Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
aikoにみる歌手としての職業運

aikoは19歳の時にコンテストにて、自身で作詞・作曲した曲「アイツをふりむかせる方法」で賞を獲得し、以後シンガーソングライターとして活躍している。彼女の誰もが知っているヒット曲には「カブトムシ」「ボーイフレンド」「花火」「キラキラ」「桜の木の下」等がある。

 

aikoのホロスコープ

  aikoのホロスコープ

彼女のホロスコープをもってきたのは、彼女の歌手として実力ああるとかないとうんぬんを語る為ではない。これはどの職業でもそうであるが「歌手として優れた実力をもつ」ことと「歌手として食える」こととは別の話だということである。もっとも彼女の場合は、高校生の頃からピアノで作曲をしていた経歴もありそれなりの実力もあり、いわゆるぽっとでのヒットは違う。が、歌唱力が優れていることと歌手として食えることとは話は別である。そんな特徴がどこにでるか、それは鑑定依頼で適職、転職の適否を答える時に大事な要素となる。(占い師でもよく当たることと占い師として稼ぐこととは話は別である)

まず歌手そのものの能力をみると、専門的な職業の成功を表す10室に太陽と水星がある。太陽は7支配であり水星は芸術的才能を表す5室支配であり、同じく音楽芸術的精進を表す3室を支配している火星と星座交換している。こんな点がまず成功要因として挙げられる。

aikoのD10

    ダシャムシャ

同じく職業運を示すD10をみても、1室に仕事運の10室を支配する大衆的人気の月がある。2室に金星があり牡牛座にアスペクトバック、太陽は華やかな獅子座の定位置にあり、火星とコンジャンクションして財運を表すダーナヨガを作っている。火星は2室にアスペクトバックし財運を支えている。シンガーソングライターは楽器がひけるが、こうした火星を背景にしたつまり器楽での音楽動員力を持っているのだろう。こうしてみていくと分割図では大衆的人気や強い財運が伴っていることが分かる。

ラーシチャートでも自前で稼ぐ能力を示す2室に木星が定座にある。5室では火星と月がコンジャンクションして少し強引ではあるが、財運を示すチャンドラマンガラヨガがある。彼女は実際に男性からも女性からも好かれる大衆性をもち、ライブでの観客動員力をもっている。つまり自ら営業のできる歌手である。また彼女はコンサート向けの大衆グッズ販売でも稼ぐ力をもっている。

aikoのアシュタカヴァルガ

サムダヤアシュタカバルガ

関心エネルギーを費やす方向をみていくと、ビジネスの2室が28点、音楽的情熱の3室が36点、労働意欲の6室が31点、専門的職業の10室が29点といずれも平均点以上である。これをみても彼女は芸能人であると同時に、本人は意識していないかもしれないが、営業的センスも豊かな人である。

この記事のリンク | インド(職業) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428783
トラックバック
<< トランプ大統領就任演説時のイベントチャート | main | イヴァンカトランプ >>