Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
失恋自殺者のホロスコープ

失恋というのは誰にとってもショックなものである。そもそも文学や歌のテーマは、8割くらいは愛の苦悩を扱っている。失恋が如何に人に深い苦悩と苦しみを与えるかのなによりの証拠である。ゲーテの青春小説「若きウェルテルの悩み」はその代表作品だ。そうではあるが、世の中、失恋が原因で自殺する人はそうはいない。その時はショックでも半年、一年と月日がたてばやがて傷も癒え、次の新しい恋人を見つけるべく心を切り替えるのが大多数だろう。だが世の中にはそういうことのできない人も少なからず存在する。たまたま失恋自殺した人の例があるのでそれを紹介したい。

失恋自殺(バーシン)

失恋自殺した人のホロスコープ

特異な行動を取る人のホロスコープの特徴は、同じような傾向が、ラーシでもハウスでも分割図でもダシャーでも何重にも重なってこれでもかというくらい出ることである。まずラグナロードである土星が8室と8室支配の太陽の両方にアスペクトしている。8室支配の火星は火星とコンジャンクトして、暴力的な死を暗示する。火星は又、死を笑わすマラカ7室のケートゥにもアスペクトしている。またこの人はウパチャヤに凶星が存在せず、精神的な脆さをもっている。水星は減衰し月は6室でケマドルマで衝撃に対する心の抵抗力は弱い。金星もまた8室にアスペクトしている。金星は恋愛を示す代表的な惑星である。金星はラーシからみても月から見ても恋愛の5室を支配している。この事例のように、在住星と支配星、アセンダントラグナと月ラグナが重なると、ある傾向が強くでることになる。

この記事のリンク | インド(カルマ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428799
トラックバック
<< 辻元清美のこれからは? | main | 神田沙弥加の結婚報告 >>