Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
今後のシリア情勢〜更なる状況の悪化〜

シリア情勢は日本と無縁ではない。風が吹くと桶屋が儲かるではないが、国際情勢は複雑にリンクしている。イギリスのEC離脱決定で世界的な金融や国際情勢の不安定要因となった。なぜイギリスはEU離脱を決定したか。直接の理由は難民問題である。難民問題の主要原因はシリア情勢の不安定にある。ある意味アメリカもロシアも手を焼いている。そういう意味でシリア情勢を見極めることは、国際最情勢を知る上で重要な要素となる。

シリア建国図

 シリアの建国チャート

シリア建国図D9

  ナヴァムシャチャート

シリアダシャー

 ヴィムショッタリダシャー

シリア今木星期にある。2014年6月23日より木星期であるが。2014年の6月29日にISが建国宣言をしている。文字通りダシャーが切り替わってからシリアの国運は大きく変わったのである。ISはイスラム原理主義国家でイスラムの教義の純粋な追及を求めている。ラグナには木星太陽がコンジャンクトしてスーリアグルヨガを形成しているが、太陽と木星のいずれもがひどい凶星化をしている。木星は3、6支配で金星とは敵対関係にあり、減衰土星からアスペクトを受けている。方角を得ているという強さがあるが故に凶星度はかえって強い。太陽は減衰しラーフと減衰逆行土星からのアスペクトを受けて大きく凶星化している。宗教的目的の為には手段を選ばないISの姿勢がまさに反映されている。ナバムシャでも同様に木星に対して減衰月、逆行土星、減衰ラーフがアスペクトしている。ということは彼等は間違った信念のもとで、自らは崇高な宗教的行動をとっていると思い込んでいるのである。しかもブログに図表は載せていないが、他の分割図では木星はいずれも強い。強い批判を受けながらも、アサド政権が倒れない、ISも活動を継続している原因はこうした木星のあり方と関係があると思われる。

これが8月11日より木星/土星期に切り替わる。土星は逆行しかつ減衰している。ケートゥと2,7のダブルマラカ支配の火星から8番目のアスペクトを受けている。勢いは衰えるものの地下に潜ってかえって先鋭化し激しさを増すであろう。シリア情勢は更なる悪化が予想される。ということは、ECへの難民流入の流れは今後ともとどまることがないことになり、世界経済や国際情勢への悪影響が予想される。

この記事のリンク | インド(マンデーン) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428741
トラックバック
<< 桜井誠〜熱烈愛国者の今後〜 | main | ベーカー・マシュー〜男子90kgキロ級金メダリスト〜 >>