Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
手塚治虫に見るラーフとGKY

時の経つのは早いもので、手塚治虫が盛んに作品を書き人気のあった時代は遠く過ぎ去った。彼の代表作品である「鉄腕アトム」や「火の鳥」「ジャングル大帝」「アドルフに告ぐ」等々テーマ性のある漫画について子供心に何となく感じていたことだが、彼の生涯を調べてみるとやっぱりそうだたのかという思いを深くした。彼はもともとは医学部卒業の昆虫好きということだそうだが、漫画の中にもそういった特徴はでている。「生命」というのが彼のキーワードなのだそうで、「戦争や災害の犠牲者をからかう」「特定の職業を見下す」「民族、国民、そして大衆を馬鹿にする」描写だけはしてはならないということを述べている。ロボットが人間以上の能力と感情をもつ、不死鳥として永遠の命を長らえいろいろな人生模様をみていく。当時はまだ科学技術に対する夢があり、生命に対する夢と挑戦という時代だったのだろう。

手塚治虫D1,D9

さて手塚治虫のラーシチャートを見てみると、9室牡羊座に木星がありそれが5室にアスペクトバックしている。木星はナヴァムシャでは高揚している。高い思想性に裏打ちされた芸術表現をしている。さらに5室には技術の火星と大衆的人気の月がアスペクトしている。火星と月はコンジャンクションして財運を示すチャンドラマンガラヨガであり、さらに好奇心を表す3室には2、11支配でダーナヨガの水星がある。この水星はヴァルゴッタマであり漫画で十分に飯が食えるだけの才能と運を持っている。

手塚治虫D10

手塚治虫というと長時間労働の仕事人間ということで有名なので仕事に関連する部分も見ていきたい。まずラーシチャートの10室には「飽くなき執念」を表すラーフがある。しかも牡牛座の位置は高揚のラーフである。ここに厳しさを表す土星がアスペクトしているので自らを鞭打って働いたことだろう。更にダシャムシャを見てみると、木星高揚、火星定座、月がアスペクトしている。専門意識の強い人だったと思う。月と木星がガージャリケサリヨガであり、ナヴァムシャでも月と木星でガージャケサリヨガを形成している。彼は多くの漫画大賞や文部大臣賞などを受賞しており、その名声は今も続いている。まさに「永続する名声」である。

この記事のリンク | インド゙(惑星) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428843
トラックバック
<< 占いとスピリチュアルは別物 | main | 占星術に見る職業選択について >>