Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
小室哲也〜ホロスコープの全体的判断の重要性〜
小室哲也のホロスコープ7はソフトアスペクトとハードアスペクトの出方、プログレスやトランジット及びマイクロゾディアック等の全体の関連性を見る時、実に勉強になるホロスコープである。



小室哲也
    小室哲也のネイタルチャート(SG使用)

ネイタルチャートで見る限り、小室哲也のホロスコープは必ずしもいいとは言えない。作曲の才能を示す3室の天王星、5室の芸術的才能と恋愛に目ぐまれるドラゴンヘッドと芸術的才能を示す海王星である。吉凶相半ばする7室の土星と水星。パートナーとの共同事業に恵まれ音着いた女性とよき縁があるが、Asとのオポジションは摩擦の多い結婚生活生活を意味する。10室のカスプにぴたりとつくMCがありそこに土星がセクスタイルにありパートナーとともに社会的な成功をもたらす力がある。これらはよい要素である。しかしMCは6室の太陽とスクエアであり、太陽は更に冥王星とスクエア、つまりT字形をくみ、職業的社会的に窮地に追い込まれ大きな挫折を伴う。火星、木星、天王星もT字形で隠された仕事の上の摩擦、トラブルから信用を失うことを意味する。

小室哲也については、人気作曲家であり多くの女性と恋愛しながら結婚運には恵まれない。小室ファミリーとして多くのタレント歌手を育て共存共栄を実現したが、その後次々と仕事を失い、詐欺事件で逮捕までされている。こうした彼の人生の大きな流れを、ネイタルチャートは雄弁に物語る。

しかし現実には彼は今なお社会的名声をもつポップ作曲かであり、だいぶ色褪せたとはいえ社会的には成功者と言ってもいいだろう。にもかかわらずT字形を2つも持ち、10室も必ずしも力強くないし結婚運もよくない。従来のクックブック的解釈では当てはまらない点が多々ある。だがそこでハードアスペクトは悪い意味ではない、西洋現代占星術は当たらない、西洋現代占星術では心理的なものは分かるが予測はできない、西洋古典占星術でなければ精度の高い予測はできない、等々の結論に走るのはいささか軽率に過ぎる。

西洋現代占星術は古典に比べると自由な解釈ができるだけに、ともするると勝手な解釈をして出鱈目が蔓延る要素は確かにある。しかし西洋現代占星術はネイタルチャート以外に信頼性の高い近代になって開発された技法が少なからずある。それらを総合的に駆使すると、西洋現代占星術はよく当たらることが分かってくる。プログレス、トランジット、リターンチャート、マイクロゾディアック、リロケーション等々近代的予測技法を大いに学ぶんでいくことが大切である。
この記事のリンク | 西洋(ネイタル) | comments(2) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
おはようございます。
今アメリカ大統領選がありますが、
共和党ではトランプ氏がリードしていますが、このまま勢いは続くんでしょうか。
| M・O | 2016/03/03 6:50 AM | top↑ |
大統領選についてはまだ見ていません。
これから検討してみるつもりです。
| 本多信明 | 2016/03/03 12:31 PM | top↑ |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428702
トラックバック
<< 宮崎謙介〜不倫議員の浮気の顛末〜 | main | 永作博美〜魔性の女を演じる女優〜 >>