Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
清原和博と薬物騒動

元プロ野球選手清原和博の薬物事件が大騒ぎになっている。現在、清原和博は拘留中であり、事件の背景はこれからいろいろ解明されていくことであろう。彼は生まれた時間は明らかでないが、その範囲内でも予測できる手法を使って事件の推移を解明していこう。

清原和博
  清原和博のホロスコープ(生時は不明)

彼の生時は不明なのでアスペクト中心にみていくことにする。予想通り、薬物を意味する海王星が木星、水星、太陽とハードアスペクトを組んでいる。これに反して、体力、行動力を表す火星は金星、冥王星、天王星とソフトアスペクトである。抜群の運動神経と体力、華やかな人気を示すものである。これに対して海王星は、理想を追い求めすぎるところからくるストレス、精神力の弱さからくる現実逃避、無気力さ等を表す。これだけ海王星がきいているとそのはけ口として麻薬にはしることも肯ける。火星/冥王星の示す強靭な体力、精神力とまったく相矛盾する清原の一面である。


清原プログレストランジット

       清原のプログレスとトランジット
清原アスペクト表

     アスペクト表
これが現在の清原の3重円である。ソフトアスペクトとハードアスペクトの数だけをみたら窮地に陥ったとは読めない。確かに現在の清原の状態であっても、「やさしい人情家である」「昔、彼には面倒をみてもらった」「何とか立ち直ってもらいたい」という周囲の声は多い。ある意味で、いまだ支持があるのである。しかし決定的なマイナス要素がある。太陽プログレスは土星とオポジションであり、しかもオーブ0度の状態にある。体力や健康をしめす火星トランジットは水星とスクエアである。心理的精神的な原因からくる健康障害と見ることができる。薬害であろう。
      
ハーフサムをみると太陽プログレスが突発軸(月/天王星)にコンタクトしている。清原の薬物疑惑は2年前から捜査が入っていたようで、ここにきて急激な環境変化が起こっている。もう一つは太陽トランジットが愛欲軸(金星/火星)、土星トランジットが欲情軸(金星/冥王星)にコンタクトしている事である。いずれも欲望を満たしたり享楽にふけることに大きく制限がかかっている状態にある事を示す。清原が現実逃避していた麻薬は収監されたことによって、禁断症状的な苦しみがでていると推測できる。

この記事のリンク | 西洋(プログレス) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
安部首相〜2014年の運勢〜
政府が1月に発表した月例経済報告では個人消費、設備投資の伸びがみられそれに伴い株価も大きく上昇している。政府は報告書で「景気回復」と6年ぶりに明記した。いわゆるアベノミクスによる景気回復の面は否定できないが、4月からの消費税値上げ、雇用情勢の回復の遅さ等を考えると、今後がどうなるか気にかかる。2014年の安部首相の運気が注目される。1国の景気がどうなるかを示す指標は、占星術的には建国チャート、春分図、魚座新月図等さざまな指標がある。その中の有力な指標の一つとしてその国の指導者の運勢があることは間違いない。

安部晋三2014年1月
        2014年1月の3重円チャート(SG使用)

安部首相の2014年1月現在の3重円チャートであるが、大きな特徴は太陽プログレスが木星、天王星と120度、冥王星と90度のアスペクトを組んでいる。その他に冥王星トランジットは火星、ドラゴンヘッドとコンジャンクションである。冥王星という極限をいく現状変革をめぐる大きな困難に直面しているもののじっくりと堅実に日本という国の改革に着手している。財政的な繁栄や年長者からの支持がある。理想主義にむけてエネルギーを集中している時である。健康問題は目下の所不安がない。


安部晋三2015年1月
      2015年1月の3重円チャート(SG使用)

それが1年たつとどう変化するかであるが、太陽プログレスは天王星と120度であり彼のめざす改革は概ねうまくいくだろう。しかし天王星トランジットは火星、ドラゴンヘッドと90度なのであまり性急な改革は周囲との衝突を引き起こすだろう

安部晋三成功軸2015年1月
2015年1月のトラッジットハーフサム
(成功軸の成立)

トランジットハーフサムで見ると、太陽、天王星、MCで成功軸を形成しているので、安部首相の経済活性化や政治改革は今年度に限ってはうまくいくだろう。(2015年以降は未だ見ていないので分からない)

これは彼の運勢にとってよい変化を起こすということであって、日本国或いは日本国民としてどうなのかをみるにはマンデーンチャートも併用してみていく必要がある。しかし、一般的には首相の運気のよい時期は国家の運営もうまくいくものである。これは思想的に右か左かということとは関係がない。
この記事のリンク | 西洋(プログレス) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
安部首相の首相就任時の3重円チャート
 安部首相の就任時の3重円は以下のようになっている。

安部晋三首相就任時
    安部首相の首相就任時の3重円(SG使用)

太陽プログレスとネイタル木星のトライン、ドラゴンヘッドのネイタル木星のトラインと同時に冥王星とはスクエアを形成している。木星とのトラインは彼が幸運期をむかえたことを意味する。彼が自民党の長老、有力者の引立てや党内全体の支持を得やすい時期であったことは明白である。しかしその反面、温厚そうな外見にもかかわらず、強烈な個性と自己主張の為に後援者の支持を失うか、非常に困難な環境の変化を招く危険性も秘めている。しかし、火星プログレスはネイタル水星とトラインをくむので、強い目的意識をもって行動する。そしてその積極性は彼の政治的意図の遂行にプラスとして働くだろう。

太陽プログレスは2013年度は木星とトライン、冥王星とスクウエアの両方のアスペクトを保つので、危機に直面しながらもその政治的地位は保つと思われる。懸念される安部首相の健康であるが。2013年12月後半に冥王星トランジットが月とオポジションになるのでここで健康を崩す可能性がある。しかし冥王星トランジットは6室に入るわけではないのでそれほど深刻なものではない。
この記事のリンク | 西洋(プログレス) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
ミット・ロムニー(西洋占星術)〜失言が響く大統領選〜

オバマとロムニーによる第1回テレビ討論会が3日夜、コロラド州デンバーで行われた。選挙戦初となる直接対決であり、両候補は経済、雇用問題をめぐり激論を展開した。ロムニーはオバマ政権下での経済停滞を批判し、中間層の負担を減らす減税による経済活性化の必要性を訴えた。CNNの世論調査ではこの討論はロムニーが勝利したとの回答が67%に達したと報じている。

ロムニーネイタル
     ミットロムニーのホロスコープ(SG使用)

ロムニーのホロスコープの大きな特徴は、グランドトラインとハードアスペクトがともにみられる点にある。世の中の成功者にはこの特徴がよくみられる。ソフトアスペクトだけの人間は逆境に耐える力をもたず、逆にハードアスペクトだけの人間は幸運を捉える運に恵まれず、安定を保つ勢いに欠ける。金星、海王星、ドラゴンヘッドのグランドトラインは強固で安定したな宗教的基盤をしめすものである。特に10室に金星があがっているので広報面の才能や社交性があり人脈による成功をもたらすものであう。もちろん実業家としての才能もある。反面、金星は冥王星とオポジションであり、家庭的束縛が強くそれがしばしば彼に金銭的出費を強いる運命にある。彼が伝統あるモルモン教徒の家系に生まれその制約や教会に対する奉仕義務等によるものであろう。月が6室にあり他人のために尽くしたり世話を焼く一面がある。

11室に惑星が集中し、友人関係に恵まれサークル活動や交遊活動に力を注ぐタイプである。それは政治家としては悪くないが、太陽はあまりよい状態にはない。太陽は天王星とスクエアであり反骨精神が強く改革精神に富む一面はある。しかし、反面、運命劇変や事故に遭いやすい。水星も天王星とスクエアである。失言によるコミュニケーション能力を問われ、本人もそのことを後悔しひどく気に病む傾向がある。



2012大統領選
     ミット・ロムニーの3重円チャート(SG使用)

上記のネイタルチャートの特徴に加えて、3重円チャートでも太陽プログレス、水星プログレスはよい状態でない。まさに失言問題で政治的立場を失う配置である。水星と木星のオポジションは本人の準備不足や楽観的すぎる態度が裏目と出る時期にである。そのために政治的に失敗する。

ロムニーは富裕層との非公式会合で発言したことを公開暴露されてしまった。彼の発言は以下の通りである。

「47%の人びとがいる。彼らは政府に依存し、自分たちを被害者だと信じ、政府には自分たちのケアをする義務があると信じ、医療保険や食料、住宅、その他なんでも貰う資格があると信じている」
「この人たちは所得税をまったく払っていない。だから、われわれの減税のメッセージも届かない。私が彼らに対し、あなたたちは自己責任をとるべきであり、自分の生活は自分でケアしなければならないと説得できることはないだろう。

この発言はオバマ陣営の格好の攻撃の材料となった。まさに準備不足、警戒心不足の失言だろう。その他一連の失言問題が、彼の選挙における立場をひどく不利なものにしてしまった。

この記事のリンク | 西洋(プログレス) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
真鍋政義(1)〜日本女子バレーボール監督〜
 いよいよロンドンオリンピックが始まる。米誌スポーツ・イラストレーテッドの最新号では日本の金メダル獲得数は12個と予想している。オリンピックというより短期のスポーツイベントはインド、西洋を問わず、監督やリーダーのプログレスやトランジットの瞬間風速的強さが物を言う時が多いものである。

かつて私はバレーボールをやっていたことがあるので、今でもバレーボールに関心がある。ロンドンオリンピックでもぜひ日本チームに活躍して欲しいと思う。日本女子バレーボールチームの真鍋政義氏のホロスコープをみると今現在のプログレス、トランジット、ハーフサム、分割調波が強いので、かなり活躍できるのではないかと期待している。活躍が期待できるとは金メダルが取れるという意味ではなく、現在の日本女子バレーの持てる力がいかんなく発揮されるという意味である。

真鍋ネイタル
真鍋政義氏のネイタルチャート(生時はお昼の12時に設定:SG使用)

真鍋氏のネイタルチャートは、地のサイン乙女座と獅子座に惑星集中しここでは月、冥王星コンジャンクションでソフトアスペクトができていること、火星に凶アスペクトが集中していることが主な特徴である。iPadを駆使した緻密なデータバレーや困難にめげず戦い抜く姿勢がうかがえる。

真鍋正義
真鍋政義氏の三重円(SG使用)

彼のプログレスは現在非常に強い状態にある。月プログレスはネイタル天王星とセクスタイルで臨機応変に行動してチャンスを得ることになる。火星プログラスはネイタル月とセクスタイルで思い切った一か八かの行動がチャンスを作ることになる。

真鍋太陽プログレス
ハーフサム(恋愛軸)

ハーフサムをみると、金星、天王星の喜び事を示す軸に太陽プログレスがコンタクトし、満足がいく環境条件が整っている。

これらを総合すると日本の女子バレーは、そのもてる実力を発揮できる環境下にある
この記事のリンク | 西洋(プログレス) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/1PAGES |