Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
桝添都知事不信任案の成否〜天雷无妄〜
桝添都知事の不信任案がいよいよ提出される。民進党、共産党、公明党が賛成票を投じることははっきりしている。自民党だけが態度がいまなお曖昧である。自民党も公私混同の甚だしい桝添氏をもはや見放してはいる。ここで不信任案に反対すれば参院選への悪影響は必至とみている一方、現状では次の都知事候補は誰にするか見通しがたっていない。自民党は苦しい立場に立たされている。しかし、この不信任案が可決されるかどうかは自民党の態度如何にかかっている。今日は「周易」でその点をみてみた。

占的:自民党は都知事不信任案に賛成するか
得卦:天雷无妄初爻

設問1:世論の動きに従うか
設問2:次の都知事選の見通しがたっている
変化:その結果どういう結論になるか。

これをそのままならべてみる。
      過去(設問1) 現在(得卦:設問2) 未来(結果)                        
        沢雷随   天雷无妄      天地否
   裏卦         山風こう         地風しょう                地天泰
 
得卦の変爻より一つ前をひっくり返して得られた過去の卦は「沢雷随」であり自民党としては世論に従わざるを得ない。巷の声は圧倒的に「桝添やめろ」の声が圧倒的である。裏卦の「山風蠱」は政権の腐敗に対処せざるをえないことを意味している。得卦から見る限り自民党はまだ明確な方針が定まっておらず曖昧な対応をする筈である。党議拘束なしの自由投票か自ら不信任案を提出するか別の形をとるだろう。しかし、易経に「正にあらざるものは眚(わざわい)あり」とあるように、桝添をかばうことは正義にかなわないことを自民党が悟れば賛成にせざるをえない。そして得卦の変爻の結果得られた卦は「天地否」である。「否」だから不信任案が否決されるとみるのはマニュアルワーク的というか、易経の文言通りの表面的な解釈である。この場合は、過去現在の状況が否定される、つまり変わると解釈する。桝添に辞任の意思はなく議会のまだ追及も甘い現状から一変した状況に変わるということであり、不信任案は可決されるとみる。そうすれば「泰」、即ちいったん事は収まるのである。 
この記事のリンク | 中国占術(周易) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428727
トラックバック
<< 浮気不倫の鑑定と研究仮説 | main | イギリスはEUを離脱するか? >>