Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
浮気不倫の鑑定と研究仮説
鑑定内容で一番多いのは「恋愛結婚」であるが、その中でも多いのが「浮気不倫」相談である。交際中の人との相性を見て欲しいとか、結婚するのでよい日取りを選んで欲しいとかいう前向きの相談はそれほど多くない。「浮気不倫」相談は正直言って気が重い。こういうことで相談にみえるのは圧倒的に女性である。浮気不倫の件数なら男性の方が女性より多い筈だが、男性からの浮気不倫相談は受けたことはない。

浮気不倫鑑定で難しいのは、本人に後ろめたい気持ちがあるせいか、質問してもなかなか本当のことを言ってもらえないことである。旦那に生活能力がない、働かない、暴力をふるう等々を浮気不倫の理由に挙げる人が多い。そういう場合もちろんあるが必ずしも真実ではない。そこをしっかりわきまえてないと判断を間違える。どちらが原因を作っているかは、夫と妻の両方のホロスコープをみれば一目瞭然で分かる。

こうした浮気不倫をする人の特徴はどこにあるのか研究してみたい気がする。研究するといってもある程度の数の母集団がないとできない。しかし浮気不倫相談は非常に多いし有名人の浮気不倫事件は日常茶飯事で報道されるので、鑑定依頼者の秘密を守ることを前提として、研究の母集団にはことかかない。ホロスコープ上の特徴を掴むのも、浮気不倫防止のためである。こうした問題はいわゆる「魔がさす」ということがある。どんな真面目な男でも目の前に裸体の美女がでてきたら心を動かさない男はいない。そういう意味では本格的に研究するにはダシャー、トランジットも併せてみていく必要がある。不幸な出会いの一種であるので、「カルマ」的な要素も多分にある。最近、浮気不倫で話題になった有名人チャートに共通点はあるだろうか。とりあえず最近話題になった4名だけをあげてみよう。

乙武洋匡
    乙武洋匡

宮崎謙介
    宮崎謙介(生時は不明)

ベッキー
     ベッキー

普通、浮気不倫問題で考えられる着眼点は、惑星なら金星、火星、木星、ラーフ、ハウスなら3室(性的好奇心)、5室(恋愛)、7室(パートナー)、8室(不道徳)、12室(秘密の情事)、分割図ではナバムシャ(結婚)、ヴィムシャムシャ(精神性)が考えられる。星座なら牡羊座、蠍座、射手座、分割図ならナバムシャ(結婚)、ビムシャムシャ(精神性)あたりである。これらがいわば浮気不倫のパラメーター(変数)になる。

乙武洋匡は、7室に高揚の金星、減衰の水星があり3惑星が集中している。太陽は12室支配で7室在住である。宮崎謙介は生時不明だが月は使えるので月ラグナでみると8室に金星があり、9室で火星が高揚しラーフが絡む。ベッキーは5室に火星土星の凶星のコンジャンクションがあり、8室に金星がある。

桝添要一
    桝添要一(生時不明)

3回の結婚と愛人に2人の子供がいる桝添要一は牡羊座ラーフとムーラトリコーナの金星が対向アスペクト射手座に火星と木星がある。こうした特徴をサンプル数を増やして分割図、ダシャー、トランジット等総合的にみていったら面白い。ここではあくまで着眼点(仮説)を示したに過ぎない。
 
この記事のリンク | 浮気不倫 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
宮崎謙介〜不倫議員の浮気の顛末〜
元衆議院議員宮崎謙介の浮気不倫の行状が、週刊文春を始めとして矢継ぎ早に暴露され、さすがのプレーボーイも代議士を辞職せざるをえなかった。妻とともに所属していた二階派もかばいきれなかったようだ。週刊文春の2月18日号で、妻が出産入院中に、京都市の自宅マンションい女性タレントを引き入れたという記事が掲載された。そればかりでなく、妻の金子議員の婚約時は二重婚約をしていたとか、国会内の女性事務員を誘っていたとかいろいろ書かれてしまった。国会議員としてモラルにおとる彼のホロスコープを分析してみよう。

週刊文春記事他

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/5885

http://zoot.blue/news20160218-1/

http://旦那の浮気.jp/geinoujin-uwaki/bunshun-miyazakikensuke.html

http://www.nikkansports.com/general/news/1605892.html

宮崎謙介
 宮崎謙介のホロスコープ

彼の生時は不明であるが、この誕生年月日あたりのジャンマナクシャトラから考えると、イケメンでバランスのとれた容貌や物質的で享楽的な傾向、目立つ大衆への影響力、政治志向の強さ等から、月はローヒニーナクシャトラが妥当と思われる。ここでは詳しく述べることは省略するが、彼の生まれた家庭のよさ、少年時代からの好色性、そしてダシャーの推移、トランジットのタイミングを考えると、牡牛座ラグナがふさわしいと思う。

国会議員による育児休暇取得の提案実行など、大衆受けするパフォーマンスは月の高揚がもたらす行動である。村会議員の父をもつ。アセンダントと月からみた8室射手座に金星があり、その奔放な浮気癖、結婚問題への悪影響がうかがえる。

彼は、2012年以前はラーフ期と推測される。ラーフからみた7室には惑星が集中している。7室惑星集中の人はよくも悪くももてるのである。だから彼も女性は誘えばついてくるくらいの自信があったのだろう。彼の浮気癖はラーフ期の女性に対する成功体験?からくるものだろう。

宮崎謙介D9
 ナヴァムシャチャート

宮崎謙介20160219トランジット
2016年2月18日のトランジットチャート

ダシャーをみると2006年からラーフ期から木星期に代わり、この年に加藤鮎子と結婚する。2012年の木星/水星期で水星が10室支配の時に自民党で初当選する。

面白いのは、2015年5月に金子恵美議員と婚約は発表の時、木星と土星は7室(結婚)と同時に9室(5室から見た5室(子供))にもダブルトランジットをしていて、この結婚が「できちゃった結婚」であることが肯ける。今回の浮気不倫騒動では、ただでさえ問題のある金星8室に、逆行木星とラーフのコンジャクションのコンビが8室に同時にアスペクトしている。木星期は倫理に反する行動は神から処罰を受ける流れがうかがえるが、そこにグルチャンダラとなる木星/ラーフのアスペクトが引き金をひいたように思われる。

こういう人間が代議士になるのは、公募制で本人のバックグラウンドをよく知らないで推薦する制度に問題があるし、何よりイケメンだけで投票する有権者の意識の低さに問題がある。
この記事のリンク | 浮気不倫 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
ベッキー騒動とトランジット
タレント、ベッキーの浮気不倫がえらい騒動になっている。こういってはなんだが芸能人の浮気不倫離婚騒動など日常茶飯事である。もちろん感心したことではないが、彼女に限ってなんであんなにマスコミは大騒ぎするのかと不思議に思う。しかも、それに対応して彼女のCMスポンサーやテレビ局まで呼応して、結局彼女は休業に追い込まれてしまった。こういう場合は、占星術的には何かあるかなと思ったので少し調べてみた。SMAP、ベッキー、清原と不可解な事件が、特定の人物の上に次々起こるのはこれらの人達の星の配置と関わりがあるからである。

ベッキー
 ベッキーのホロスコープ

ベッキー暴露時
週刊文春報道時のトランジットチャート

ベッキーの生まれた時間は2chの中に比較的信頼できるサイトの中に書き込があったのでそこから採用した。今回の騒動の発端はいわゆるチクリから始まっている。ネイタルの太陽からみた7室は獅子座であり、そこに木星トランジットとラーフトランジットがあり、両者は極めて狭いオーブのコンジャンクションをしている。土星トランジットも7室にアスペクトしている。火星トランジットは恋愛の5室にあり、土星トランジットとともに不道徳の8室にアスペクトしている。彼女の場合、重要な働きをする社会性を表す太陽に対して、この7室の木星/ラーフはグルチャンダラ的な働きをすると考えられる。不倫をしたり、それをチクラれ過熱に報道され、それに対して彼女も反発するという一連の過激な連鎖は火星や土星の過激な作用と関係があるだろう。それ故、太陽の社会的立場を失ったと考えられる。
この記事のリンク | 浮気不倫 | comments(5) | trackbacks(0) | top↑ |
浮気不倫相談について
鑑定依頼で一番多いのは何と言っても恋愛結婚相談である。極端に言えば、他の事が見れなくても、「恋愛結婚」相談が的確に鑑定できればそれで占い師としてやっていけるだろう。恋愛結婚相談と言ってもいろいろあって、必ずしも前向きの相談ばかりではない。離婚、浮気不倫、夫婦生活等々少々気が重くなる相談も決して少なくない。

恋愛結婚をみるポイントは簡単に言えば、恋愛は5室、結婚は7室、その他に12室の状態とその支配星。惑星でいえば金星とラーフ。そして7室がらみのダシャー期。理論的にはこれらの状態をみればすんでしまう。だから簡単など言うことはない。実際にはたったこれだけの要素であってもコンジャンクション、アスペクト、機能的吉星或いは凶星、ケンドラ及びトリコーナハウス、ドウシュタナハウス等々いろいろ絡んでくる。そして相性の良し悪しを見ることも又ひと作業で、これらを頭の中の思考回路で交通整理していくのはなかなか大変な作業である。

占い師の中には、浮気不倫などとんでもないとして説教する人もいるようだが、私はそういう倫理的道徳的な事についてはあえてコメントしない事にしている。現在のままの結婚生活と離婚後或いは再婚後の生活と比べて、どちらが鑑定依頼者にとって幸せであるかということだけを見る。そうは言っても、経験上から言えばあまり利己的な振る舞いをしている人は決して良い結果は招かないことも事実である。それにあまりに込み入ったドロドロした相談は気が重い。若い経験の浅い占い師にとってはきっと重荷だろうと思う。

恋愛結婚相談の場合、2つの場合がある。一つは女性が女性の占い師の所に相談にくるケースだ。この場合、同性の方が気持ちは分かるだけに気持ちの癒しにはなりやすい。恋愛結婚トラブルがまだ深刻でない場合、まだ多くの可能性を残している場合はこちらを選択するようだ。しかし話が深刻なってきて厳しい対応を迫られると、あえて男性占い師のもとを訪れ、厳しくても客観的な判断を求めるケースが多いと思う。
この記事のリンク | 浮気不倫 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/1PAGES |