Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
寿命計算の信頼性と現代医学

インド占星術の専門書をよんでいるとよく「寿命計算」という欄が出てくる。私自身は寿命計算には全然興味がない。人間、死ぬ時は死ぬんだからそんなもの知ったところでしょうがない思っている。しかしインド占星術愛好家の中には「寿命計算」に異常に興味を抱く人は多く鑑定の余興で時々寿命について質問されることがある。だからそういう時は「寿命計算」については知らないと答えている。

それはそれとして、先日、「うちゃのブログ」にParashara's Lightを使用しての寿命判断のしかたが書いてあった。Prashara'sLightのClassic referencesにある1001 Yogasを使用してさっそく自分の寿命計算をしてみた。寿命計算については興味はないが、時々質問されるので勉強はしておこうと思ってそれについて触れている文献をみると、寿命の長さの計算は一つではなくいろいろな計算の仕方があり、かなり複雑な計算をするものもある。その中でいちばんやさしい計算方法として、

 .薀哀覆了拉枩韻8室の支配星

◆.薀哀覆鳩

 ラグナとホーララグナ

の星座の位置を確認することによって寿命計算をするやり方がある。

その計算結果は

Alpayu(32歳まで)

Madhyayu(32歳〜70歳まで)

Poornayu(70歳〜100歳まで)

に分類され、いくつかの異なる計算結果を総合して寿命の長さを判断する。

前述のParashara'sLightを使用したら、

Alpayu 6

Madhyayu 3

Poornayu 4

という数字を得た。これを加重平均してみるとその年齢は、私がもし昔だったら助からなかったであろう病気をして入院手術をした時の年齢とぴったり一致していた。たった一つの事例でそれを普遍化するつもりは更々ないが、昔ならそこで尽きていた寿命が、医学の進歩のおかげでその年齢で大きな健康障害がでるカルマは避けられないとしても、それが直ちに「死」を意味することにはならないということは言えると思う。

私は前に、占星術で健康の判断をする時、古代インドの時代の医学水準と現代医学の水準の違いを考慮に入れるべきという主張を書いたことがある。それが寿命計算でも同じことが当てはまるような気がする。

 

この記事のリンク | 医療占星術 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428790
トラックバック
<< ユリゲラーの手相〜見事な直感線〜 | main | 平山あや〜金星期から月期のダシャーへ〜 >>