Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
医療占星術(13)〜ヴィールス性の大脳破壊〜

astrodatabankに掲載されている幼時に中枢神経系ウイルスよって大脳が破壊された人のホロスコープを分析してみてみよう。

頭脳障害
ヴィルス性の大脳破壊が起こった人のホロスコープ

生まれた時の身体的障害であるので、まず月の状態を確認してみた。月はラーフからアスペクトを受けケマドルマである。そしてこの月の度数は天秤座29度37分で蠍座に限りなく近い。クリシュナパクシャの月であり光は極めて弱い。全体としてみていくと月の傷つきは非常に大きい又、アセンダントに対して火星、土星、太陽の2凶星がアスペクトしているので、1室の傷つきも大きい。火星はマラカの72室とドウシュタナの12室を支配し土星とコンジャンクションし水瓶座107度47分でムリュチュバーギャになる。金星もケートゥとコンジャンクションしている。これらを総合すると、基本的な健康運、身体的弱さが目立つ。

頭脳障害D3
        第3分割図(ドレッカナ)

更に健康を示す第3分割図(ドレッカナ)をみてみよう。水星と月は火星とコンジャンクションしラーフからのアスペクトを受け傷つけられている。月はケマドルマである。火星はラグナに8番目のアスペクトをしている。身体や健康を示す1室が非常に傷ついている。木星は寿命の足津あって太陽とコンジャンクションしている。そして火星も土星も金星にアスペクトしている。このように3重4重にラーシチャートで示している先天的な身体的弱さがドレッカナでも駄目押されている。こういう場合は、ラーシチャートの示す特徴がはっきりとでる。

しかし、この人は寿命を意味する3室、8室に吉星があり、12分割図もよい状態にあるせいか70歳過ぎまで生命を保っていた。
この記事のリンク | 医療占星術 | comments(2) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
いつも楽しく拝見しています。

ところで、月の隣の部屋に太陽がありますが、ケマドルマになるのは、どうしてでしょうか?

また、火星は、2 12支配ではなく、7 12支配ではないですか?

また、土星がアセンダントにアスペクトする根拠に関して、教えていただければ嬉しいです。
| やぷー | 2012/10/11 11:18 PM | top↑ |
やぷーさん

太陽、ラーフ、ケートゥは月の隣室にあってもケマドルマになります。

火星は確かに2、12室支配です。土星もアスペクトはしません。修正しておきます。ご指摘ありがとうございました。
| 本多信明 | 2012/10/12 12:04 AM | top↑ |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428355
トラックバック
<< 風評「占星術被害」に反論する | main | 自然な開運法(3)〜天の時、地の利、人の和〜 >>