Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
アグネスチャンをめぐる毀誉褒貶
アグネスチャンについては実に毀誉褒貶が多い。彼女は日本ユニセフ協会の大使を務め、発展途上国の子供達を間接的に助けている。また児童ポルノの禁止を強く訴えている。その彼女をかばう人は多い。しかし一方で、日本ユニセフ協会は国連のユニセフとは無縁の団体でありしばしばその胡散臭さが指摘されている。あくまで参考意見として下記のサイトがある。
日本ユニセフ協会の正体

黒柳徹子は国際機関ユニセフの「ユニセフ親善大使」であり アグネス・チャンは「財団法人日本ユニセフ協会大使」である。とても紛らわしいが、国連と直接関係あるのは黒柳徹子のユニセフ親善大使の方である。日本ユニセフ協会については集めた寄付金の内かなりの金額が使途不明金となっていることがよく指摘されている。又、アグネス自身は豪邸に住み、貧しき者を助ける立場にありながらと憤る人も少なくない。先日彼女に対して殺人予告をして逮捕された中学生もそのことに対して非常に腹が立ったと言っている。これもあくまで参考意見として下記のサイトがある。
アグネスチャンと慈善ビジネス

しかし、その彼を責めないようにかばうやさしい気質も又彼女の一面であり、非常に矛盾したものがある。そうした場合、ホロスコープはどのように出るものなのか興味が湧いた。

アグネスチャン
アグネスチャンのホロスコープ(お昼の12時に設定)

生時不明の為ハウスと月を無視してみてみる。まず太陽は定座にある。ナヴァムシャでは高揚しているので権力者からの引立てを受ける。日本ユニセフ協会の大使も政治家とのつながりでなったものだし、温家宝前首相を始め中国の要人ともつながりあるという話である。その太陽からみると木星は12室で高揚し、海外での慈善活動を行うカルマがある。そこの高揚の土星がアスペクトしているので12室を更に活性化させる。しかし蟹座の木星、金星は敵対関係であり度数もサルパドレッカナの位置にあり感心しない。やはりその活動には胡散臭いものが感じられる。

アグネスチャンD9
ナヴァムシャチャート

こういう複雑矛盾した人というのは分割図を見ていくと非常によく浮き彫りにされる。ナヴァムシャチャートでは木星はガージャケサリヨガではあるが逆に減衰している。一見、徳のある慈善行為をすることも事実であるが、ナヴァムシャで減衰しているとなると、木星の徳はしばしば失われる。土星も減衰していてそこに高揚の太陽が絡む。貧民層相手の権威ある存在であると同時に土星を食い物にしている。更に、火星やラーフ等の凶星等も絡むとなると、きな臭さは否定できない。彼女はもう60歳なので当然ナヴァムシャは強く活性化している。彼女への誹謗中傷は当然強まるであろう。ただ、水星、金星は強い位置にあるので失脚すところまではいかないが、かなり評判を落とすことは避けられないだろう。
この記事のリンク | インド(分割図) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428666
トラックバック
<< 志位和夫共産党委員長 | main | ボブ・ホープ〜アメリカの代表的なコメディアン〜 >>