Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
グレンミラーと航空機事故

グレンミラーと言えば年配の人はご存知と思う。もはやかつての人ではあるが、往年のジャズミュージシャンとしてビッグバンドのリーダーとして活躍した人である。又、陸軍の軍人という意外な顔もある。

グレンミラー

グレンミラーのD1とD9

彼のチャートを見ると、音楽を表す3室にもタレント性を表す5室にも惑星はないが、アスペクトは集中している。環境が許すなら音楽方面で活躍はできる人である。彼は大学を中退して音楽の道に入ったが太陽期、月期は大したことはなかった。太陽からみると水星、土星、金星は地味な配置となる。しかし11室火星期に入る頃に、グレンミラーオーケストラを結成しがぜん人気を博するようになった。そのきっかけはトミー・ドーシー、ベニーグッドマン等の業界の同僚の支持を得たことにある。火星は11室魚座で木星とコンジャンクションしてグルマンガラヨガとなり、火星期にはラージャヨガを形成する。やはりポップ音楽界で誰の力も当てにせず自力で独立独歩歩む道を選んだことが良かったのだろう。D9での月、金星、火星、木星、土星の惑星配置はいずれもよく、一度成功すれば安定した人気を生涯維持できることだろう。

グレンミラー事故死時

航空事故時のトランジットチャート

彼は第二次政界対戦の勃発に伴い、陸軍航空軍に入隊し、慰問軍団を率いて国内外を回って演奏した。愛国心を表す3室はアスペクト集中しているのでこのような戦時ではこうした行動を取ることになる。入隊した1942年は火星/土星期になる。しかし、1942年12月15日にイギリスからフランスへ慰問旅行に飛び立った後、突然と消息を絶ち行方不明になった。

この時のラーシチャートとトランジットチャートを重ねてみてみると、減衰の月とマラカとなっている火星が健康を表す1室にアスペクトし,火星は更にマラカの2室にアスペクトしている。ダシャーで見ると、ヴィムショタリでは1室支配の土星がマラカ、ドゥシュタナと絡みアリシュタヨガとなる。火星は水星支配の双子座と乙女座にアスペクトし、乙女座には宇宙を表すラーフがある。D9では金星に8番目のアスペクトをしている。チャラダシャーでみるとGK火星が金星とアスペクトしていることになる。こうした悪い配置が重なったものと思われる。

この記事のリンク | インド(トランジット) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428885
トラックバック
<< 講座案内:現代西洋予測占星術 | main | 太陽の牡羊座イングレス〜シリアへのミサイル攻撃American missile attack to Syria in the day of Solar Ingress >>