Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
ナディ占星術とナクシャトラ
インド占星術が日本に段々広がってくると、従来日本に伝わってきたインド占星術とはちがうタイプの占星術がいろいとある事が分かってきた。一口にインド占星術と言っても、パラーシャラ系の占星術やラオ派の占星術だけではない。ラオは宝石処方を嫌っているが、それが効果を持つかどうかは別にして、いわゆるレムディを積極的に活用しようとする一派は厳然と存在する。そういう一派にインチキが多いのは事実だが、全否定するまではいかないようだ。ジャイミニタジク占星術もあれば、KPといってインド占星術でありながらプラシーダス方式を使う占星術もある。プラシュナにもタロットカードのようなものを併用する一派もある。これらの占星術をすべて手掛けることはもちろん不可能だが、実際のインドではいろいろと違うタイプの占星術があることは事実だ。中でもひときわユニークなのが「ナディ占星術」と呼ばれるものだ。これはまだ日本では全貌が明らかではない。

「ナディ占星術」はあの「アガスティアの葉」と関係する。アガスティアの葉なるものが本当にあるのかどうかは、私は知らない。実際に南インドのアガスティアの葉と関わる場所に行った人に何人かに聞いてみたが、インチキだという人もいればあまりに当たるのでびっくりしたという人もいる。なにが当たるのかと聞いてみると大体次のような事を言う。

1 手相或いは爪をみて、名前と誕生日を当てられた。それも行った本人だけでなく、両親や祖父母の名前や誕生日を言い当てられた。なにか事前に調べたのではないかと疑ったが、どうもそうとは思えない。
2 自分の寿命を何歳の春頃までとはっきりと言われた。しかし、これはその時になってみないとわからない。
3 実際に葉を持ってくる場合と、それを葉から写した紙を持ってくる場合とがある。
4 実際の職業とか結婚とか具体的な問題にあると案外曖昧な答えしか返ってこない。

鑑定書なるものを見せてもらったことがあるが、我々が知っているインド占星術と比べると、ナクシャトラとナヴァムシャを重要視しているように思える。いずれにしても謎である。



 
この記事のリンク | インド(ナディ) | comments(1) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/1PAGES |