Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
台風9、10、12号の集中による豪雨被害

8月23日に台風9号、10号、12号が集中して日本を襲った。台風9号は22日に千葉県に上陸し関東を縦断して海道方面に移動した。それに10号、12号も続いた。珍しいケースである。当然各地で土砂災害や河川の氾濫がおきた。豪雨については直近の月の位相図(8月3日満月図)をみていけばよいが作成すると以下のようになる。最終結果を見るには新月図より満月図の方がよいだろう。

台風の集中

  月の位相図(8月18日満月図)

降雨についてベンジャミン法でみていくと、まず第4室のカスプは双子座で水のサインであり水星支配、支配星の水星は獅子座第7室にある。次に第1室のカスプは水瓶座であり風のサインである。支配星の天王星は2室にある。第1室には海王星がある。回帰天体である月には太陽以外のアスペクトはない。以上を総合すると、降雨の可能性は大きく強い風も伴う。2室に凶星があるので経済的被害を蒙る規模の降雨があると判断できる。

台風旭川経過地

     経過地を旭川に移動

上図は経過地を降雨の激しかった旭川に移動させたものである。4室のカスプは魚座で海王星がある。海王星はICと接触し、第1室の火星、土星とスクエアとなっている。オーブも狭い。典型的な激しい降雨を示している。

この記事のリンク | 西洋(気象/地震) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428744
トラックバック
<< 中国船の尖閣列島への侵入 | main | エリザベス女王とシャスティアムシャ(第60分割図) >>