Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
米空母カールビンソン、朝鮮半島周辺に向う

米原子力空母カールビンソンがちょうど15日頃朝鮮半島周辺に到着する。北朝鮮の核実験に備えて同盟国を含めて演習を行う予定である。ここには海上自衛隊も後方支援部隊として参加する。一方、外務省が在韓日本人に注意喚起を促している。一般的に言えば、朝鮮半島情勢はかなり危険な状態といえる。

カールビンソン到着

カールビンソンの東シナ海、日本海の展開

原子力空母カールビンソンを中心とした打撃群は15日朝鮮半島周辺に配置の予定である。この時の惑星配置は確かにキナ臭い。太陽は高揚で牡羊座1度でガンダータの状態である。火星もまた牡牛座にイングレスし1度のラーシサンディにある。火星はラーフ、減衰の月、逆行の土星とアスペクトしている。アメリカ国防総省の分析によれば、北朝鮮は金日成の誕生日である4月15日か朝鮮人民軍創建85周年の4月25日のどちらかの可能性が高いとみている。米軍は北朝鮮がICBMをアメリカに発射にない限り攻撃を開始することはないようだ。

20170503惑星配置

 2017年5月3日の惑星配置

アメリカ側は攻撃可能性がもっともありそうな日は韓国大統領選が行われる5月7日から9日頃と分析しているが、アメリカとしては北朝鮮の出方次第ということらしい。上図は5月3日の惑星配置であるが、この時水星は逆行で牡羊座0度11分の位置にいる。ちょっとした情報ミスや誤解、不安で暴発しやすい時である。金正恩が不安や恐怖に駆られて暴発しなければよいが懸念される。確かに5月10日位までは警戒を要する期間になる。日米中韓朝各国は冗談ではなく厳戒態勢をとるべき時である。

 

この記事のリンク | インド(マンデーン) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428797
トラックバック
<< アメリカ、対シリアへのミサイル攻撃 | main | 辻元清美のこれからは? >>