Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
いつのまにか病人にされた

占い師の世界は真に狭い。A占い師の知り合いのB占い師は、C占い師の知り合いでなんてことはざらにある。しかもそれがリアルな付き合いがある場合ならともかく、Eメール、ホームページ,ブログ、SNS等ネットだけの知り合いという場合も多い。ただでさえ想像力豊かな職業集団なのに、ネットだけの付き合いとなるいろいろ思惑、願望、妄想が入り込む。勢い余計な噂、又聞き、デマ、増幅或いは歪曲された情報等が流れ出す。

そんな中で「私が病気である」とか「命さえも危ない時期」とか「最低の運勢の時期」等々トンデモ鑑定をして受講生に喋っている馬鹿な占い師が数名いるらしい。そんなことを風の便りに聞いた。複数の人から同じような事を聞いたので、まあ韓国の慰安婦ばあさんの妄言より信頼性は高いだろう。こんなゲスの噂は無視するのが一番よい。だが、本人が知らない間に重病人に仕立て上げられても困るのであえて声を大にして、ここで否定する。「俺はピンピンしてるぞ。お前等はみんなへぼ占い師だ。何を見ているんだ」と大声で叫びたい。私は確かに最近目の手術をしたが、前から予定していた外来日帰り手術に過ぎない。お蔭様で視力は非常によくなった。定期的に人間ドッグで診断してもらっているが、今現在、入院手術投薬等が必要な病気はない。それ以外に病院のお世話になった事など最近はない。どうしてそういう噂が立つのかまことに不思議である。意図的にそういう噂、デマを流していることはあり得る。

話を聞いてみると、本多さんは「今がサティサティの時だ」、「減衰の月のダシャー期だ」、「火星トランジットがマラカにアスペクトしている」、「サルヴァアシュタカバルガが低い」等々を理由に挙げているらしい。確かにインド占星術的にみるとそんな時期にある。それだけで見るなら確かに健康を害し運気も落ち込むと判断するのは分かる。運勢的に低迷期にあることも認める。だが私の場合、減衰やアリシュタとかいうのはすべてバンガしている。8室には2室にアスペクトバックする土星があり、基本的に長寿の表示である。総合的判断ができないのは占い師として問題だね。どうもご期待にお答えできなくてまことに申し訳けございません。私に好意をもっていないへぼ占星術師は、私が病気になって欲しいと思うものだから、日頃の名鑑定?はどこへやらでトンデモ鑑定団をやらかすのだろう。自分の主観や感情と客観的な事実を鑑定時に区別できないということは、つまり感情のコントロールができないということである。そういう人はいくら知識や技法に通じていても占い師として失格である。占い師はどうも知識偏重の傾向がある。知識はもちろん大事だし勉強すべきだが、占いの知識は今は持っていなくても勉強すればいつか吸収できる。だが性格や人格の深い部分は終生変わらない。人物判断や未来予測で大切なのは実はこの点である。あいつはヘボ占い師と、私は世界に向って叫びたい。(これも感情論であることは承知してあえて言いたい)。「ご期待に副えなくて残念だったな。俺は元気でいるぞ。仕事にも困ってないよ。」

この記事のリンク | 占術評論/占い談義 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
<< 朴槿恵弾劾訴追案の動向 | main | 朴槿恵弾劾訴追可決後はどうなる? >>