Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
北朝鮮のミサイル発射と惑星配置にみる危険度( Planetary Position and Missile Test by North Korea )

8月29日午前6時過ぎに頃、北朝鮮のミサイルが襟裳岬の東1180キロに落下した。これで今年で13回目になる。アメリカ日本韓国はこれを問題視し、国連安保理は29日夜に緊急会議を開きこうした挑発行動を即時停止するよう議長声明を全会一致で採択した。全会一致ということは、中国ロシアも賛成したということである。北朝鮮のミサイル実験のたびにアメリカは警告を発しているが、もはやイソップ物語の狼少年のような状態になっており、実際に開戦となると北朝鮮が即壊滅することは分かっていても、甚大な損傷が生じるのでどうにも手が出せない状態にあるというのが実態だろう。それでも今回に関してはそれなりに危険な兆候は占星術的にでている。

20170807皆既日食in America

 2017年8月21日の皆既日食(Full Solar Eclipse in US)

8月21日にアメリカの中西部から東部にかけて皆既日食が見られた。蝕が起こると前後2〜3ケ月の間に天変地異や戦争災害が起こりやすい傾向がある。今回のミサイル実験はそのすぐに起こったので危険な兆候ではある。

20170831マンデーン配置

2017年8月31日の天体配置(ワシントンからみて)(Planetary Position in Washington)

上図は8月31日のアメリカワシントンからみたトランジット配置である。いくつかの危険な兆候がみられる。現在、土星は逆行から順行に転じ、いわゆる「留」の静止状態にある。火星は獅子座にイングレスしている。獅子座の支配星は太陽であり太陽が火星に火をつけようとする位置にある。獅子座はアメリカにとってもトランプにとってもラグナハウスであり、闘争的な気持ちを持ちやすい時期である。更にラーフは8月28日から9月8日の間は逆行の動きをする。(もっともラーフケートゥは本来逆行の動きをしているから普通の惑星とは違う表現となるが)これが順行に戻る時は危険かなという気がする。これらを総合的にみると今回の危険度はかなり高いと思う。

この記事のリンク | インド(マンデーン) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428826
トラックバック
<< 松居一代と船越英一郎の相性〜2-12関係〜 | main | ヒラリークリントンの手相〜Hilary Clinton’s Palm〜 >>