Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
7室のもつ深い縁
7室はいわゆる「結婚」のハウスである。7室にはこの他に、配偶者、セックス、パートナー、ビジネスパートナー、対人関係、口論、反目等々の象意がある。マンデーンになればこれが国際紛争、戦争、敵対国、同盟国、外交等の意味に応用展開される。

私の経験から見る限り、自分の太陽や月が相手の太陽や月と7室の関係にあるからと言って、結婚までいくとは限らない。又、必ずしも仲がいいわけではない。しかし、こういう関係の場合、どういう形であろうと不思議な因縁が伴うことが多い。良くも悪くも縁が深いのである。縁が深いからこそ喧嘩もするわけで、時にはそれが強いライバル意識やて敵対関係にまでいくことがある。しかし、それほど憎悪の関係にはならない。敵ではあるがその存在は認め合うという関係になる。お互いに切磋琢磨する関係になるのである。そして不思議と付き合いが途切れない。細々とでも長く続く。これは同性間でも異性間でも変わらない。

7H惑星集中.jpg
  7室惑星集中の事例

惑星が1-7関係にあるということは、西洋占星術的に考えると、180度、即ちオポジションの関係にあるということである。つまり衝突が起こりやすい関係である。しかしお互いに衝突するということはある意味それだけ縁が深いということもできる。考えてみれば、それが通常の夫婦関係でる。それが7室が結婚のハウスと言われる由縁だと思う。

上図のように7室に惑星集中している人は結婚願望が強く、生涯独身で過ごすことは絶対にない。結婚運がよいとは限らないが、いろいろと異性には縁がある。というかそのことに関心とエネルギーが強くむいてしまう人である。「求めよ、さらば与えられん」という心理法則は、深い潜在意識のレベルで、つまりカルマレベルで考えるとその通りとなる。
この記事のリンク | インド(ハウス) | comments(2) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
私は7室に太陽、ラーフ、水星がいますが、40代になっても独身です。7室土星支配のせいかもしれませんが、さすがにこの年齢では結婚はなさそうです。
| 七世 | 2014/06/16 8:59 PM | top↑ |
7室土星支配というのは一つの可能性かもしれません。あと凶星のアスペクト、金星やナバムシャの状態もみていく必要があるでしょうね。
| 本多信明 | 2014/06/17 12:23 AM | top↑ |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428541
トラックバック
<< 人相学(9)〜妻妾宮〜 | main | モニカ・ルインスキー〜不適切な関係と7室及び木星の傷つき〜 >>