Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
チベット占星術(2)〜世界で一番難しい占術〜
私が占星術を教えている教室に、チベット文化に明るい女性が参加してきた。彼女はインド、ネパールでの滞在が長く、チベット難民にとって大変感謝される仕事をしてきた人だ。ダライラマ14世に直接会った数少ない日本人でもある。ホロスコープをみると確かに巡礼を表す9室によき象意が出ていることが分かる。それかあらぬかで講義後の談話で、すっかりチベット問題やチベット文化についての話でもちきりになった。私は最近どういうものか、こういう本物のスピリチュアリティをもつ人と会う機会が増えている。まことに喜ばしいことである。おそらく私が月のダシャー期に近づいているからであろう。

帰宅後、久しぶりで「チベット占星術」の本を開いてみた。「チベット占星術」の本と言っても英語の本である。現状では英語のチベット占星術の本もそう多くはない。それも理論紹介に終わっていて、実占い例はほとんどない。チベット占星術がインド占星術のようにどんどん英語に翻訳されてくれば研究の余地はあるだろう。インド占星術ならインドに行かなくても、インド人占星術師につかなくても良質の英語文献に当たれば十分に学習は可能だ。しかし、もしチベット占星術を本当に学ぶのなら、現状ではチベット僧から直接習うか、チベット語をマスターしない限り無理だろう。しかし、チベット語を今から習うというのも、あまりにも人生における効率性を欠く。

それはともかく、チベット占星術の本を読むとつくづく難しいと思う。おそらく世界一難しい占術だろう。チベット占星術は大きく3つの要素で構成される。チベットに本来あるボン教にもとづく占術、ナクチィと呼ばれる中国系の占術、カルチィと呼ばれるインド占星術の3部構成である。チベット占星術を学ぶには、中国系占術とインド系占術の両方の基礎が必要になる。普通の能力の人ならどちらかの占術に精通するだけでも一生かかかる。とにかく精通とまでいかなくても両方の占術の基礎が必要とすることは確かだ。占いコンテンツでチベットカーラオラクルと称しているのは、内容的にはチベット土着の浅いレベルの雑占にすぎない。

チベット占星術
易卦Dha(兌)による方位図と吉凶

何よりもチベットの暦法が他と異なる独特のものである。太陽暦、太陰暦ともちがうチベット暦というものがある。これについてはダライラマ法王日本事務所のホームページの中に、チベットの暦法について詳しい事が書いてある。しかも両方の占術ともチベットに入るとチベット風にアレンジされる。もちろん基本部分は変わらない。しかし、よく読むと本場の中国、インドにはないチベット独特の見方も入ってくる。インド占星術もカーラチャクラという密教と結びついた精神世界の要素が強く入り込む。どうもインド占星術で言う「スピリチュアルアストロジー」の要素と思われる。これはインド占星塾で出しているラオ先生のいわゆる「黄色本」の内容でかなり高度なものだ。それから両方の占術が融合された使い方をしている。例えば毎年の干支(中国系)とホロスコープ(インド系)を組み合わせた使い方等がある。

上図はチベット占星術で「パルカス」と呼ばれる八卦を使用した方位図である。易つまり八卦による占いもチベット占星術の中の構成要素の一つとしてある。チベット語で「Dha]は兌為沢の卦のことである。これに下図の八卦の後天定位置版をあてはめている。

後天図
後天図

英語で読む限り、乾兌離震巽坎艮坤の卦象の解釈は普通の周易本の解釈と変わらない。「Dha」(兌)については、五行は金気に属し、喜び、少女、好み、娯楽、色情を意味し、方位は西、季節は秋、色は白色、動物は羊と書かれている。しかし、占法はだいぶ違う。断易ともちがう。中国占術の八宅風水の本命卦のような使い方をしている。その本命卦も固定されておらず毎年変わり、しかも男女でも異なる。本人に該当する卦と方位の吉凶が毎年ちがう。上の方の図は易卦とその年の運勢及び方位の吉凶の両方を表示した図である。

チベット占星術はこのように真に興味深い。しかし、現状では文献の数は限られおり幅広い占法の知識も必要とする。私の知る限りでは、一部のチベット僧だけが秘伝秘儀を知っていると思う。又、公開された所で、並みの占い師では使いこなせないと思う。本当にマスターしたければ気長に取り組んで行くしかないだろう。
この記事のリンク | チベット占星術 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1210265
トラックバック
<< 8ハウスの象意〜突然の遺産〜 | main | 高橋尚子と小出監督〜選手とコーチの相性〜 >>