Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
尾畠春夫さんのボランティア活動

山口県周防大島町で12日から行方不明だった藤本理稀ちゃん2歳が無事発見救出された。それも78歳になるボランティア活動のベテラン、尾畠春夫さんによって発見された。この捜索ボランティアとして参加した尾畠さんは、知ればなかなか素晴らしい人である。彼は65歳まで大分県で魚屋さんをやっていて、それ以後ボランティア活動に身を捧げている。東日本大地震の時も宮城県南三陸町に500日も救助活動で滞在したほか、新潟、熊本、その他日本各地で救助活動に出かけている。

今回も15日早朝の捜索開始から20分後に理稀ちゃんを発見した。今回も捜索費用はすべて自費で、理稀ちゃんの両親からのお礼も固辞し文字通リボランティアの立場を貫き通した。よく陰徳を積むというが、尾畠さんはそのことを自慢もせず報酬も求めず、黙々と自らの役割に徹した。マスコミからの質問で「お金は生きていけるだけあればいいです」と答えている。でもそこが人間なかなかできない所だ。この人はそこら辺の政治家、評論家、文化人などよりよほど尊敬できる人だ。毎朝8Km走っているという抜群の体力の持ち主でもある。


尾畠春夫さん

          尾畠春夫さん

尾畠さんの生年月日が分かれば占星術的に分析してみたいのだが(その内に分かると思うが)、今現在は78歳である事以外は不明だ。そこでとりあえず彼の手相人相を見ていくことにする。すぐに上げあられるいくつかの特徴は、額に一本だけくっきりと横紋が走ること、眉間に一本だけ縦皺がくっきり刻まれていること、目は一重瞼で小さい目である。法令線はもちろんきちんとしている。手相をみると生命線がぐるっと手首まで長くくっきり刻まれていることが分かる。頬骨の張りは普通であり、口唇もさほど厚くない。これらを総合すると、上司に阿ることなく部下を頼ることもしない一匹狼的生き方をする人であり、集中力抜群の頑固一徹の所がある。それでいて目立つことが嫌いでひっそりと世の中で生きていくタイプである。俺が俺がという自己顕示欲はこの人にはない。ぐっきりと長い生命線は抜群の健康体力の持ち主であり、かなりの長寿が見込まれる。なかなかスカッとした気持ちのいいナイスガイだと思う。インド占星術的にはきっと木星及び9室がいい配置になっていると想像する

この記事のリンク | 人相学 | comments(2) | trackbacks(0) | top↑ |
アンマとダルシャン(抱擁)

インドの霊的指導者、アンマ(正式名:シュリー・マーター・アムリターナンダマイー・デーヴィ)の今年の来日プログラムに29日参加した。インド精神文化関係の知人に誘われ、初日の29日午前に行った。アンマは「抱きしめる聖者」として知られ、希望者はだれでも抱擁してくれる。私も午前中にアンマのダルシャン(抱擁)を受けた。

アマチ画像

 抱きしめる聖者アマチ

会場には大勢のボランティアーの人がいて、会場設営、受付、販売、案内その他の活動を手伝っていた。言葉を交わすことはなかったが、インド占星術関係の知人の顔もあったように思う。最初にアンマの「オーム シャーンティ シャーンティ シャーンティヒ」のマントラの後にしばし瞑想を行い、やがてアンマのダルシャンが始まった。その直後に「シュリラリターの千の御名」というシュリラリターを讃えるマントラが唱えられ、パジャンも歌われた。邦楽とも西洋音楽とも違うがなかなか心地よい響きが感じられた。ダルシャンの後で食事をしたが、正面斜め向かいのインド人女性が手づかみでカレーを食べる姿が印象的だった。ナンとともに手を汚すことなく巧みに食べていた。

抱擁の時に何を話しているのかわからないが、「愛しい息子(娘)よ」と言っているらしい。かなり力強いものを感じた。会場はスピリチュアルな雰囲気に包まれ、ここに参加している人もなんとなくスピリチュアルな雰囲気をもっていることが感じられる。このようなイベントを世界中で行い、その収益は各種人道活動、災害救助活動に使われているという。

人相部位高広、上墓

  人相の部位(青丸部分は高廣、上墓と呼ばれる)

さてこういうスピリチュアルな資質というのはどんなところに現れるのか、運命学的にとても興味があり、見知らぬ人の誕生日を聞くわけにもいかないので、道く人の人相の特徴をさりげなく観察した。すべての参加者がそうであるわけではないが、上図の青丸部分がそれとなく隆起している人が多いように思った。人相学の本による高廣(突然の出来事)上墓(先祖との因縁)を表す部位で、信仰心の厚さと関係がありそうな部位である。

この記事のリンク | 人相学 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
北島三郎〜強烈な個性〜
北島三郎は「女」シリーズ、「任侠」シリーズで人気を博し、長く演歌の大御所として君臨した。2014年4月21日で座長公演は引退したが、その後も小講演は続けている。2016年に旭日小授章を受賞している。

北島三郎人相
    北島三郎

私の北島三郎のイメージは、男っぽい、なんとなくヤクザっぽいという印象である。植物男子などという軟弱な男子がもてはやされる今風の世の中で、彼の存在はまさに「男」を感じさせるものである。それは私の主観であるので、客観的に人相をみたらどうなのであろうかと思った。彼の人相をみると非常に男らしい特徴がある。地閣(顎)の豊かさ、法令線の深く長い刻み、直線の眉、きれいに揃った3本の額の線等男性的な特徴がある。ここまでなら確かにヤクザの親分さんにしても務まる男性的覇気に富んでいる。ただ眼はいわゆる「垂れ目」だし耳も口も小さいので、そこには女性的な優しさがある。そして彼のホロスコープがこれまた素晴らしい。やはり長い年月にわたって人気を維持してきた人は基本的に運気が強い。

北島三郎
北島三郎のホロスコープ(お昼の12時で設定)

生まれた時間は分からないのでお昼の12時で設定したが、とにかくチャートは強い。上からみていくと、月は生まれた時間によって変化するが、彼の場合はおそらく高揚だろう。勲章をもらったことでも分かる通り、特に強力というわけではないが、「永続する名声」を意味するガジャケサリヨガも成立すると思われる。火星はアスペクトバック、水星は逆行なれどムーラトリコーナ、金星もムーラトリコーナの度数に近い。木星もアスペクトバックし土星もムーラトリコーナである。ラーフ、ケートゥも位置的にいって吉星化している。月からみて10室にはムーラトリコーナで、9室10室支配のヨーガカラカの土星がある。太陽からみた10室には吉星化したケートゥがあり、ディスポジターの水星は1室10室を支配する。強くないのは太陽位のものである。当然のことながらビジネスでの成功をもたらす。やはり長年にわたって芸能界に君臨してきた人は基本的に運が強いのである。

 
この記事のリンク | 人相学 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
人相における画相〜霊視の一種〜
人相学の見方の一つに「画相」というものがある。顔のある部位にある人物の顔が透かしのように映る現象である。私も一度だけ偶然みたことがある。私のところに勉強にくるある生徒さんに教えていた時のことである。夫妻宮から疾厄宮、遷移宮にかけて白い気色が走り、その中に男性が斜め下を向いている画相を偶然見たのである。話をしたら夫が危篤状態にあるとのことだった。そして3日後にその方の御主人は亡くなった。

人相図
      人相図

あとでどうしてそんなことが分かったのかと聞かれたので、専門外のことなのでさしたる根拠はないけれど、配偶者を表す夫妻宮と病気を表す疾厄宮のあたりに、不吉を意味する斜めに顔の画相が見えたからという話をした。画相というのは人相学の専門家から言わせると霊視の一種らしい。私はあまりそういうことは信じない方なのだが、この時はさすがに神秘観にうたれた。
この記事のリンク | 人相学 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
翁長沖縄県知事〜目立つ法令線〜
翁長沖縄県知事は普天間基地移設を巡って、政府と訴訟合戦を繰り返している。マスコミが書かない真実の沖縄情勢については目下の所私は特に断定的に言い切れる語るほどの情報量はもっていない。つまり明確には把握していない。ただ以下の3点については正しいだろう。
 琉球独立を沖縄県民が本当に望んでいるか疑わしい
沖縄タイムス琉球新報は左翼系であり偏った報道をしている。
 普天間移設に反対運動家の多くは本土からの左翼運動家である。

いろいろ考えさせられる点としては
 _縄米軍基地に反対している人もいるかと思えば、基地に依存して生活している人もいるので一概に沖縄基地反対と言うことはできない。
◆‐来的に沖縄基地が地政学的な価値を持ち続けるのか、輸送力の量、スピードが近未来に飛躍的にまし、海兵隊や基地がグアムその他に移転しても十分に有事に対応できるのかどうかは分からない。
 彼の娘婿は中国共産党員であり、中国との不透明な関係をいろいろ指摘されている。

いずれにせよその火中にある人物が翁長県知事である。彼の詳しい履歴、生誕時刻等分かっていればマンデーン的にみていくこともできるのだが、今日の所は人相鑑定にとどめる。

翁長知事、法令線
 翁長県知事の見事な法令線

翁長氏の人相で目立つのは、何と言っても見事なばかりの濃くはっきりと長い法令線である。それと額の皺は一本だけくっきりと出ている。法令線のはっきりしている人は仕事に対して責任感があり、最後までかっちり仕上げようとする人である。親分肌で政治的野心も多分にある。女性はともかく男性ならこの線を化粧で隠す必要はない。額の一本皺は一匹狼であることを示すもので、頑固で誰の言うことも聞かない。自分の思惑で動くである。人相の3停バランスをみると顔の下部、つまり下停が発達している。財運、部下運を示す地閣の発達がめだつ。こうした点を考えると、翁長氏は理想主義や観念論で動く人ではない。つまり沖縄独立などというのは口先だけである。実際は、最貧県である沖縄に対して、その権利を主張して政府をゆさぶり、沖縄への財政援助を大幅に増やすことを狙っていると見た方がよい。
この記事のリンク | 人相学 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
周近平中国主席の人相
中国の主席周近平の人相をみてみよう。彼が首相になってから中国は今政治的にも経済的にも不安定である。今や不動産バブル崩壊で経済成長は7%を下回っている。中国の経済指標は信頼性が薄く貨物輸送量、貿易取引数字は大幅減少で、実際はマイナス成長ではないかと言われている。政治的には腐敗撲滅運動を展開したが、実はこれは政争の口実にすぎず、江沢民派、胡錦涛派を追い落とす手段となっている。そのための周囲からの摩擦軋轢は強く、数度にわたる暗殺未遂説も出ている。

周近平人相
       周近平

周近平の人相をみると準頭(鼻)と地閣[顎)はしっかりしている。法令線も出ている。経済基盤がしっかりしている事、特に不動産運がある事、気力がしっかりしている事等が挙げられる。耳も目の下についていて意思力は強い。結婚運をみる妻妾宮(こめかみ)は肉づきがよく血色も良い。有名歌手を妻にしているだけのことはある。駅馬も傷がないので高速鉄道や原発投資等の海外ビジネス運があるのだろう。鼻を中心とした小人形法で見る限り今現在は特に健康に問題はない。
ここまでは彼の強みと見るところである。

彼の弱さは額にある。額は角額であるが髪と皮膚の境目ははっきりしていない。迷いやすい弱さがある。額の線、天紋、地紋、人紋ともしっりしていない。上司からの引立て運は弱く部下からも必ずしも支持されない。それでいて一匹狼でやるには迷いやすい相である。人中もそう深くないのでなんでもやりぬく強さはない。確かに彼には江沢民の上海閥、胡錦涛の団派のような強力な支持基盤がない。軍部も掌握しきれていない。そんな運のなさが額にでているようだ。

人相学にも流年法があり初年運、中年運、晩年運と大雑把にはみていける。気色、画像等で今現在の運気も読める。だが詳細な運命を見るとなるとやはり占星術や命理系占術でみていくのがよいだろう。
この記事のリンク | 人相学 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
人相学(9)〜妻妾宮〜

 妻妾宮とはいわゆる目尻、こめかみの部分である。目尻は魚尾と呼び、こめかみの部分は奸門と呼ばれている。ここはれ恋愛や結婚運をみる部位である。この部分に陥没等の傷がなく紅潤色で輝いていれば結婚運がよい

小室直樹(妻妾宮の陥没).jpg
 小室直樹氏の妻妾宮

小室直樹氏は生前は博識を誇り、知的方面では日本の先端をいく人物だったが、結婚運には恵まれなかった。小室氏の妻妾宮をみると見事に陥没しているのが見て取れる。やはり彼は女運はなかった人なのだ。額の皺をみると中停の横線が一本はっきりでているが、後の線は細かく切り切れである。生前の氏は論客であったが故に、複数の異なる学部を卒業している幅広い学識の持ち主だったが、大学アカデミズムにはどうも馴染めなかった。中停の一本皺は一匹狼に終始した人生であったことを物語る

この記事のリンク | 人相学 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
桝添要一新都知事の人相

 新都知事になった桝添要一氏は、日本の政治家の中にあって、抜群の学識と実務経験を持つ有能な政治家である。そのような意味からは、私個人は彼は都知事以上になってよい人材と思うのだが、テクノクラートが必ずしも評価されない日本社会では、彼は運命学的人相学的に政治家としての弱点も持っている。

桝添の人相
 桝添要一新都知事

彼の人相の特徴をみると。額の皺は2本だけであること、眉が短く途中で曲がっていること、目と鼻が大きいこと、顎(地閣)が拾いこと、法令線は左側が濃いこと等が挙げられる。

額の皺が下の線が2本だけというのは確かに彼の政治人生はそうである。東大の教官を自ら辞めたし自民党も自ら出て行った。つまりは組織の支援や上司の引立てを断る、上長に対して頭を下げない質である。それで損をしているともいえる。確かに東大にいたら総長になってもおかしくないし、自民党にそのままいたら総裁候補にはなったであろう。もっとも都知事は東京都ではトップの要職だから上に立てばそれなりに活躍するだろう。

弓型眉は短気であることを示し、このことはかつて彼が「朝まで生テレビ」に出演していた時の言動を見ればわかる。口角泡を飛ばして激論をしていたことを思い出す。目が大きいことは彼が派手好きで目立ちたがり屋であることを意味し、だからこそマスコミに出たがるのであろう。鼻の大きいのは気力の強さを示すのでこれはまあその通りだろう。

地閣は広いが奴僕に肉付きがない。部下を使う度量の大きさをもっている反面、部下への指導力に欠けるという矛盾点がある。左側の法令線だけが明瞭なので公的地位はある程度は得るが私的に彼を尊敬する者は少ないことを意味する。週刊誌に金と女の話が書かれていたし、選挙期間中に女性スキャンダルをめぐる怪文書が回ってきた。政治家を巡るネガティブキャンペーンに金と女はつきものだからこれだけで判断をしてはいけないが、こんなところに彼の不徳があるのかもしれない。

この記事のリンク | 人相学 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
安部晋三氏の人相

衆院選は予想通り民主党が大敗し、自民党が単独多数を占める結果となった。新しい首班指名は安部晋三氏になる筈だが、彼のホロスコープと新政権の行方を占う前にまず彼の人相を分析してみよう。

安部晋三氏の人相
   安部晋三自民党総裁

安部晋三氏の人相には強気の面と弱気の面の両方あるが、意外と意志の強い所がある。強い点は、額の3本の皺が明確に刻まれていること、太い男性的な眉、高い鼻根、深い人中と法令線、耳が低い位置についていること等である。弱い点としては丸い富士額で女性的な感性をもっていること、目が垂れ下がっていること、唇が比較的小さいこと等である。

彼の額の3本の皺は上司運、自我の強さ、部下運のいずれも備えていること、深い法令線はしっかりした地盤をもっていることがうかがえ、父親の安部晋太郎氏の地盤を受け継いでいる。

鼻と口の間の縦の溝である人中は実に深い。外見からは弱々しいと思われがちだが一度こうと思ったらやり抜く強い意思をもっている。意思決定も早い。総理大臣としては奴僕の発達が今一つなので、反対派の意見にも耳を傾ける度量うぃもつことが望まれる。

この記事のリンク | 人相学 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
人相学(7)〜野田首相の人相〜
日本中がオリンピック熱に浮かれている間に、国会では消費税増税が決定されてしまった。 消費税増税を柱とする社会保障・税一体改革関連法は、10日の参院本会議で採決され 、民主、自民、公明3党などの賛成多数で可決、成立した。現行5%の消費税率は平成 26年4月に8%、27年10月に10%へ2段階で引き上げられる。これから日本経済はどうなるであろう。その前に国会解散は必至だ。野田首相の人相をちょっと分析してみよう。

野田首相.jpg
野田首相

野田首相の人相を写真でみると、目立つのは額の皺である。3本の線がはっきりと出ている。i一番上の線が上司からの引立運、真ん中の線が自我の確立、下の線が部下運を示す。これが3本揃えっているので、人間関係の処理はなかなか上手である。人間社会は同じ実力ならなんと言っても人間関係の上手な人の方が世の中から認められる。政治の世界ならましてやそうである。鳩山、菅に続く民主党内閣の中ではこの人が一番長続きしている。

耳は閉耳であり、頭部にぴったりついている。こういう人は口が固い。確かに鳩山のような浮ついた理想主義的なことは言わないし、菅のような直情傾向でもない。小沢対応でも過激な言葉は使わなかった。野田首相に関してはあまり失言で野党から追及されることは今の所ない。この耳は目尻より下に位置しているので、静かな中にもなかなか意思は強い人である。妻妾宮は豊かだし傷は見られないので、結婚運のよい人であろう。臥蚕、涙道も豊満なので人情家である。確かにあまり敵は作らない人である。

しかし、目は小さいので目立つことは嫌いだし苦手である。口も小さいのでそう気が大きい方でもない。何よりも総理大臣になった割には人中は浅いし、法令線も通っていない。彼の一族には政治家はいないし、彼自身官僚出身でもない。いろいろな職業を転々としてきた。政財界に大きな支持基盤をもたない由縁である。

これからの政局には興味があるが、人相はあまり将来について細かくみる占いではないので、近未来については占星術或いは易でいずれ見ていきたい。
この記事のリンク | 人相学 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/2PAGES | >>