Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
浮気不倫の鑑定と研究仮説
鑑定内容で一番多いのは「恋愛結婚」であるが、その中でも多いのが「浮気不倫」相談である。交際中の人との相性を見て欲しいとか、結婚するのでよい日取りを選んで欲しいとかいう前向きの相談はそれほど多くない。「浮気不倫」相談は正直言って気が重い。こういうことで相談にみえるのは圧倒的に女性である。浮気不倫の件数なら男性の方が女性より多い筈だが、男性からの浮気不倫相談は受けたことはない。

浮気不倫鑑定で難しいのは、本人に後ろめたい気持ちがあるせいか、質問してもなかなか本当のことを言ってもらえないことである。旦那に生活能力がない、働かない、暴力をふるう等々を浮気不倫の理由に挙げる人が多い。そういう場合もちろんあるが必ずしも真実ではない。そこをしっかりわきまえてないと判断を間違える。どちらが原因を作っているかは、夫と妻の両方のホロスコープをみれば一目瞭然で分かる。

こうした浮気不倫をする人の特徴はどこにあるのか研究してみたい気がする。研究するといってもある程度の数の母集団がないとできない。しかし浮気不倫相談は非常に多いし有名人の浮気不倫事件は日常茶飯事で報道されるので、鑑定依頼者の秘密を守ることを前提として、研究の母集団にはことかかない。ホロスコープ上の特徴を掴むのも、浮気不倫防止のためである。こうした問題はいわゆる「魔がさす」ということがある。どんな真面目な男でも目の前に裸体の美女がでてきたら心を動かさない男はいない。そういう意味では本格的に研究するにはダシャー、トランジットも併せてみていく必要がある。不幸な出会いの一種であるので、「カルマ」的な要素も多分にある。最近、浮気不倫で話題になった有名人チャートに共通点はあるだろうか。とりあえず最近話題になった4名だけをあげてみよう。

乙武洋匡
    乙武洋匡

宮崎謙介
    宮崎謙介(生時は不明)

ベッキー
     ベッキー

普通、浮気不倫問題で考えられる着眼点は、惑星なら金星、火星、木星、ラーフ、ハウスなら3室(性的好奇心)、5室(恋愛)、7室(パートナー)、8室(不道徳)、12室(秘密の情事)、分割図ではナバムシャ(結婚)、ヴィムシャムシャ(精神性)が考えられる。星座なら牡羊座、蠍座、射手座、分割図ならナバムシャ(結婚)、ビムシャムシャ(精神性)あたりである。これらがいわば浮気不倫のパラメーター(変数)になる。

乙武洋匡は、7室に高揚の金星、減衰の水星があり3惑星が集中している。太陽は12室支配で7室在住である。宮崎謙介は生時不明だが月は使えるので月ラグナでみると8室に金星があり、9室で火星が高揚しラーフが絡む。ベッキーは5室に火星土星の凶星のコンジャンクションがあり、8室に金星がある。

桝添要一
    桝添要一(生時不明)

3回の結婚と愛人に2人の子供がいる桝添要一は牡羊座ラーフとムーラトリコーナの金星が対向アスペクト射手座に火星と木星がある。こうした特徴をサンプル数を増やして分割図、ダシャー、トランジット等総合的にみていったら面白い。ここではあくまで着眼点(仮説)を示したに過ぎない。
 
この記事のリンク | 浮気不倫 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428726
トラックバック
<< 北島三郎〜強烈な個性〜 | main | 桝添都知事不信任案の成否〜天雷无妄〜 >>