Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
医療占星術の上手な活用〜病気の自己診断〜

占星術の中で「金融占星術」と「医療占星術」は結果がはっきり出るという意味で面白いが、また難しい分野でもある。この両方の分野ともかなりの専門知識を持ちないと具体的な判断にまで踏み込めない。またこれらの分野はうまくいけばその効能がはっきり出る分野だけに、鑑定依頼もいわゆる虫のいい相談事が多い。金融占星術でいえば、会社の財務状況や経済のファンダメンタルズも理解しないで相場や個別銘柄の相談を持ちかけてきたりする。医療占星術でいえば、あまりに現代西洋医学の知識に無知であったり、医師の診断を無視したお呪い的な頼り方をしてくる人も時にはいる。そんな時には下手にアドヴァイスをすることはあまりに危険なの鑑定は断ることにしている。まずはしっかりした医師の診断を受けて欲しいを常々言っている。

しかしながら医療占星術に限って言えば、それでも使い方によっては有効で役に立つ分野である。但し、最終判断はあくまでしっかりした病院の診断に委ねるというのが前提である。私の経験では、医療占星術が一番役に立つのは、遺伝的に病気になりやすい部位それが発病する時期、それに対して有効な治療を行う時期、社会復帰の時期等々ではないかと思う。

私事で恐縮であるが、私は自分で自分のホロスコープをみて病気を予測し、初期段階で治療手術をして一命を取りとめた経験がある。

金星/ケートウ期であるが、その時半年ぐらい原因不明の胃もたれ感が続いた。私の月は12室減衰しているのでかねがね胃には気をつけなくてはいけないなとは思っていた。ちょうどその時自分のホロスコープを見たら、月とケートゥはコンジャンクションしていて、ケートゥのディスポジターは火星で、金星からみたらダブルマラカの2、7室支配であった。火星は寿命の8室に8番目のアスペクトをしていた。ヨーギニーはちょうどラーフ期に入ったばかりであった。木星/土星のダブルトランジットは6室にアスペクトをしていた。

それ以上の精密な見方はしていない。ただそれだけの事なのであるが、月の減衰、火星のダブルマラカ、そこにラーフ、ケートゥ、土星の絡む配置をみて、これはいけないなと直感的に思った。

そこですぐに信頼できる病院に行き、胃の精密検査を受けたところ、胃に初期癌、それもスキルス癌ができているとの診断であった。

医師からはこの段階なら大丈夫だからと言われたが、医師から「どうして癌だと思ったのか」と質問された。占星術でみてとも言いにくかったので「なんとなくの直感です」と答えておいた。実際にそうだった。私の12室蠍座高揚のケートゥというのは普段はそんなことはないが、追い詰められたりすると思いもかけない直観力や霊的体験が出てくるようだ。

なにはともあれ早めの手術を受け、それから10年以上たった今日も丈夫でいる。それほど精緻に突っ込んだ見方ではなかったが、それでも現代医学と連携すれば、十分に占星術を役立てることができる。

この記事のリンク | 医療占星術 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428781
トラックバック
<< カークダグラスと結婚の時期 | main | トランプ大統領就任演説時のイベントチャート >>