Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
凶暴な惑星配置の時期〜木星逆行と火星ローヒニー〜

インド人占星術家のマンデン関連のいくつかのブログを読んでいると、今は惑星が凶暴化(彼等はこういう表現を好む)する時期に入ったというような表現を好んで書いている。こういう惑星配置が過去においてどういう現象を巻き起こしたか、いろいろ事例を挙げている。確かに惑星配置がマンデーンの有力な技法であることは間違いない。

凶暴な惑星配置

 4月16日の惑星配置

具体的に述べると、火星は4月7日より危険といわれているローヒニーナクシャトラに入り、木星は射手座から蠍座に向けて逆行をはじめた。太陽は4月16日より牡羊座にイングレスしている。火星から8番目のアスペクトを射手座にかけ、射手座には逆行木星と土星が在住している。このような配置とよく似た事例を太平洋戦争開始のチャートになぞられて説明している。確かにこれは地震、噴火、戦争、経済恐慌等々が起こってもおかしくない配置といえる。ここ1週間位の動きを考えるとすでにいくつかの、火災、噴火、地震等々の事件は起きている。しかし他の問題でも実際に起こるかどうかは、その国の建国図とダシャー、魚座新月図、蝕の発生、国の最高元首のホロスコープ等々を総合的に見ていかなければ断言はできない。私もそこまでは言い切れない。占いで正確に社会予測をするのは確かに難しいが、それらしき兆候は後づけでなくても見いだせる。

しかしそれ以上を求めるとしたら、つまり「どこでいつごろ〇〇な現象が起こる」ということをピタリと充てるとしたら、それは現実離れしたマイナーな技法や集合意識だの心理分析だのという観念論では現実の予測はできない。こじつけるくらいなら優れた霊能者の直感の方がよほどあたる。しかし霊能者の直感は体調や精神状態に応じた不安定なもので確実性には乏しい。最も役に立つのは政治経済状況や気象や活断層の上状況等、現実の的確な情報の入手次第だと思う。それと占いの基本原則とを照合してまとめ上げる統合化能力が合わさってこそ初めて正確な予測が可能になる。それは占者の、つまり個人の資質による。予言の的確さは占術というは道具だけの問題ではない。そういう意味で、私は占いだけで何もかも見ようとする傾向や志向、いわゆる理論偏重や神秘主義には賛成しない。

この記事のリンク | インド(マンデントランジット) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
米朝首脳会談に漂う暗雲〜火星逆行と皆既月食〜

北朝鮮は16日未明、同日に予定されていた南北閣僚級会談を中止すると韓国に一方的に通知してきた。理由は米韓空軍の定期合同訓練に反発したためである。この「マックススサンダー」と呼ばれる合同演習は4月27日に署名された「板門店宣言」に対する露骨な挑戦と非難した。アメリカの対応次第では、6月12日に予定の米朝首脳会談の一方的な中止の可能性も示唆してきた。一方で北朝鮮が首脳会談を有利に進めるための牽制とみる見方がある。

「板門店宣言」では、完全な非核化、核のない朝鮮半島について合意し、1953年の休戦ではなく終戦をめざしている。しかし、北朝鮮はここにきて、日本人拉致問題は存在しないと宣言し、主に米日による完全なる非核化まで制裁の手は緩めないことに対する反発がめだってきている。この展開はどうなるであろうか。先のプラシュナでは会談はうまくいかないと出ている。

20180627火星逆行開始

 6月27日より火星が逆行

北朝鮮は非核化をした場合、イラクやリビヤのような体制崩壊を招くのではないかと恐れている。しかしアメリカは非核化を進めれば金正恩の体制維持は保証し経済援助もすると言っており、虚々実々の駆け引きが行われている。6月12日の会談はさておき6月27日より火星は逆行に入る。この時期は土星、火星、木星が逆行になる。土星、火星の生来的凶星の逆行は一層の不安定性を増し、木星の逆行は順行時のような保護の働きを打ち消す。しかも火星は高揚しラーフケートゥとも絡み強い負のエネルギーを有する。占星術的配置としては甚だよろしくない。

20180728皆既月食

  7月27日の皆既月食図

その一ケ月後には皆既月食が訪れる。過去の類似の惑星配置の時、地震、災害、戦争等の危機の時期となっている。月には高揚の火星が絡み、更に6室牡羊座にアスペクトバックすることも不安要因である。トランプ大統領のチャラダシャーが6月14日より双子座期から蟹座に変わり、蟹座にDK土星とGK金星があることも懸念材料となる。

 

この記事のリンク | インド(マンデントランジット) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
| 1/1PAGES |