Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
ジョン・マケインのショダシャムシャー(16分割図)
分割図は西洋占星術にはないインド占星術独特の技法である。上手に使うと、結婚、職業等具体的なテーマに対して具体的な答えを用意してくれる。以下のチャートは昨年、米大統領選で負けたジョンマケイン氏のホロスコープの話である。彼のホロスコープは「火星の減衰の働き」と「ショダシャムシャー(16分割図)」の研究のよいケースである。

火星が減衰すると普通は、運動神経が鈍くなるのでスポーツ選手や運転手等には不向きである。そして怪我をしやすく手術等のよく受ける。だが、その減衰火星がバンガされると話は別である。というか、火星の弱さはそのまま残るのであるが、極めて屈折した出方をする。

ジョンマケイン
ジョンマケインのホロスコープ

減衰火星がバンガされるので、火星はそれなりに活性化するのであるが、やはり火星の弱さは残るのである。ジョンマケインはボクサーを志すが力量不足で諦めている。又、海軍軍人としてパイロットになるが、彼の運転技術不足から或いは火星的な運の見放されて何回も墜落遭難の危機にあっている。だがそこに彼の第16分割図が実に不思議な役割を果たしている。

マケイン16分割図
ジョンマケインのショダシャムシャー(16分割図)

乗り物運を示す彼の16分割図は、木星高揚、土星高揚、金星アスペクトバック、太陽アスペクトバックと非常に強力である。以下に示すような事故を何回も起こしながら、無事生きながらえた運の力の源泉である。

彼の経歴をウィキペデイアでみると、ホロスコープが示す傾向そのものあることが分かる。

1 マケインは当時、短気で乱暴な運転をする若者であった 。
2 ライト級のボクサーとして3年間戦い、技術面で欠けていたも 
  のの、恐れを知らず、「後退ギアを 持たない」ことで知られ
  ていた

3 マケインは卒業後に海軍少尉に任命され、2年半の間フロリダ州
  とテキサス州で[13] A-1 [14]のパイロットとしての訓練を受
  けた。
4 彼にはマニュアルを勉強する忍耐力がなく、平均より下のパイ
  ロットであった。
5 テキサスでの演習中に墜落したこともあったが、大きな怪我を
  せずに逃げることが出来たなかった。
6 スペイン上空を低く飛行しすぎ、送電線に激突するも無傷だっ
  たという出来事もあった。
7 1965年秋にはヴァージニア州ノーフォーク付近を飛行中に乗っ
  ていた飛行機がまたもや墜落し、無事に脱出するという出来
  事があった

8 マケインは、1967年7月29日に起きた出来事で危うく死ぬとこ
  ろであった。
9 1967年10月26日、マケインはハノイの火力発電所の攻撃に参加
  した。マケインの乗ったA-4 はS-75によって撃ち落とされた。
  マケインは両腕を骨折し、航空機から脱出の際に足にも怪我
を負った。パラシュートで脱出したものの、Truc Bach Lake に
  落ち、あやうく溺れるところであった 。

このように、ラーシチャートの示す傾向と分割図の示す内容は、相互に絡んで面白い出方をするものであることが分かる。
この記事のリンク | インド(分割図) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1277666
トラックバック
<< オバマ大統領と運命学の研究 ー蠢蠅任澆襯泪ロな人生 | main | ルネッサンスと占星術(1) >>