Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
朴槿恵弾劾訴追可決後はどうなる?

予想通り、韓国の朴槿恵弾劾訴追は国会で可決した。これによって朴大統領は職務権限を停止し、憲法裁判所の裁定を180日以内に受けることになった。4時頃と思われる可決時のイベントチャートを作成してみると国政、経済、外交への影響は必至である。

朴槿恵弾劾訴追可決

  朴大統領弾劾訴追可決時

このチャートをみるとケンドラに吉星が一つもない。これではこれからの韓国の混乱は避けられそうもない。10室には現世放棄のケートゥがあり政府は完全に無力化する。一方の野党を表す4室獅子座にはラーフがあり、そのディスポジターは太陽である。ここに土星と火星の2凶星がアスペクトしている。政治にポピュリズムが間違いなく横行し、野党は分裂し政治の混乱は避けられそうもない。9室の火星のみが高揚し政治倫理の対立でお互いに攻撃批判を繰り返すのみである。対外関係の7室には凶星の太陽、土星が在住する。

ここで面白い事が見つかる。太陽は23°40′、土星は24°40′で両者間のオーブは1度をやや越える。殆ど惑星戦争といってよい状態になっている。度数は太陽が小さく、惑星の勢いは土星が9、10支配のヨガカラカなのでどちらが強いとも言い難い。要するに国内はバラバラである。土星的政策を取った方がうまくいくだろう。韓国は現在安保、外交では多くの懸案事項を抱えている。北朝鮮の強硬策、中国からのTHAD配備をめぐる非難、病的ともいえる反日政策、対米関係等々いろいろある。ここで自国のプライドを優先させようとしても決してうまくいかない。ここでは土星のラージャヨガができる事を活かして感情を抑えた抑制策をとることによって収めるしかないないだろう(実は韓国人が最も苦手な事なのだが)9室には土星がアスペクトバックし木星もアスペクトしているので、強硬策を緩和しようとするように働く。

木星の位置から見る限り韓国の保守派の頑張りが必要である。5室に木星があるので冬季オリンピック等の国家イベントは前向きに進むだろう。水星も2室にアスペクトバックするので経済はなんとか持ちそうである。木星と水星で5−8の星座交換はあるものの、水星そのものは8室ですべて凶星に囲まれてラーフもアスペクトしているので経済不振は免れない。太陽、土星ともにジェーシターナクシャトラで支配星は水星である。外交においても経済再生策をとにかく優先させることが韓国の為になると思う。  

この記事のリンク | インド(イベント) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428773
トラックバック
<< いつのまにか病人にされた | main | 医療占星術で思うこと〜古代医学と現代医学〜 >>