Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
自民党総裁選予測(麻生太郎の当否)
福田首相の突然の辞任で、自民党総裁選が9月22日に急遽行われる。下馬評では麻生太郎氏の優勢が伝えられるが、占星術でみるとどうであろうか。麻生太郎氏は1940年9月20日福岡県飯塚市生まれである。生まれた時間は不明である。この範囲で予測を立てるので予測精度には限界が出るがやってみることにする。

麻生太郎                                                    麻生太郎氏のラーシチャート

3要素からみても4元素からみても「火」のサインやカーディナルサインが優勢で、守りに回るより打って出る性格の人である。ラーシでもナヴァムシャでもPKとDKがジャイミニアスペクトを組むのでこの人の才能を常に活かし支えようとするパートナーに恵まれる人でもある。しかし、シャドバラにおける土星の点数の低さが気になる。部下を如何に育て活かしていけるか、これがこの人の政治家としての今後の課題である。

          麻生太郎トランジット
          9月22日現在のトランジットチャート

現在土星トランジットは獅子座にあり、ここにネイタルの木星もトランジットの木星もアスペクトしている。木星トランジットはラーシの牡羊座にもアスペクトしていて、太陽からみた8室を強めている。思いもかけぬ僥倖が転がり込んできたと言えよう。8室のある土星は減衰であるが、月とコンジャンクションでニーチャバンガ、また6室支配であるのでヴィーパリータラージャヨガともなる。推測ではあるが現在のアンタラダシャーは土星期である可能性が強く大いに発展できる時期となっている。水星もラーシ、トランジットのどちらも高揚の位置にありそこに太陽がコンジャンクションしている。社会的幸運の時期であることは間違いない。
              麻生太郎(プログレス)
麻生太郎のネイタル対プログレスの位置表示

一方、西洋占星術でみるとどうであろうか。彼のプログレスチャートをみると政治家に重要な太陽プログレスと仕事にかかわるMCプログレスのどちらもが力強さを示ネイタルの冥王星と見事なトラインと形成している。これは現在の彼の運気を強力に支える。

このプログラスの支えを前提としてハーフサム表示をみると、45度法ハーフサムで太陽プログレスは19度71分にあり成功軸(木星/MC)にジャストコンタクトしている。木星トランジットも12度57分にあり同様に成功軸(冥王星/Mc)13度82分にこれからコンタクトをしようとしている。海王星トランジットや土星トランジットの動きをみても特にマイナスとなる要素はない。実によい配置である。

これら全体を見てくと、今回は麻生総裁、新総理誕生は間違いのないところである。10月26日を衆院選と予定しているようだが、そこで勝てるかどうかは小沢一郎も含めて改めてみていくことにしたい。
この記事のリンク | 政治家 | comments(3) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
麻生氏の結婚年月日およびお子さんたちの出生時トランジットから逆算すると、蟹座ラグナの確率が高いが、乙女座ラグナも捨てきれず。獅子座ラグナは疑問符がつく。

現在、木星/土星期とすると蟹座ラグナ、来年半ばでアンタル・ダシャーが切り替わる。
2室火星で口が禍を引き起こす、3室太陽で信子妃入内など、適合性は高い。

乙女座ラグナではムーラトリコーナの水星が1室、ニーチャバンギャが8室で蟹座よりも逆転のばねが効くように思う。
ただし、この場合、木星・土星期は遅くとも8月末に終わり、現在は木星/水星期。昨年の反麻生包囲網を崩して予定通りとみれば、こちらもありか。

ラオ先生弟子がオバマのラグナを試算してはずしましたが、ラグナ決定は難しいですね。

麻生氏の木星・土星逆行をどうみるか、ご教授いただければと思います。
| | 2008/09/16 6:31 PM | top↑ |
この状態でのレクティファイはちょっと困難ですね。
木星も土星も逆行しているので、常に不安定さがつきまとうと思います。ニーチャバンガになっているからと言っても、土星の傷つき、弱さは残ると思います。
| 本多信明 | 2008/09/18 12:17 AM | top↑ |
ありがとうございます。

小泉氏も出生図、木星・土星逆行で土星は減衰。
土星火星が牡羊座でコンジャクトしているところは麻生氏と違いますが、D-10分割図で水星と金星が星座交換を起こしているところも面白い相似点です。
土星減衰にもかかわらずシャドバラ値が140以上と高いのは麻生氏にない強みでしょう。麻生氏の木星(S値200以上)が土星の弱さを補えるか?

巷で言われる出生時間午後7:30は個人的には疑問の余地もありますが、これで計算すると小泉氏はまさしく土星期の只中。
2009年3月から始まる土星/火星期(=10室ダブル)で再び表舞台に登場するか、要観察ではありますね。

長々と失礼しました。
| | 2008/09/19 5:48 PM | top↑ |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1011957
トラックバック
<< ヨガについて(2)〜成功の秘訣〜 | main | ムフルタチャート(1)〜結婚式の日取り選定〜 >>