Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
高橋洋一〜神童と言われた人〜

 世の中、上には上がある、下には下があるというが、経済評論家の高橋洋一氏の自己紹介を見ているとなるほどこの人は「神童」だなと思う。10歳で神童、20歳になれば「ただの人」というが、彼は成人になって天才に値する。彼の「「文系バカ」が日本をダメにする」という著作の冒頭で、彼はこんなことを書いている。

小学校時代に、一年の内で一番楽しい日は、教科書をもらう日だった。学校で教科書をもらうと、うれしくなって読み始める。小学校の教科書は薄いので、すぐに読み終わる。算数は、教科書についている問題は全部やってしまった。理科もその日のうちに読み終わった。一年間にやることは一日目で終わっていた。初日はものすごく楽しいのだが、次の日からは暇で暇でしょうがなかった。

まあ、氏はこんな調子で東大ー大蔵省までとんとんいった人である。羨ましくなるような正に神童なのだが、こんな人のホロスコープはどんなになっているのか、個人的には大変興味がある。

高橋洋一

    神童と言われた高橋洋一氏のホロスコープ(9時〜13時で設定)

彼の誕生時間は不明であるが、幼少時を天才,神童として過ごしさしたる苦労もなかった人生を考えると、ダシャーは木星期であったと推測される。また優れた知性を発揮したということを考えると、強力なガージャケサリヨガができていると考えてよい。そうするとこのガージャケサリヨガは9室にできていると最も品位がいい。従って生時はD9も考慮して午前9時から午後1時位かと推測できる。月と木星がケンドラ関係にあるヨガのことをガージャケサリヨガといい、「永続する名声」「優れた記憶力」をあらわし俗に「学者のヨガ」とも言う。なるほど高橋氏のラーシチャートをみると木星高揚、月定座でヴァルゴッタマとガージャケサリヨガとして最高の品位を示している。水星もムーラトリコーナの位置にあり優れた知性と分析力、土星は高揚で高い専門能力を示す。太陽は定座で社会的地位を占めることを示す。全体としてみると非常にパワフルなチャートで、成功者によく見るパターンの一典型である。職業を示すD10でも太陽と火星は高揚し金星は定座、土星、水星、木星はアスペクトバックしている。単なる学校秀才でなく職業面でも十分すぎるほど活動できることを示す。秀才にありがちな社会性を欠いているところもない。現に彼は大蔵官僚として力量を発揮し今も論客として学会、マスコミで活躍している。興味深いのは学業を示すD24で、これまた強い惑星のオンパレードになっている。太陽高揚、土星ムーラトリコーナ、木星定座、水星と火星は星座交換している。これなら神童と言われるわけだと納得する。D9はそうでもないのだが(ここら辺が彼が優れた知性の持ち主ではあっても国を動かすほどには社会的力を持ちえない何かなのかもしれない)、全体として惑星の強さがめだつ力強いチャートだということ、それは精神活動の活発さを示すもので、それ故にこそ1年分を1日で学ぶ知力を発揮できたのかな思う。

この記事のリンク | インド(分割図) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428905
トラックバック
<< 大阪北部地震のホロスコープ | main | ギャンブルの勝者とPOPの配置 >>