Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
ダライラマ14世の横浜法話を聞く
6月26日に、来日しているダライラマ14世の法話を聞きに横浜まで行った。会場には1万人の以上の人がいて、チベット仏教に興味関心のある知人達もいる筈なのだが見つからなかった。これだけ人が多いとちょっと探すのは無理だろう。参加者は日本人だけでなく、韓国、台湾、中国、モンゴル、チベット、インド、アメリカ等々多数の国々の人々がいた。やはりダライラマ法王は国際的存在なのだ。チベット仏教では、チベットの国土と衆生は「観音菩薩の所化」と位置づけられ、ダライ・ラマはその観音菩薩の化身とされている。

ダライラマ

午前中はダライラマ法王が属するチベット仏教ゲルク派の「縁起賛」の話をしていただいた。あまり詳しい事は知らないが、もともとは大乗仏教経典の「般若経」が説く空観の教えを、チベット仏教が更に洗練された内容に仕上げたものと理解している。それをとても分かりやすい言葉で説明してくれた。すべての生きとし生きるものは一人で生きているのではなく、相互に依存しあうことによって生きていると言う事を何度も説かれていた。お互いに依存しあって生きていることを智慧のレベルで理解することの大切さと強調していた。他人の苦しみは我が苦しみということを心の深いレベルで理解すれば、人は利他を想いやる「菩提心」をもつことができるのだと言っておられたように思う。

午後からインド、韓国、台湾、チベット、モンゴル、日本の僧侶の方々が、般若心経の声明のパフォーマンスをしてくれた。やはりそれぞれがお国ぶりが出ているように感じた。ダライラマ法王もとても興味深げにきいていた。これを聞いていて、明治の昔、岡倉天心が「アジアは一つ(Asia is one)」言った有名な一説を思いだした。東アジアの国々は仏教という文化遺産を共有しているんだなと改めて思った。

私はサンスクリット語を少しかじったことがあるので、インド人僧が唱える般若心経の一説を少しだけ理解できた。シャリープトラ(舎利子)とかガーテガーテパラガーテパラサンガテボーディースワーハと言う個所はよく聞きとれた。漢訳すると羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶のあたりだ。圧巻だったのは日本の真言宗豊山派の僧侶による般若心経の声明で、法螺貝、拍子木、和太鼓が動員されての演奏だった。白装束の舞台中央の僧侶が「仏説摩訶般若波羅蜜多心経」と朗々とした声でまず第一声を発した。この人に声楽を習わせたらさぞかしいい声で歌うだろうなと思わせるような朗々とした響きだった。和太鼓を叩きながらの声明は実に迫力があり、臍下丹田からエネルギーがほとばしるようだった。よくオーラを感じるという表現があるが、まさにそれだった。

午後の講和は「愛を高める方法」と言う話だった。神への信仰に基づく愛、無神論の説く因果の法則に基づく愛、世俗的倫理観に基づく愛と、愛の種類を3つに分けてそれぞれ説明しておられた。愛情は執着と混じっていることがよくある。その根底にあるのは偏見である。育てるべき愛情は偏見のない愛情なのだ。それは知恵に支えられてこそ始めてもつことができる。人は誰でもそのような仏性の種を心の奥に宿しているものなのだ。このようなことをいろいろな例をとりながらわかりやすく説明しておられた。なかなか有意義な1日であった。

チベット仏教は話を聞いているとなかなか論理的だと思う。世界中の人がチベット仏教に心惹かれるのもこうした点なのだろう。いくら中国の独裁政権が弾圧してもこうした人類の普遍的遺産を葬る去ることはできないと確信する。

仏教は本来穏やかな宗教で争いを好まない。だがこの平和愛好の仏教も、かつてイスラム勢力によって滅ぼされかかった時がある。この時、仏の法灯を守るためには鬼夜叉になっても戦い抜けいう戦闘的な内容の経典が生まれた歴史がある。憤怒尊もこの頃生まれている。チベットの仏教徒は現在同じような心境にある筈である。ダライラマ猊下は穏やかな性質の人格者なのでなんとか平和的に問題を解決したいと望んでおられるだろう。だが、法王の死後はどのような事態なるか誰も知らない。法王の方針である中道路線が継続されることが望ましいが、鬼夜叉となって中華帝国主義者と闘うチベット人も出るかもしれない。

ところで話のついでにダライラマ猊下のホロスコープについて詳しくは又の機会に譲るとして、今回は簡単に見てみたい。

ダライラマ14世
ダライラマ14世のホロスコープ

ダライラマ猊下のホロスコープの特徴は、まず1室水星がバドラヨガになっていることである。この方は意外なくらい新しもの好きであり、内外の状況変化に対する適応力が高い。世間知らずの田舎坊主ではない。当然、語学も達者である。

それから1室、5室、9室のダルマトラインの数が多いことも特徴としてあげられる。これは何らかの思想や志しを人生において優先させる生き方をする人物の特徴である。言うまでもなくダライラマ猊下は、チベットの自治権の獲得、チベット仏教の普及という高い志をもって生きてこられた方である。

それと8室、12室のドゥシュタナハウスがトリコーナハウスとコンビネーションを組んでドゥシュタナの悪い要素を軽減している。9室土星は8,9支配であり8室の悪い要素が減っている。同様に、金星は5,12支配であり12室の悪い要素を減らしている。ドゥシュタナの悪い要素がトリコーナによって昇華され、高い精神性、霊性のレベルまで引き上げられている。これは聖者に出るホロスコープのパターンである。その意味ではダライラマ猊下は聖者に列されてもおかしくない方である。
この記事のリンク | チベット占星術 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1388354
トラックバック
<< 哲学者池田晶子氏〜ダシャーは死後にも作用する〜 | main | ワールドカップ対パラグアイ戦〜日本に勝機あり〜 >>