Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
エリザベステイラーの宿命的な結婚運

エリザベステイラーはその生涯の特徴として、大女優としての成功以外に、7人の相手と8回結婚していること70回以上入院し20回以上手術している事が挙げられる。これはWikipediaその他で記述されている明らかな事実である。このような特徴は、惑星間のオーブを3度以内に絞り込んでもはっきりでるし、ネイタルチャート以外のチャート、例えばハーフサムでもその特徴ははっきり掴める。彼女の結婚のあり方はインド占星術とはまた違ったで方をしている。


エリザベステイラー

    エリザベステイラーのホロスコープ

エリザベステイラー病気軸   エリザベステイラー緊張軸

   病気軸            緊張軸

MCに対して太陽、火星、海王星がアスペクトし、MCへのアスペクト集中が目立つ。しかもすべてソフトアスペクトである。まちがいなく社会的成功をもたらす運をもっている。西洋占星術では恋愛結婚は金星と7室でみるが、7室には金星と天王星があり狭いオーブでコンジャンクションしている。更に、11室木星とトラインであり、交友関係から生じる恋愛結婚のチャンスを確実にものにする運に恵まれている。人道上の活動を続けたことにも関係する。しかし一方で金星、天王星は10室冥王星とスクエアであり、彼女の生涯に宿命的な苦難を同時に与えている。8回の結婚離婚は明らかに運命に翻弄されている証拠である。

エリザベステイラーは生涯に70回以上の入院と20回以上の手術をしていると書かれている健康面をみてみよう。5室の最後の方に太陽と水星があり、殆ど6室支配の影響にあるとみてよい。その健康を示す太陽とメンタルストレスを表す水星が海王星と狭いオーブでオポジションの関係にある。海王星は芸術上の才能として出ている面もあるが、彼女の場合は悪い側面に強くでている。健康障害は明らかであるが、そのほかに睡眠薬とアルコール依存症、宗教への傾斜も海王星の悪い作用である。ハーフサムの病気軸へのASのコンタクトは先天的な健康への悪影響を表し、太陽、水星の緊張軸へのコンタクトは精神的ストレスが強くそれが健康への悪影響を与えている。

この記事のリンク | 西洋(ネイタル) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428756
トラックバック
<< アインシュタインの手相とホロスコープ | main | 山本篤〜パラリンピック陸上入賞者〜 >>