Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
日本オリジナルの占術は不可能なのか

明治時代の日本は外国の先進文化を取り入れようと、盛んに文物の翻訳を行った。それを必死になって吸収した後に始めて近代日本の先進文化、科学技術が育つようになった。経済学者のポールクルーグマンは日本経済を高く評価している人だが、その理由として,

日本は他のアジアの国のように外国から技術資本を導入するだけではなく、自ら内発的に技術を生み出し生産を行う国であることを挙げている。

そういう意味では日本の占術業界はいまだ明治時代のレベルだ。いまでも盛んに占いの翻訳本が出され、それに対しては口うるさい占い愛好者も何も言わない。この本はリリー様の本なるぞ、この本はレンモンドロー様の本にあらせられる、この本は天竺のラオ様の聖典であるぞよ、とばかりに徒然草での兼好法師の表現を借りるならば、日頃口うるさい京雀も何も言わない。まさに水戸黄門の印籠みたいなものである。翻訳本がいけないと言っているのではない。労苦の多い立派な仕事だ。現状の日本の占術業界では、始めの一歩としてそうせざるを得ないだろう。でもそこから脱却したものが欲しいのも事実である。

日本の中国系占い師は、しばしば台湾詣でをしては盛んにネタを仕入れている現状がある。海外の占星術大会や研究会に出席しては、新しい話題を仕込んでくる占星術師も多い。それだけ情報量が豊富ということだろう。実際に、西洋・インドを問わず海外の占星術本を読んだり、通信教育、オンライの講座を受けてみると、日本とは比べ物にならない位の圧倒的な情報量に驚く。もちろん質も高い。語学力の問題が一番大きいが、正直なところ消化不良に陥るし、消化するのに時間がかかる。

占術業界の海外交流というのは端緒に就いたばかりなので無理はない。それにしても日本発の占術原理がでてきてもいいと思う。それともまだ時期尚早ということなのだろうか。そういう意見もある。しかし占いの解釈適用には国や文化に応じた独自性がある。「結婚」一つを考えてみても、中国人の物質主義や権威主義、欧米人の個人主義的価値観やインド人のカーストを前提とした社会規範を日本人にそのまま当てはめることは不適切である。全体的レベルではとても対抗できないが、特定範囲に絞るならば、むしろ日本オリジナルの占術原理がそろそろうみ出されてもおかしくない。それはかなり困難な道かもしれないが、鑑定依頼者(顧客)からそういうニーズがあることは事実だ。

この記事のリンク | 占いの文化人類学 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428739
トラックバック
<< 小池百合子〜都知事選の行方〜 | main | 桜井誠〜熱烈愛国者の今後〜 >>