Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
ドゥシュタナハウス〜異端分野での成功〜
 インド占星術では。6室、8室、12室をドゥシュタナハウスと呼ぶ。6室は「病気」「争い」「事故」、8室は「苦悩」「トラブル」「名誉失墜」、12室は「損失」「出費」という象意がある。いずれも困難や不運と関係するハウスでインド占星術では凶ハウスとしてこれを敬遠している。ドツシュタナハウスが優勢な人が成功するとしたら異端分野であるとも言われている。いろいろの鑑定事例から考えても、確かに凶ハウスなのであるが、そこまで忌み嫌う
ハウスなのかというとちょっと疑問がある。

というのは、ドウシュタナハウスの象意は現代の情報化社会では、古代社会に比べるともっと活用され活かされる余地のある分野ではないかと思う。たとえば6室には「奉仕」「サービス」という意味があり、8室には「研究」という意味があり、12室には「海外」「隠れた存在」という意味がある。

原材料の採掘や農業生産主体の古代社会に比べたら、現在は「サービス労働」主体の時代であり「グローバル化」の時代である。昔ならあり得なかったサービス業務がどんどん増えている。自動車産業を例にとれば車本体の生産の他に、海外輸出、外車輸入、修理工場、車検、ガソリンスタンド、自動車学校、交通情報サービス、カーナビゲーション、中古車販売、燃料電池、電気自動車開発等々その周辺部分の分野の方がむしろビジネスとして成り立っている。これらは基本的にサービス業であり、研究開発もこれに含まれる。そしてこれらの事象は6室、8室、12室に含まれる。

フランシスポンジェ8室
8室の強いある人物:直観力とユニークな才能に恵まれている。

異端分野というのは世の中の動きによって変化する。何が異端なのかは時代によって変わるのだ。たとえば伝統的にユダヤ人が得意とするビジネス分野はかつてはみな異端の分野だった。農業や工業が中心の社会ではそうだった。キリスト教の力が強かった中世では金銭を扱うことは賤しい仕事だった。だからこそ異教徒として蔑視されていたユダヤ人が金貸し、つまり金融業を担ったのだ。その他流通、物流、情報、食糧売買、エネルギー供給等々、直接「物」を生産しない非生産的サービス業?はユダヤ人の職域であり蔑視された職業だった。しかし、今日、銀行員はある種のエリートだし、電力会社は地域社会の中核だし、マスコミ・ジャーナリズムは「第3の権力」とまで言われている。

江戸時代は芸能人は河原乞食といわれ、近世までヨーロッパでは芸術家は貴族の婢にすぎなかった。それが今や厳しくはあるが成功すれば芸能人は金は入るし世間からもてはやされる。芸術家も文化人として社会から尊敬される存在となった。

そのような意味で、ドウシュタナハウスの強い人は、他人の畑を羨むことなく自らのよきカルマ?をいかしていくようにすればよい。ダシャーのタイミングの良い時をゴールにして、自己研鑽に励むとよい。
この記事のリンク | インド(ハウス) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428434
トラックバック
<< 占星術と直観力 | main | ウォーラーシュテイン〜8ハウスと研究の才能〜 >>