Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
宮崎謙介〜不倫議員の浮気の顛末〜
元衆議院議員宮崎謙介の浮気不倫の行状が、週刊文春を始めとして矢継ぎ早に暴露され、さすがのプレーボーイも代議士を辞職せざるをえなかった。妻とともに所属していた二階派もかばいきれなかったようだ。週刊文春の2月18日号で、妻が出産入院中に、京都市の自宅マンションい女性タレントを引き入れたという記事が掲載された。そればかりでなく、妻の金子議員の婚約時は二重婚約をしていたとか、国会内の女性事務員を誘っていたとかいろいろ書かれてしまった。国会議員としてモラルにおとる彼のホロスコープを分析してみよう。

週刊文春記事他

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/5885

http://zoot.blue/news20160218-1/

http://旦那の浮気.jp/geinoujin-uwaki/bunshun-miyazakikensuke.html

http://www.nikkansports.com/general/news/1605892.html

宮崎謙介
 宮崎謙介のホロスコープ

彼の生時は不明であるが、この誕生年月日あたりのジャンマナクシャトラから考えると、イケメンでバランスのとれた容貌や物質的で享楽的な傾向、目立つ大衆への影響力、政治志向の強さ等から、月はローヒニーナクシャトラが妥当と思われる。ここでは詳しく述べることは省略するが、彼の生まれた家庭のよさ、少年時代からの好色性、そしてダシャーの推移、トランジットのタイミングを考えると、牡牛座ラグナがふさわしいと思う。

国会議員による育児休暇取得の提案実行など、大衆受けするパフォーマンスは月の高揚がもたらす行動である。村会議員の父をもつ。アセンダントと月からみた8室射手座に金星があり、その奔放な浮気癖、結婚問題への悪影響がうかがえる。

彼は、2012年以前はラーフ期と推測される。ラーフからみた7室には惑星が集中している。7室惑星集中の人はよくも悪くももてるのである。だから彼も女性は誘えばついてくるくらいの自信があったのだろう。彼の浮気癖はラーフ期の女性に対する成功体験?からくるものだろう。

宮崎謙介D9
 ナヴァムシャチャート

宮崎謙介20160219トランジット
2016年2月18日のトランジットチャート

ダシャーをみると2006年からラーフ期から木星期に代わり、この年に加藤鮎子と結婚する。2012年の木星/水星期で水星が10室支配の時に自民党で初当選する。

面白いのは、2015年5月に金子恵美議員と婚約は発表の時、木星と土星は7室(結婚)と同時に9室(5室から見た5室(子供))にもダブルトランジットをしていて、この結婚が「できちゃった結婚」であることが肯ける。今回の浮気不倫騒動では、ただでさえ問題のある金星8室に、逆行木星とラーフのコンジャクションのコンビが8室に同時にアスペクトしている。木星期は倫理に反する行動は神から処罰を受ける流れがうかがえるが、そこにグルチャンダラとなる木星/ラーフのアスペクトが引き金をひいたように思われる。

こういう人間が代議士になるのは、公募制で本人のバックグラウンドをよく知らないで推薦する制度に問題があるし、何よりイケメンだけで投票する有権者の意識の低さに問題がある。
この記事のリンク | 浮気不倫 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428701
トラックバック
<< 清原和博と薬物騒動 | main | 小室哲也〜ホロスコープの全体的判断の重要性〜 >>