Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
月の位相図による天候予測

今月に入ってから、大きな台風はこないものの雨ばかり降っているという印象がある。気温も前半は暑かったが中盤以降涼しくなった感がある。これを月の位相図でみると図星で示している。

20170723新月図

   2017年7月23日の新月図(SG使用)

7月23日の月の位相図を見ると、太陽、月はコンジンクションで(新月図であるから当たり前であるが)、ここに火星が加わりアセンダントとオポジションになっている。湿気を示す金星はオポジションであり急激な変化を示す天王星もスクエアである。1室のカスプは地のサインと風のサインの境界線、7室のカスプは水のサインと火のサインの境界線で微妙であるが、暑さと降雨、時には豪雨を伴う配置と見てよい。

20170822新月図

    2012年8月22日の月の位相図(SG使用)

これが8月22日の配置をみると7月22日の配置とはがらりと変わった配置となる。1室のカスプは火のサイン獅子座であり熱と乾燥を意味する火星と太陽の2惑星が1室に入っている。月は天王星ソフトアスペクト、金星はノーアスペクトの状態なので、今までとは打って変わって少し熱い晴れる日が続くと思う

この記事のリンク | 西洋(気象/地震) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428822
トラックバック
<< 格局の判断〜従格の場合〜 | main | レオナルドデカプリオ(Leonardo DiCaprio) と職業上の成功(artha trineの形成) >>