Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
エジプトのハイジャック事件
昨年11月のパリ爆破事件、1月のトルコ、3月のブリュッセルのテロと続き、今度はエジプトでハイジャック事件が起きた。今の所単独犯らしいが、いずれにしてもテロ事件の連続である。4月5日のニューズウイークは「欧州に訪れたテロの時代」「「戦場」と化した欧州の現実」と題してかなり深刻にとらえている。同じ号になお拡大を続ける中国「南進」の野心と書かれた記事もあり、戦争前夜のような状況になっている。

エジプトハイジャック事件
エジプトのハイジャック事件

事件の詳細についてはまだ把握していないが、事件の起きた朝方に基づいてイベントチャートを作成してみた。6室支配の金星は10室にあり、8室支配の木星は4室にあり、12室支配の火星は7室にある。つまりドゥシュタナの支配星がすべてケンドラに在住している。これだけでも幸運度を失った弱い配置のホロスコープになる。付け加えると、火星と土星がマラカの7室にあり強い暴力性を帯びている。そこに減衰の月があり、それらの負のエネルギーがラグナハウスにアスペクトしている。4室の木星は逆行くし土星、ラーフからにアスペクトを受けて完全に凶星化している。乗り物を表す金星も火星と「宇宙」の象意もつラーフからアスペクトを受けている。
この記事のリンク | インド(イベント) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428709
トラックバック
<< 気になる満月図の配置 | main | ドナルドトランプ〜微妙なダシャーの切り替り〜 >>