Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
宿曜の原型〜実は諸説ふんぷん〜
 宿曜とインド占星術の関係はどうなのか、とはよくなされる質問である。実際に調べてみると、インド占星術の考え方、特にナクシャトラやムフルタの考え方が直接日本に伝わったものと思われるものがある。それからもともとインド発信ではあるが中国を経由している内に陰陽五行説や四神等の中国占術の考え方が入り込み、それがまた日本に伝わったものがある。そしてそれが日本に入ってから更に独自の発達を遂げたと考えるのが妥当なところはないかと思う。よく言われる、27宿、28宿もインド占星術で用いるナクシャトラにムフルタで用ちいる星宿を一つ加えたものとする説がるかと思えば、四神対応の28宿とは全く別系統とする説もある。

誰がこれを伝えたかということになると、これまた複数の説がある。一般的には8世紀に不空三蔵というインド人僧侶が主に南インド系の占星術の一部を翻訳して中国に伝えたとされている。そしてそれを真言密教の開祖となった弘法大師=空海が日本に伝えたということになっている。しかしこれも実は諸説ある。不空三蔵はインド人ではなく西域の人である。宿曜のある一部を空海が伝えたことは確かだが、実はその前からある程度は日本に伝わっていた、本格的な宿曜を日本に伝えたのは円仁であるとも言われている。

初期の頃の宿曜は、占星術のホロスコープに相当する12宮、ほぼナクシャトラに匹敵する27宿七曜そして三九の秘法から成り立つ。だから当初の宿曜はけっこう複雑な体系を持っていたようである。それが日本に入ってきてから角宿、参宿等の「宿」の部分だけが残りホロスコープの部分は少なくとも表面からは消えてしまった。その理由は一つは天体観測技術が未熟或いは朝廷の独占物であった為とする説がある。或いは平安時代当時、占いの世界では「陰陽道」と「宿曜道」の対立があり、占いの技術は朝廷、貴族、僧侶の独占物となり秘伝化したものと言われている。それが証拠には高野山や古い密教寺院には密教ホロスコープなるものがちゃんと伝わっている。

いずれにしてこれらは「占い」の技術部分ではなく「占い」の歴史部分である。私見ではこうした部分は歴史学者に任せて、占い師はその研究成果部分の知識をいただくことにした方がよいと思う。占い師、占星術師は歴史学者ではないのだから、この説しかないとかこの考え方はおかしいとか軽率に言わない方がいいだろう。占い師は基本的には仮説にすぎない占術理論=古典(この表現もまた理論重視の人には抵抗がある事は承知している)を実占を通して検証していく立場を貫いた方が賢明だと思う。そうした研究を「後出しじゃんけん」と批判揶揄している意見もみられるが、私は「後出しじゃんけん」にまったく意味意義がないとは思わない。もともと科学的根拠の希薄な占いは、実践を通してしか検証はできない筈である。
この記事のリンク | 宿曜経 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428457
トラックバック
<< 藤圭子の死と人生(1) | main | 惑星とアシュタカヴァルガ〜人生の効率性と成功〜 >>