Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
新潟県知事選挙〜原発推進か阻止か〜

新潟県知事選挙が目前に迫っている。今回の知事選は刈羽原発推進派の花角英世氏と反対派の池田千賀子氏の一騎打ちの様相を呈している。新聞やネット等の情報では激しい接戦を演じている模様である。終盤になって力を入れてきた花角氏が若干有利との情報があるがまったく予断を許さない状況にある。マスコミ等では両陣営についていろいろ書かれているが、政治意図丸出しのプロパガンダ情報は信頼性に欠けるのでこれらのノイズ情報はまったく無視した。また私自身の政治信条も極力入れないように、少なくとも意識の上ではそのようにしたい。

新潟県知事選挙

    新潟県知事選挙のプラシュナチャート

得られたプラシュナチャートで見てみる。花角氏側をラグナとし対抗馬の池田氏を7室とみる。ラグナロードの太陽は10室にあり、水星とコンジャンクションしている10室でいくつかのダーナヨガを作っている。水星は金星と10/11室で星座交換している。一方、7室の支配星の土星は逆行して5室にあり中立惑星の金星からアスペクトを受けている。ここではラージャヨガ等はできていない。更にD9をみてみると太陽は吉星で定座にある水星とコンジャンクションしている。土星は獅子座にあり水瓶座にアスペクトバックする。こうみていくと総合点では花角氏陣営の方が明かに有利である。ただ、タジクアスペクトでみていくと、太陽と土星は6/8関係でよい配置にはない。度数でみるとイシュラーフヨガになる。アセンダントは固着サインの獅子座にある。それらを考慮すると、接戦が最後まで続き、最終的に花角氏陣営が辛うじて勝利するという形になるだろう。

※ 午後10時30分頃、花角氏の当確が決まる。投票終了の23時42分の発表では、花角氏54万6670票、池田氏50万9568票という接戦で勝利であった。

※花角氏の勝因は組織票固めと原発論争を避け県全体のインフラ整備等を訴えた所にあると分析されている。

この記事のリンク | インド(マンデーンプラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428903
トラックバック
<< 講座案内:手相・人相講座 | main | 米朝首脳会談は決裂する >>