Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
森友文書改ざん問題をめぐる国会の攻防

森友問題が又再燃している。私個人は今の日本にとってはたとえ少々の不正があったとしても、森友学園の問題などより北朝鮮核廃棄問題、米朝首脳会談の方がよほど重要だと思うのだが、そうは思わない人達も日本には4分の1位はいる。そのかなりの部分は団塊の世代からあと10年位の世代だ。この世代はまだアメリカの政治経済軍事の力が圧倒的に強く、中国の力は弱く、日本は戦争責任を厳しく問われ、ただただ平和を掲げて経済活動に邁進していれば、否それ以外に選択肢のない時代に、育ち教育を受けている。そうした時代の刷り込みがあるせいか憲法9条絶対擁護、軍備増強=戦争、原子力=核兵器と受け止める傾向がある私ももちろん平和を愛する。しかし、今やアメリカの力は衰え中国は台頭し、しかも覇権主義的傾向をもち、北朝鮮すら核兵器を所有する現実から目をそらすわけにはいかない。これは政治イデオロギーの問題ではなく現状認識の問題だ。そういう状況変化をアメリカも知っており、日本の憲法改正、自主独立路線をかなり容認するようになっている。だが戦後70年続いた体制の変化に対する抵抗、アレルギーは強くそうした世代からは、米朝首脳会談より森友問題をテコとしてタカ派の安倍内閣を倒す方が重要と思うようだ。そこでまた左右の勢力の衝突が国会で起きている。私自身の政治思想はいったん脇に置いておいて森友文書改ざん問題をめぐる与野党の攻防の結果をみてみよう。

森友国会

 森友文書問題を巡る攻防

森友国会D9

 ナヴァムシャチャート

これをプラシュナ(ホラリー)で見てみよう。占う主体を政府の立場に置いてみてみる。吉星がケンドラにないので政府・与党は苦しい立場に立たされることは間違いない。水星が減衰しているので文書問題で苦しむ。しかし、まずラグナは威厳を表す獅子座にありラグナロードの太陽は1室にアスペクトバックしている。それ以外に凶星のアスペクトはない。トリコーナの9室に凶星はなく政府を表す金星は10室支配で8室で高揚している。内閣が崩壊するほどのものではない。そのあとの結果を示すD9を見ると、11室の火星、5室の金星はムーラトリコーナの星座の位置にあり非常に安定している。土星、木星はアスペクトバック、そして何より双子座の1室には威厳、権威を表すスーリアグルヨガができている。この配置では野党の目論む安倍を倒す力はない。安倍内閣は引き続き政権を担当する。

この記事のリンク | インド(マンデーンプラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
小平奈緒、金メダルを取れるか

今夜9時から、女子500メートルの試合が始まる。小平奈緒選手に金メダルの期待がかかっている。ライバルと目される選手は、韓国の李相花である。直近の試合では小平選手が有利に展開している。小平奈緒の生まれた時間の時刻修正をしたいところであるが、そのような時間的余裕もなく、プラシュナ(ホラリー)で見ていくことにした。

小平奈緒金メダルか

小平奈緒選手は金メダルをとれるか

小平選手を獅子座ラグナとしライバル選手を7室支配星としてみると、ラグナロードは太陽であり7室支配星は土星である太陽と土星は3−11関係にありアスペクトが成り立つ。太陽は水瓶座5度にあり、土星は射手座12度にある。動きの速い太陽は動きの遅い土星より度数が小さい。両惑星の度数の開きは狭いので、良い結果をもたらすプラシュナ独自のヨガであるイタサーラヨガが成立する。故に、これだけで単純に見ていけば、小平選手の勝利となる。その他にも、ケンドラには吉星の水星、金星がありウパチャヤにはケートゥがあるのでこれも勝負強い要因となる。ライバルを示す7室にある太陽、水星、金星の間にはRY,DYがいくつも成立しライバルは非常に手ごわい。4室の蠍座火星も最後まで去就の分からない戦いとなる。7室太陽は1室にアスペクトバックし1室を強化しているので、最終的には相手を上回ると思う。

この記事のリンク | インド(マンデーンプラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
日韓慰安婦合意は破棄されるか

現在の日本はいろいろの外交問題を抱えている。最大の懸案事項は北朝鮮の核ミサイル実験とそれに対応するトランプ大統領の北朝鮮の非難と戦争の可能性である。北朝鮮への対抗手段として欠かせないのが日米韓の緊密な協力と団結なのだが、現在の所韓国の米中両方への二股外交のためにぎくしゃくとした関係になっている。特に日韓関係は慰安婦問題が合意後もくすぶっており、文在寅大統領は、慰安婦や国民の感情的な納得が得られていないとして、合意を破棄することさえにおわせている。これに対して日本側も、合意事項は1ミリたりとも動かさない、合意事項の実行を要求する、もし破棄されれば日韓関係はコントロールが不可能になると主張している。韓国側も、特に保守陣営は合意が破棄された時の、韓国側の国際的信用低下は測りしれないとして、感情ではなく国益を考えて行動しろと、いつにない理性的主張をしている。韓国は本当に日韓合意を破棄するかみてみよう。マンデーンの事象をプラシュナでみてみる。

日韓慰安婦合意は守られるか

韓国は日韓慰安婦合意を破棄するか?

上記のテーマでプラシュナチャートを作ってみた。日本の立場を主体としてみていった。1室は日本、対抗国の7室を韓国としてみていった。1室の支配星の水星は1,4支配で6室ある。力は弱いが一応RYで中立である。しかし強いとは言えない。一方7室は土星、金星、太陽と惑星があるが、8,12のドウシュタナを支配しており、RYは形成しない。7室支配の木星は4、7支配で5室に在住している。そして1室アスペクトし1室を保護している。金星と木星は星座交しているが太陽の近くにありコンバストしている。7室の力もさほど強くない。こうした力関係を全体としてみると7室が1室よりはるかに強いとは言い難い。国家と国家の合意を簡単に破棄することのまずさを韓国側も認識していると思われる。ただウパチャヤに凶星がなくちょっとした環境変化で崩れやすいが、特にドーウシュタナに惑星集中しているわけでもない。韓国は日本にいろいろ注文をつけるだろうが破棄にまでは至らない。また日本側もそうした注文を受けることもない。現状維持の状態が続くと思われる

この記事のリンク | インド(マンデーンプラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
テロ等準備罪は今国会で成立するか

テロ等準備罪の成立がもたついている。野党側はこの法案が成立するのがよほどいやらしく、今国会で最も重要な案件の筈である北朝鮮対策などそっちのけで、「森友問題」「加計問題」での証人喚問や諸々の不信任案等々いろいろの手段を使って成立させないようにしている。これにより審議時間切れを狙っていると思われる。与党側も焦りが出てきて成立を期して18日の会期の延長を考える事態になっている。国会延長をするかどうかはともかくとして、今国会会期中で「テロ等準備罪」が成立するかどうかを見て見た。

テロ等準備法案

プラシュナ:テロ等準備罪成立の成否

国会での政争、法案成立を見るので、対立関係にある1−7軸を重視していくことにする。ラグナロードは木星で乙女座19度にあり逆行はない。木星は1、10支配のヨーガカラカで1室にアスペクトバックしている。これに対して7室支配星の水星は牡牛座の11度で4,7支配のダブルケンドラであり太陽とはぎりぎりコンバストする。木星には火星、土星がアスペクトし凶星化するが、水星も同様に7室が傷つく。これらの力関係から考えると、木星の方が水星より強い4室火星は土星とアスペクトし、強気の判断をしており与党側強行突破する腹積りである。しかし10室土星は逆行0度で状況は流動的不安定である。水星は11度で木星は19度なのでタジクヨガのイタサーラヨガが成り立つ。これらを総合的に考えると、テロ等準備罪は成立する公算が強い。

テロ等準備罪は15日午前8時前に成立した。当初は小幅の会期延長を考えていたようだが、野党側の金田法務大臣の問責決議案提出を契機として、自民党は参院法務委員会の審議を打ち切りいきなり「中間報告」を参院本会議で行い採決をとる方向に決断した。野党側も内閣不信任案の提出など対向手段に出た。まさに火星/土星の絡みのもたらす強行策と衝突いえるだろう。

この記事のリンク | インド(マンデーンプラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
朴槿恵弾劾訴追案の動向

韓国の朴槿恵大統領に対する弾劾訴追の動きが本格化してきた。チェスンシル氏への国家秘密漏えい問題は国民の怒りを買い、連日辞任要求をめぐる激しいデモが行われている。こうなると大統領の権威も地に堕ち完全にレームダック化している。日本ならとっくに辞表提出という事態になっているだろうが、韓国は国情、民族性が違うのだろう。朴槿恵氏は辞任を拒み野党は弾劾訴追を行う構えとなっている。

プラシュナ朴槿恵

朴槿恵弾劾訴追をめぐるプラシュナチャート

彼女の誕生時間は不明なので、弾劾訴追がどうなるかプラシュナ(ホーラリー)を立ててみた。大統領府と野党との政争という視点からラグナロードの木星と7室支配星の水星の関係をみてみた。射手座支配星の木星は吉星でありそこの在住する水星、月も吉星である。朴大統領敵と争う力は弱いとみるが、対する7室支配星の水星も吉星であり何が何でも大統領を訴追辞任起訴に追い込む迫力に欠ける。水星は射手座6度であり木星は乙女座26度であるので、オーブが広すぎてタジクヨガであるイタサーラヨガは成立しない。それでも水星の方が木星より度数が短い所から、野党の力が強いと読める。朴大統領が弾劾訴追にかけられることは必至であろう。

しかし、ラグナロードの木星は10室にあり、4室にもアスペクトバックしている。これだと法律に則って公平な処理をすると読めるる。韓国の法律では弾劾訴追が3分の2の多数で可決した後、憲法裁判所の裁判官の3分の2以上の賛成で弾劾が成立するので、これには期間がかかる。従って、国会で弾劾案が可決しても直ちに辞任退陣という結果にはならない。やはり4月位までは実権は失っても大統領の地位にはとどまるだろう。6室支配の金星と7室支配の水星は友好関係にあり、2室支配の土星と12室支配の火星は星座交換しているので、秘密裡の交渉で何らかの妥協が成立する筈である。

プラシュナD9朴槿恵

  ナヴァムシャチャート

問題はその後どうなるかである。これは第2の質問として月ラグナとナヴァムシャでみていったが、いったんは非常に厳しい結果が待っていると言わざるを得ない。月ラグナはD9では減衰し火星、土星の凶星がアスペクトしている。木星は高揚しているもののグルチャンダラヨガができている。しかし、同時に木星高揚、土星ムーラトリコーナ、10室支配の火星がラグナにアスペクトバックで月はニーチャバンガとなり木星のアスペクトもある。韓国政界の慣行に習いいったんは厳しい判決は受けるものの、既述のように水面下で何らかの妥協、取引が行われ、最終的には恩赦、特赦のような措置で穏やかに収まるものと思われる。

この記事のリンク | インド(マンデーンプラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
イギリスはEUを離脱するか?

イギリスがEUを離脱するか残留するかの国民投票が近づいてきた。イギリスがECを離脱するとしたらイギリスやEUばかりでなく、アメリカ、日本、中国と大きな経済的マイナスが生じると予想されている。イギリスがEUを離脱すると貿易取引上の恩恵が受けられなくなる。安全保障上にも問題が出てくる。金融上で信用収縮が生じアメリカ経済、日本経済にとって大きなダメージになる。ひいては世界経済全体にとって大きな衝撃になる。こういう見方が大方の予想だ。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48953

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48471

http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/19/buregujitto-survey_n_10562874.html

それでもキャメロンの保守党は、国民投票をやる予定だ。賛否は拮抗して、パナマ文書、コックス下院議員射殺事件等々その時々の出来事で支持不支持がの数字が動いている。これについての占い方の基準はいくつかある。

。釘佞寮瀘日

▲ぅリスの建国記念日

キャメロン首相の誕生日

な歇蘚沺∀働党の設立日

ヅ衂柴のイベントチャート

賛否についてのプラシュナ

いくつか調べてみたが、イギリスの確たる建国記念日は分からないし、保守党の設立日時も分からないので、プラシュナで占ってみることにした。この場合、国民投票により離脱決定なら保守党の勝利と判断したので、ラグナハウスには保守党を当てることにした。そうすると第7室は労働党である。

イギリスのEU離脱選挙

   イギリスはEUを離脱するか

チャートをみるとケンドラにもトリコーナにも単独で吉星は存在していない。大きくもめた選挙であろうことは予想される。ラグナロードの火星は凶星であり7室の支配星の金星は吉星である。火星は12室在住で逆行しているが、一方金星は水星と星座交換していて逆行はしていない。7室と8室の星座交換ではいろいろとトラブルが発生する。木星とラーフはこの時点でピタリとコンジャンクショ卯ンして4室にアスペクトしており、国内は分裂状態とでありまさに国を2分する投票であ。金星は13度であり火星は29度である。火星も金星も太陽とイタサーラヨガは生じていない。これら全体を総合すると、ラグナロードより7室支配星の方が強い。故にこの国民投票は野党の勝利、つまりEC残留(離脱)となる。

※キャメロン首相は当初離脱派と思っていたのでが残留と書いたが、あとで彼が残留派である事を知った。それなら野党の勝ち、つまり離脱派の勝利となる。読み方自体はこれで正しいが、前提条件の思い違いによる外れとも言える。(6月24日午後5時)

この記事のリンク | インド(マンデーンプラシュナ) | comments(1) | trackbacks(0) | top↑ |
慰安婦問題は日本に有利に決着するか
岸田外相が慰安婦問題の決着の為に28日に訪韓することになった。私個人は、強制連行の事実のない問題に対して下手に関わることは反対である。日本がこれまで韓国に対して配慮として行った外交上の問題は、すべて逆手に取られて更なる要求を執拗に迫られきた。決着をつける努力はいいのだが、また下手な妥協をしないか個人的には気になる所である。そこでどういう展開をするかプラシュナをかけてみた。

日本は慰安婦問題を有利な形で決着をつけられるか」というのが占的である。有利な形とは、慰安婦問題は1965年の日韓基本条約によって法的に決着ずみである慰安婦問題は今回で最終決着にする。今後この問題を韓国側は蒸し返さないということを文書で約束させる。他に日本大使館前の少女像を撤去できるか等々いくつか問題点はあるが、まずはこの2点を基本的に貫き通せるかである。この2点の主張が通せず、金銭的に下手な妥協したら日本外交の敗北である。これは私のこの問題についての認識であり、もっとリベラルか左翼的な人が占えば、そのハードルはもっと低いだろう。強硬派に言わせれば交渉にのること自体がまちがっているという。ここらあたりが周易を始めとする卜占術の判断の客観性を保つ難しいところである。筮前の審事」と簡単にいうが、占事の状況把握というのは簡単な問題ではない。より研究すべき所と思う。

プラシュナはもっと身近な短期的ことを扱えという意見もある。或いは被占者から質問を受けてやるというのが基本である。慰安婦問題の動向というのは短期的な事柄であるが、身近な問題ではない。しかしここまでクリアーな問題であれば、占筮の対象にしてもおかしくない。戦の勝ち負けや訴訟、戦争をプラシュナで占う伝統や事例がある以上間違ってはいない筈だ。乱用は禁物だろうが、真剣であればセルフプラシュもそれなりの結果は出るという意見もある。

日韓慰安婦問題
慰安婦問題は日本側に有利に決着するか

まず、,遼‥決着の問題についてだ。これをラグナからみていく。外交問題を占うので、日本をラグナとし交渉相手国の韓国を7室でみていってよいだろう。そうすると7室の支配星の火星が1室に入り込んでいる。日本より韓国の方がこの問題に関しては差し迫った問題ということが分かる。火星はヴァルゴッタマでもある。日本としてはやる気十分だ。ラグナロードの金星と7室支配の火星がラグナハウスでコンジャンクションするので、基本的にはよい方向で決着がつくと読める。ラグナハウスは天秤座のカーディナルサインなので法的決着済の確認については早い筈だがそれだけでは決められないいろいろ不安定要因がある。火星は0度であり金星は29度である。オーブが広いので不吉なイシュラーフにはならないが、簡単にまとまる話ではない。このチャートではケンドラに吉星がない、火星、金星は不吉な度数にある。しかし惑星に逆行はない。

挺対協等国内の反対意見が強く彼等を如何に韓国政府が説得できるかが鍵になる。幸いにヴァルゴッタマの土星が4室山羊座にアスペクトバックしているので時間はかかるが説得はできるだろう。権威を示す10室を支配している月が8室にあり高揚している。日韓両国にとって権威者とはアメリカである。これを見ると、アメリカが今回の交渉の裏の支えになっているのではないかと思われる。8室で高揚しているので、この交渉行方を非常に心配しているし、交渉決着の為の大きな支え或いはプレッシャーになっているのではないだろうか。11室に木星があり7室にアスペクトしている。

△虜8緇し返さないとの文書交換であるが、高揚にして満月の月からみると7室に土星がある。7室土星は9室にアスペクトバックし、9,10室支配のヨーガカラカである。どちらの惑星も強い。交渉は完全に衝突する。しかし4室には木星がありこれが10室にアスペクトしている。木星は8室にアスペクトバックし8室の太陽と星座交換している。そこに文書の水星があって2室にアスペクトバックする。文書化のための特別の障害要因はホロスコープからは見られない。日本にとって交渉をまとめやすい有利な状況がはたらいていると思う。水星が双子座にアスペクトバックしているので、最終決着の文書を交換できるだろう。木星と月はガージャケサリヨガになっており永続する関係が築ける。それ故に文書交換はできるだろう。但し、月は固着星座の牡牛座にあるので、決着するには時間がかかるので今回だけで話が煮詰まるのは無理だろう。

日韓慰安婦問題D9
 ナヴァムシャチャート

ナヴァムシャチャートをみると意外な位によい状態にある。火星、土星、水星がヴァルゴッタマでかつアスペクトバックしている。ラーシのケンドラに惑星がないので当初は難航するだろうが、最終結果はよい。スーリアグルヨガもあるので今回に限っては、韓国も信義は守るだろう。これらから総合すると、今回結論が出るところまで行くかどうかは別にしても、難航しても話は何とかまとまるだろう

※最初の投稿後、もう一度見直し午前11時半頃に修正再投稿した。

※余談であるが、私の当初の個人的予想とは12月26日現在のプラシュナチャートでかなり違う結果ででてきた。少し楽観的にですぎていてそうなのかなと思う所もある。私自身はこの問題に関してもっと厳しい認識をもっている。プラシュナ修行中でもあり間違えるかもしれない。その時はその時で、さらに勉強すればよいと思っているので、参考程度に読んでおいて欲しい。間違えたりすると匿名サイト等ですぐに責任うんぬんを言う人がいるが、無料ブログの書き込みでそこまでの責任はもてないとはっきり申し上げる。読む側もそれなりに自分で判断する義務責任がある。本多は腕が悪いと思うのは勝手だが、盲目的に信じたり自分なりの判断もせずに責任うんぬんを言うのは納得できない。これはあくまで自分の研究のための書き込みに過ぎない。
この記事のリンク | インド(マンデーンプラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
ネパールで再び大地震〜連続地震の予測〜
ネパールで12日午後0時30分に、再びM7.3の大地震が発生した。住民はパニック状態となり不安が広がっている。25日に最初の地震が発生した時、多くのインド人占星術家建国図、月食図、太陽イングレスチャート、地震発生時のイベントチャート、パンチャンガ等を用いて、その状況を説明していた。読んでみるとさすがは本場のインド占星術師で、なかなか勉強になるのでいろいろ見てみたが、その中に連続地震を予測する記事もあった。

ネパール連続地震予測agawal
地震予測の根拠のチャート図の一例

インド占星術のマンデーン記事をいくつか読むと、地震は火星、土星、ラーフ、ケートゥの凶星が絡む時に発生する、とよく書かれている。その他に月が特殊なポジションの時、地のサインに惑星が絡む時等に発生する、と多くの占星術家が説明している。上図は連続地震発生の予測の根拠となったチャートの一つであるが、地のサインの牡牛座に火星、逆行土星がアスペクトしている、太陽と月が満月の状態にある、火星を始めこれから多くの惑星が地のサイン牡牛座にイングレスしその時のナクシャトラはローヒニーになる等々を再びの地震発生の根拠にしている。そして確かに大地震は再び起こった。

ネパール再地震
2度目の地震時のイベントチャート

上図は2度目の地震の時のイベントチャートである。月が水瓶座にイングレスした瞬間に起こった。トランジットの月から見て、牡牛座は4室になりそこに火星、土星の凶星がある配置である。これだと今後も地震発生の警戒が必要になる。
この記事のリンク | インド(マンデーンプラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/1PAGES |