Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
ケマドルマヨガ(1)〜心の憂さをどこに捨てるか〜
月からみた2室と12室に太陽、ラーフ、ケートゥ以外の惑星が存在しない時、ケマドルマヨガ」と呼ばれ、孤独や心の淋しさを表すとされている。Phala Deepikaによれば、王族に生まれても無名のままで悲惨な生活を送る、賤しい身分になる、不道徳な生活に溺れる、周囲からひどい扱いを受ける等々さんざんな書かれ方をしている。

ケマドルマヨガは確かによくないヨガではあるが、実際にみているとここまでひどくない。そのような憂き目にあう人もいることはいるが、それはケマドルマヨガに加えてそれ以外に悪い要素がいくつもある場合に限られる。どうも古典を読むとこういう極端な記述が目につくことがい多い。それにケマドルマヨガの持ち主は世の中に非常に多く、こういう人すべてが貧乏、虐待の憂き目にあるなどということはない。それどころか中には社会的に活躍している人はたくさんいる。古典に貧乏、悲惨、孤独などと書かれていても気にすることはない。

ケマドルマヨガ
ケマドルマヨガ

しかしながらケマドルマヨガが好ましいヨガでないことは確かである。人間関係的に孤立しやすい傾向があることは否めない。失恋、いじめ、裏切り等も受けやすい。そこから当然孤独感や心の不安定感が生じる。そのストレス発散のために人によっては退廃的行動に走ることがないとは言えない。上記のホロスコープの人もそういう傾向がある。ある意味で寂しい人生だろう。しかしラグナ及び月からみてケンドラに惑星が在住しているので悲惨とまではいえない。仕事はしっかりしているし上司の引立てや友人の数も多く、普通の社会生活を営んでいる。余計な心配をすることはない。ケマドルマヨガというのは心の憂さをどこに捨てるか、つまりストレスを如何にうまく処理するかどうかにかかっている。
この記事のリンク | インド(ヨガ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428448
トラックバック
<< 占星術で金融投資をする人 | main | マンデーンの難しさ〜尖閣列島をめぐる紛争予測〜 >>