Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
小平奈緒、金メダルを取れるか

今夜9時から、女子500メートルの試合が始まる。小平奈緒選手に金メダルの期待がかかっている。ライバルと目される選手は、韓国の李相花である。直近の試合では小平選手が有利に展開している。小平奈緒の生まれた時間の時刻修正をしたいところであるが、そのような時間的余裕もなく、プラシュナ(ホラリー)で見ていくことにした。

小平奈緒金メダルか

小平奈緒選手は金メダルをとれるか

小平選手を獅子座ラグナとしライバル選手を7室支配星としてみると、ラグナロードは太陽であり7室支配星は土星である太陽と土星は3−11関係にありアスペクトが成り立つ。太陽は水瓶座5度にあり、土星は射手座12度にある。動きの速い太陽は動きの遅い土星より度数が小さい。両惑星の度数の開きは狭いので、良い結果をもたらすプラシュナ独自のヨガであるイタサーラヨガが成立する。故に、これだけで単純に見ていけば、小平選手の勝利となる。その他にも、ケンドラには吉星の水星、金星がありウパチャヤにはケートゥがあるのでこれも勝負強い要因となる。ライバルを示す7室にある太陽、水星、金星の間にはRY,DYがいくつも成立しライバルは非常に手ごわい。4室の蠍座火星も最後まで去就の分からない戦いとなる。7室太陽は1室にアスペクトバックし1室を強化しているので、最終的には相手を上回ると思う。

この記事のリンク | インド(マンデーンプラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428873
トラックバック
<< 惑星のマンデーン配置〜射手座での火星土星コンジャンクション〜 | main | 小平奈緒、金メダルを取れるか(周易編) >>