Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
イヴァンカトランプ

ドナルドトランプの選挙運動中に、長女のイヴァンカとその娘婿のクシュナーの支援活動が目についた。さっそく彼等の誕生日を調べたのだが、生まれた時間は不明だった。彼等ばかりでなくトランプの周辺の人は正確な誕生時間の不明な人が多い。意図的なのかそれとももともとの出自が移民の成上がりなのでそういうことに無頓着な知らないが、そういう意味でも歴代の大統領とはちょっと異質の大統領である。しかしクシュナー自身はアメリカ生まれだが、ポーランド系ユダヤ人でありその関係でイヴァンカも結婚時にユダヤ教に改宗している。さても異色ずくめで、インド占星術て言えば、ラーフが猛威を振るっている印象である。

 

イヴァンカトランプ

  イヴァンカトランプのホロスコープ(お昼の12時に設定)

イヴァンカトランプ惑星配置

    惑星配置

誕生時間が不詳ということで、生時不明の限界範囲内で、とりあえず西洋占星術で見てみた。全体でみると選挙運動中の印象とは違い意外と地味で堅実な女性と思われる。天体配置はC:F:M=4:2:4、火地風水=3:4:1:2である。大体バランスのとれた配置であるが世間で思うよりはマスコミ嫌いである。というかマスコミへの対応は下手である。殆どの惑星が乙女座から射手座に配置されている。ある意味分かりやすいチャートである。目立つ惑星は火星である火星は乙女座にありアスペクトが集中している。緻密な分析力がある反面いざという時の行動力には欠ける。アスペクトで目立つ点は、火星/太陽のセクスタイル(60度)と火星/月のスクエア(90度)である。これだけで見る限りはなかなか威勢がよいさっぱりした気性の持ち主である。次にアスペクトの多いの金星であるが、金星/水星のアスペクトは基本的に穏やかな性格であり、金星/土星のアスペクトも堅実な生き方を志す人である。もし彼女の生まれた時間が午前11時から午後2時位であるならば、社会的に活躍できるので政治の表舞台に出てくることもあり得る。それ以外の場合は、おそらくまわりから振り回されているだけで、言われてるように政治の表舞台に出てくるようなことはないだろう。これからゆっくり時刻修正をかけていくつもりだ。

この記事のリンク | 西洋(ネイタル) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428772
トラックバック
<< aikoにみる歌手としての職業運 | main | 2017年の惑星配置〜アメリカ全土にみる皆既日食〜 >>