシステム、パラーシャラ系以外のインド占星術等々インド占星術には明らかに独自の占星術体系がある。マスターするのにどれくらいかかるのかと聞かれるので、基本的概念を理解するのに3年位、高度のレベルを目指すのであれば一生物と答えている。もしかして死んでジョーティシャの家系に生まれ変わって、幼い時から占星術の勉強に励んでそれでやっと一人前になるのかもしれない。

インド占星術には惑星にすら生来的吉凶と機能的吉凶がある。木星が吉星、土星が凶星というのは生来的吉星、生来的凶星の意味である。インド占星術では生来的吉凶以外に機能的吉星、機能的凶星という概念がある。つまり木星でも機能的凶星になる時があるし土星でも機能的吉星になる時がある。機能的吉凶を決めるのは、惑星の在住ハウス、支配ハウス、強弱、度数の位置、品位等さまざまな要素を考慮して決める。これによって各ダシャー期の運気を左右する。この決め方こそがインド占星術のリーディングのすべてを決めると言っても過言ではないだろう。

インド占星術の入門本には在住ハウスや支配ハウスのことは真っ先に出てくるし、惑星の品位も必ず出てくる。これが基本であることは間違いないが、だからやさしい、だから俺は知っていると思うのは早計である。それは知識として知っているにすぎない。英文法の基本を知っているからと言って英語を話せるようにはならないのと同じである。「知っていることとできる」ことは別である。入門本の知識内容を実際の鑑定に当たって駆使できるようになるには大変な努力を要することなのである。こんな程度は知っていると豪語、批判する人の殆どはこの点ができていない。
この記事のリンク | インド゙(惑星) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
渡辺淳一と減衰の太陽

 作家の渡辺淳一氏が亡くなった。2014年4月30日午後11時42分、自宅で死去した。享年80歳だった。激しい性愛小説を書く作家として知られ人気があった。実際に彼の性生活はどうであったかというとどうであろうか。日経新聞の「私の履歴書」によると、30歳で見合い結婚し札幌医科大病院に勤務するが、35歳で辞職。妻と2人の娘を札幌に置いたまま単身上京して、都内の病院でアルバイトをしながら小説家に転身した。さらに札幌時代の愛人が上京して銀座のクラブに勤めると、すかさず同棲。さらに病院のナースとの浮気がバレ、愛人ホステスは別のマンションに引っ越した。等々の事が書かれているが真偽のほどは分からない

渡辺淳一はもともと札幌医科大学の医師であった。その彼がなぜ作家になったかかねがね疑問に思っていたが、やはり大学の権威に逆らったのが直接のきっかけのようだ。彼は同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした内部暴露小説『小説・心臓移植』(1963年3月)を書いた。(後に『白い宴』と改題している)そして直後大学を去っている。

渡辺じゅんいち.jpg           
渡辺淳一のネイタルチャート(生時は不明)    

渡辺淳一D9
渡辺淳一のナバムシャチャート

こういう権威に逆らう生き方をする人は、他のホロスコープがよい配置であっても、太陽が傷ついている場合がよく見られる。彼のネイタルチャートをみると太陽が「減衰」している。ガージャケサリヨガはできているし、蠍座に水星、火星、金星の3惑星が集中し、如何にも官能小説を書きそうな配置である。ナヴァムシャをみても太陽は火星、土星の2凶星によって傷つけられている。木星、ケートゥのコンジャンクションに凶星のアスペクトはないのでグルチャダラヨガは形成していない。

こうみていくと、渡辺淳一個人が特に性愛を追及した人生を歩んだ形跡は薄い。「性愛作家」として売り出した職業上のイメージ作りかと思われる。

この記事のリンク | インド゙(惑星) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
佐村河内守〜日本のベートーベンから詐欺師へ〜
佐村河内氏は耳の聴力を失った作曲家としてマスコミから注目され、「日本のベートベン」?としてもてはやされた。それが新垣隆氏というゴーストライターならぬゴーストコンポーザーにすべての作品を委嘱していたということを暴露され。すっかり信用を失墜した。彼のことを胡散臭い怪しい人物として見抜いていた人も少なからずいたが、マスコミも大衆も見事に騙されてしまった。7日の報道によれば佐村河内氏は新垣氏の暴露内容が事実ちがうとして訴訟を起こしたようだが、新垣氏に作品を外注していた等ことは認めている。金銭授受の内容や額、話し合いの過程の違いを指摘しているだけのように思われる。

佐村河内守
佐村河内氏のホロスコープ(お昼の12時で設定)

彼が本当に聴覚障害があるかどうかは生時が分かればすぐ判断できるのであるが、生まれた時間は不明である。耳の象意をもつ3室或いは11室が傷つくような配置にすれば、レクティファイは可能である。しかし、生時を無視してみていってもそれらしい特徴は出ている。

彼は基本的によいホロスコープをもっている。一時的にせよこれだけの人気を保ったということは、善悪は別にしてそれなりのチャートの強さがあってもおかしくない。木星と土星は定座、水星はムーラトリコーナ、火星はアスペクトバックしている。金星は減衰だがニーチャバンガであり、ラーフ、ケートゥの位置も悪くない。しかし、この力強い筈の木星、土星、水星がすべて逆行していること、水星がコンバストしている点も問題点がある。

主要惑星がすべて逆行しているとなると、これらのもつ惑星のよい要素は長続きしない。木星が凶星化すると自他の区別がつかない性質を帯びてくる。おそらく彼自身は悪気はなく、他者の作品を平気で自分のものと思い込むずれた感覚をもつようになる。そこに水星のコンバストがあるとなるとその思い込みがさらに強くなる。火星と月のコンジャンクションは目的の為には手段を選ばない強引さを持ち合わせていることになる。
この記事のリンク | インド゙(惑星) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
減衰惑星と反転させる心理的エネルギー
減衰惑星は一般的にいうとその惑星のもつパワーが不足している。従って、減衰惑星の持ち主はその惑星のもつよき象意、功徳がはたらかない。多くの人物を研究、鑑定した経験の限りではこのことは事実と思われる。ところが、この原則が反転しかえってよき働きをする時がある。これもまた少なからぬ人から明らかに観察される。

この理由はなぜなのだろうと考えてみた。占星術的にはニーチャバンガしているからとヴィーパリータを形成するダシャー期だとかいろいろ分析することは可能だ。そこで心理学的に或いは能力開発的に考えてみた。

一口に占星術といってもいろいろな立場がある。私は占星術と心理学を混同する立場に組しない占星術は第一義に「当てる」ものであって、「癒し」や「心理分析」に終始することはしない。しかし、ホロスコープから本人の深層心理部分にあり方に探りを入れたり、行動科学や認知心理学等の現代心理学を応用して(ユングのような古臭い心理学には疑問が残るが)、占星術の示すその人の資質を最大限に引き出すこと(つまりカルマの範囲内でという意味であるが)、それは可能だろう。そういう前提ならば、個別に占星術の心理学的活用、及び心理学理論による占星術の機能の説明はしてもよいと思う。全面的な相互乗り入れには賛成できない。やはり占星術は占星術、心理学は心理学だ。厳然と区別する必要がある。

さて話を減衰惑星の弱さが反転している例に戻そう。それはなぜ起こるのだろう。火星減衰の人を例に取ってみよう。火星減衰の人は一般的に自己主張力は弱く筋力、運動神経もさほどいいとはいえない。しかし一流のアスリートとして成功している人はいるのである。

松井秀樹
プロスポーツ選手として大成功した火星減衰のチャート

この場合もその人がもともと運動神経はそういい方ではなかった。スポーツ選手として成功しても怪我がつきまとったという火星減衰の弱さは残っている。火星減衰の人は自己主張力が弱いのでよき教師、よきコーチに出会うと全面的に服従する。そのコーチが優秀だったりすると
どんなスパルタ訓練にも耐えるのである。そして心理学、精神医学で言うところの過剰学習をする。

過剰学習(かじょうがくしゅう)とは教育学用語で、すでに獲得した知識、技能についてさらに反復・継続して学習し、それを強固なものとすることである。そうすると無駄な考えや雑念を省くことができるようになる。つまり過剰剰学習を行った人は、重要な点だけに集中することができるようになる。そうすると問題解決能力が飛躍的にますのである。これが能力開発には非常に重要で、もともと素質ない人でも過剰学習による訓練を受ければ驚くほどの後天的能力の開発ができる。ここまでは心理学の法則は厳然と生きる。 火星減衰の人はこの過剰学習の訓練を素直に受け入れる資質をもつそれではあなたは成功しますよ言うほどに話は簡単ではない。

問題はこの過剰学習するチャンスが人生にくるかどうかである。運命学的に言うとそういう動機づけを保持させくれるよき教師、よきコーチに出会うチャンスがそれにふさわしい年齢期にくるかである。(30歳を過ぎて訓練機会に恵まれてもスポーツの場合は一流にはなれない。音楽でも同じだろう)これこそ運命の偶然による。上記のホロスコープも太陽からみて3室に凶星の減衰火星があり、月からみて6室に凶星の減衰火星がくる。スパルタ訓練をおとなしくそして歯を食いしばって耐え抜く資質がうかがえる。こういう人は逆に人生のある時期によきスパルタコーチに出会う運命をもつ。まさに深層心理の動きはその人が望む環境条件を招き寄せるのである。

ここら辺の微妙なバランスが火星ばかりでなく減衰惑星の持ち主をなぜか本来苦手とする分野で成功させる一つの手がかりのような気がする。
この記事のリンク | インド゙(惑星) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
火星8室〜機能的凶星の配置〜

8月19日に火星が蟹座にイングレスした。水瓶座、射手座、獅子座ラグナの人は火星はドウゥシュタナの位置になる。ドウシュタナの中では8室が一番凶意が強い。火星が8室にあると基本的によい意味はない。これが蟹座の減衰の位置にあるとなおさら凶意が増すことになる。

火星8H減衰
   火星8Hの配置

もしこれがトランジットチャートでできるなら、暴力的事件の発生突然の死等が起こりやすい。今までの友人が敵にまわったり夫の死を招いたりすることも時には起こる。ネイタルチャートで火星が8室にあるなら寿命に問題がある。マンデーンの場合は、大地震の発生時によく見られる。これらは木星や金星のような吉星がケンドラ、トリコーナ等のよい配置や支配にあっても起こる。但し、その場合凶意はかなり緩和される。これらの古典の記述は私の今までの経験からみても実際に発生している。しかしそれはあくま最悪、極端な場合にすぎない。普通はそこまで極端には現象化しない。

占星術は多様で複眼的見方をして結論づけるものなので、1〜2ケ所にこういうよくない兆候があったからといって決定的な要因と考える必要はない。だからあまり気にするのは却ってよくない。ただ、現実を冷静に見つめて最悪そういう可能性も想定できるなら、それに対する心構えと対策はしておいた方がよい。それこそ「転ばぬ先の杖」となる。

この記事のリンク | インド゙(惑星) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/3PAGES | >>